【2019】今年度最終決戦!ホープフルSの予想

アイキャッチ競馬予想

【2019】今年最後のG1ホープフルSの予想です。

注目は前走圧巻の末脚を見せたコントレイルの走りですが、舞台は先週アーモンドアイがまさかの大敗を喫した中山競馬場。

2頭に共通するのは前走東京コースで圧勝しての初中山という点。果たして、コントレイルはここでも前走のような走りを見せることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

ホープフルSの予想

当然ながら、私はコントレイルを本命にすることはありません。どれだけ人気になっても競馬に絶対はないことは、先週のみならずこれまで競馬をしてきた人にとっては周知の事実。

コントレイルの粗探しをすることが、私に課せられた使命です!(?)

そのコントレイルの不安要素ですが、まずはこれまで広いコースの高速馬場しか経験していないこと。アーモンドアイも、キャリア初のタフな馬場で外々を回り大敗しました。

また、ディープ×米国型でスピードが勝っているため、新馬・前走と前半から少し掛かり気味になっていることは、距離延長にはマイナスでしょう。

さらに、前走はムーアが必要以上に走らせてしまったことで、その反動がどこまで出るかです。直線半ばで大勢は決していたのに、ゴール直前まで追い続ける必要はなかったでしょう。

仮にそれで今回力を発揮できなかったとしたら、福永騎手が叩かれるんでしょうね。やっぱり日本人騎手じゃアカン…とか。そんな単純な話じゃないのに。

また、フルゲートにならなかったのは幸いですが、これまでより頭数増えての内枠がどう転ぶか。内でロスなく回ることはできますが、すぐに縦長にならない限り、人気馬だと簡単に外に出せないリスクを伴います。

以上のことから、コントレイルを絶対視することはできませんが、全てを克服して圧勝するようなら、来年のクラシックがあまりにも楽しみになる素材だと言えるでしょう。

中山競馬場は有馬記念こそアエロリットの作るペースで前が崩れましたが、全体的には先行有利な馬場だと思われます。

ホープフルSは何が何でもという馬はおらず、頭数もほどほどでそれほどペースも厳しくはならない可能性があり、先行有利になると見ています。

ということで本命はオーソリティ。

父オルフェーヴル・母父シンボリクリスエス・祖母がシーザリオという良血馬。ゴリゴリのスタミナタイプというよりは切れる脚を使う印象ですが、コントレイルよりは中山適性は高そうで、ここは先着できる可能性は十分です。

枠が少し外なのが気になりますが、G1で燃える鞍上が上手く導いてくれるでしょう。

対抗はワーケア。

コントレイルと同じく広いコースの軽い馬場しか経験していませんが(前走は重馬場でも上がり33秒台が出るとか…)、父ハーツクライで母系は欧州血統なので、力の要る馬場にも対応できそう。

2歳戦でハーツ産駒というイメージが湧きませんが、同じように言うてた朝日杯ではサリオスが圧勝しています。今年はハーツの当たり年かも…

三番手はヴェルトライゼンデ。

父は中山得意のドリームジャーニー、兄弟にはワールドエースやワールドプレミアがいる良血牝系です。ここ2戦は相手関係が楽だったことは否めませんが、切れずバテずで中山は合うでしょう。

人気馬ばかりになりましたが、もう一頭挙げるならブラックホール。

こちらはゴールドシップの生き写しのようなスタミナを活かすタイプですね。新馬ではオーソリティに一瞬で突き放されてから最後は差を詰めたり、前走はゴリゴリのスタミナ勝負で楽勝。

フルゲートで流れが厳しくなりそうなら本命候補でしたが、頭数揃わず緩い流れになると不発に終わりそうな気もします。

◎ オーソリティ
〇 ワーケア
▲ ヴェルトライゼンデ
△ ブラックホール

馬券は◎-〇▲△への馬連で金額に強弱を付けて。

正直馬券を買うほどのレースでもない気がしますが…今年最後のG1ですから当てたいんやッ!

コメント