【2019年】クロフネ産駒の成績

ヘッダーロゴ種牡馬データ

【2019年】クロフネ産駒の成績を掲載します。

これらの回収率は単純に競馬ソフトで集計したものなので、今後の回収率を保証するものではないことをご了承ください。

集計期間は2019年・対象馬は単勝オッズ100倍以内の馬です。

スポンサーリンク

クロフネ産駒の成績

まず、昨年の産駒の全体成績です。

クロフネ産駒の成績

芝・ダートの好走率はほぼ互角、回収率はダートで複勝が標準を多少上回っています。

芝では一撃必殺の穴種牡馬となっていますね。

では、続いて項目別に見ていきます。

枠別(芝)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 1- 2- 1-15/195.30%15.80%21.10%1943
2枠 5- 0- 2-12/1926.30%26.30%36.80%545185
3枠 0- 2- 4-17/230.00%8.70%26.10%051
4枠 1- 3- 1-21/263.80%15.40%19.20%2335
5枠 2- 1- 1-21/258.00%12.00%16.00%14071
6枠 1- 2- 0- 8/119.10%27.30%27.30%2038
7枠 4- 3- 1-17/2516.00%28.00%32.00%15159
8枠 2- 3- 1-20/267.70%19.20%23.10%4751

中枠の成績がイマイチ。

ロスなく運べる内枠か、揉まれない外枠が良い…のか?

枠別(ダート)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 7- 7-11-46/719.90%19.70%35.20%68112
2枠 5-10- 6-41/628.10%24.20%33.90%2385
3枠 6- 5-10-52/738.20%15.10%28.80%87103
4枠 9-10- 3-41/6314.30%30.20%34.90%163107
5枠 5- 5- 5-63/786.40%12.80%19.20%3351
6枠 1- 8- 9-62/801.30%11.30%22.50%5105
7枠 2- 7- 7-60/762.60%11.80%21.10%568
8枠 5- 1- 5-50/618.20%9.80%18.00%2948

ダートは外枠のほうが成績が良いケースが多いですが、クロフネの場合は内枠に好成績が集中しています。

ただ、期間をもっと長く取った場合は外枠の成績も悪くなく、勝率は外目のほうが高い傾向になっています。

2019年だけたまたまなのか、馬場の変化によるものなのか。今後も注目したい傾向ですね。

年齢別

年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2歳 13- 16- 13- 76/11811.00%24.60%35.60%6894
3歳 23- 27- 30-231/3117.40%16.10%25.70%7375
4歳  5-  8-  6- 92/1114.50%11.70%17.10%2357
5歳 13- 14- 14-101/1429.20%19.00%28.90%51101
6歳  2-  4-  3- 35/ 444.50%13.60%20.50%16992
7歳  0-  0-  0-  6/  60.00%0.00%0.00%00
8歳  0-  0-  1-  5/  60.00%0.00%16.70%051

完成の早い米国血統ですが、わりと息の長い活躍をする産駒が多いですね。

クラス別(芝)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  1-  4-  3- 18/ 263.80%19.20%30.80%6568
 未勝利  8-  3-  1- 41/ 5315.10%20.80%22.60%10738
 500万下  5-  3-  5- 40/ 539.40%15.10%24.50%18399
1000万下  0-  1-  0- 13/ 140.00%7.10%7.10%018
1600万下  0-  0-  0-  8/  80.00%0.00%0.00%00
OPEN特別  0-  1-  0-  5/  60.00%16.70%16.70%035
  G3  1-  1-  0-  2/  425.00%50.00%50.00%5565
  G2  1-  2-  1-  0/  425.00%75.00%100.00%677295
  G1  0-  1-  1-  4/  60.00%16.70%33.30%085

G2の鬼!笑

ほとんどは下級条件止まりですが、重賞まで駒を進める馬は相当な能力を持っていると言えそうですね。

クラス別(ダート)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  3-  4-  6- 24/ 378.10%18.90%35.10%68134
 未勝利 17- 19- 23-144/2038.40%17.70%29.10%6385
 500万下 12- 20- 15-127/1746.90%18.40%27.00%4976
1000万下  5-  8- 10- 74/ 975.20%13.40%23.70%19104
1600万下  3-  1-  1- 24/ 2910.30%13.80%17.20%8565
OPEN特別  0-  1-  1- 20/ 220.00%4.50%9.10%022
  G3  0-  0-  0-  2/  20.00%0.00%0.00%00

ダートでは上級条件で走る馬がほとんどいません。

基本的に底力に欠けるのか、上のクラスでは過信しないほうが良さそう。

クロフネの大物は芝馬!(とくに牝馬)

場所別(芝)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  0-  0-  0-  4/  40.00%0.00%0.00%00
  函館  1-  1-  0- 10/ 128.30%16.70%16.70%6633
  福島  2-  1-  1- 12/ 1612.50%18.80%25.00%460138
  新潟  1-  0-  1- 13/ 156.70%6.70%13.30%11335
  東京  1-  7-  2- 17/ 273.70%29.60%37.00%765
  中山  3-  4-  1-  8/ 1618.80%43.80%50.00%260163
  中京  1-  0-  1- 12/ 147.10%7.10%14.30%4462
  京都  2-  0-  3- 17/ 229.10%9.10%22.70%3041
  阪神  1-  2-  2- 20/ 254.00%12.00%20.00%1136
  小倉  4-  1-  0- 18/ 2317.40%21.70%21.70%18753

軽い芝向きの瞬発力があるタイプではないので、広いコースより小回りコースのほうが向いています。

場所別(ダート)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  0-  0-  4- 13/ 170.00%0.00%23.50%068
  函館  2-  2-  4-  9/ 1711.80%23.50%47.10%14187
  福島  1-  3-  1- 28/ 333.00%12.10%15.20%534
  新潟  2-  2-  2- 28/ 345.90%11.80%17.60%3078
  東京  4- 12- 10- 61/ 874.60%18.40%29.90%17121
  中山  7-  5-  5- 51/ 6810.30%17.60%25.00%8166
  中京  5-  5-  8- 35/ 539.40%18.90%34.00%90103
  京都 10- 12- 11- 81/1148.80%19.30%28.90%6496
  阪神  7-  8-  8- 86/1096.40%13.80%21.10%3476
  小倉  2-  4-  3- 23/ 326.30%18.80%28.10%5159

一方、ダートでは直線の長いコースで好成績。

ダートは軽い瞬発力とは違いますからね。

芝・ダートともに平坦よりは坂のあるコースのほうが好成績です。

距離別(芝)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1200m  5-  3-  2- 46/ 568.90%14.30%17.90%9141
1400m  0-  2-  1- 19/ 220.00%9.10%13.60%053
1600m  7-  7-  6- 26/ 4615.20%30.40%43.50%10092
1800m  3-  4-  1- 20/ 2810.70%25.00%28.60%11364
2000m  0-  0-  1-  8/  90.00%0.00%11.10%030
2200m  0-  0-  0-  3/  30.00%0.00%0.00%00
2400m  0-  0-  0-  3/  30.00%0.00%0.00%00
2500m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
2600m  1-  0-  0-  5/  616.70%16.70%16.70%1196275

ほとんどが1800m以下の出走ですが、1400m以下は芳しくないですね。

長距離でも、ローカルの下級条件では各馬バテバテで前が残るダートのような流れになることもあり、そういったときには出番が来る可能性はあります。

距離別(ダート)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  0-  1-  0-  8/  90.00%11.10%11.10%033
1200m  7-  9-  5- 71/ 927.60%17.40%22.80%40104
1300m  0-  0-  0-  2/  20.00%0.00%0.00%00
1400m  6- 15- 12- 74/1075.60%19.60%30.80%39111
1600m  2-  5-  2- 22/ 316.50%22.60%29.00%3189
1700m  5-  8- 12- 56/ 816.20%16.00%30.90%5266
1800m 15- 14- 20-144/1937.80%15.00%25.40%7079
1900m  2-  1-  4- 10/ 1711.80%17.60%41.20%31117
2000m  0-  0-  1-  5/  60.00%0.00%16.70%073
2100m  2-  0-  0- 13/ 1513.30%13.30%13.30%3417
2400m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
2500m  1-  0-  0-  1/  250.00%50.00%50.00%21590

ダートでは1400m以下で高回収率となっています。

とくに短縮ローテの馬は要注意です。

馬場状態別

馬場状態着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
芝・ 良 13- 14-  7-105/1399.40%19.40%24.50%12165
芝・稍重  3-  1-  3- 17/ 2412.50%16.70%29.20%13286
芝・ 重  0-  0-  0-  6/  60.00%0.00%0.00%00
芝・不良  0-  1-  1-  3/  50.00%20.00%40.00%056
ダ・ 良 25- 37- 29-248/3397.40%18.30%26.80%5680
ダ・稍重 10-  8- 14-100/1327.60%13.60%24.20%4784
ダ・ 重  5-  4-  9- 47/ 657.70%13.80%27.70%44109
ダ・不良  0-  4-  4- 20/ 280.00%14.30%28.60%098

芝では重以上のサンプルが少なすぎて何とも。

ダートもサンプルが少ないとはいえ、重以上の複勝回収率は高いですね。

コース別(芝)

芝は出走数が多いコースがあまりないので、注目コースのみ取り上げます。

注目は中山の1600mと1800m、このコースに出走した場合は、チェックしておいて損はなさそうです。

コース別(ダート)

10回以上の出走回数があるコースで、複勝回収率が高い10コースです。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
東京・ダ1400 0- 7- 8-24/390.00%17.90%38.50%0192
京都・ダ1200 3- 3- 2-18/2611.50%23.10%30.80%65189
中京・ダ1900 1- 1- 4- 4/1010.00%20.00%60.00%19187
中京・ダ1200 1- 2- 1- 8/128.30%25.00%33.30%86140
阪神・ダ1800 4- 5- 6-38/537.50%17.00%28.30%34125
京都・ダ1400 3- 5- 3-16/2711.10%29.60%40.70%81116
東京・ダ1600 2- 5- 2-22/316.50%22.60%29.00%3189
函館・ダ1700 2- 2- 4- 9/1711.80%23.50%47.10%14187
新潟・ダ1800 0- 1- 1-15/170.00%5.90%11.80%078
札幌・ダ1700 0- 0- 4-11/150.00%0.00%26.70%078

勝ち切れないけど穴をあけやすい上位コースは注目ですね。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

母父小系統別(芝)

出走回数が5回以上ある母父の小系統です。

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
Pサンデー 3- 1- 3-18/2512.00%16.00%28.00%122107
Tサンデー 4- 3- 4-11/2218.20%31.80%50.00%160103
グレイソヴリン 1- 0- 1- 4/ 616.70%16.70%33.30%428101
ディープ 2- 0- 0-22/248.30%8.30%8.30%33581
ロベルト 0- 3- 1- 7/110.00%27.30%36.40%072
Dサンデー 0- 5- 1-12/180.00%27.80%33.30%068
キングマンボ 1- 0- 0- 4/ 520.00%20.00%20.00%14848
Lサンデー 1- 1- 0- 4/ 616.70%33.30%33.30%2545
サンデーサイレンス 4- 3- 1-24/3212.50%21.90%25.00%6243
ミスプロ 0- 0- 0- 7/ 70.00%0.00%0.00%00
ヘイロー 0- 0- 0- 8/ 80.00%0.00%0.00%00

やはり好走するのはサンデー系が中心ですね。

これだけでも篩にかけることができそうです。

母父小系統別(ダート)

出走回数が10回以上ある母父の小系統です。

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
リファール 1- 3- 2- 4/1010.00%40.00%60.00%18164
Pサンデー 5- 3-11-37/568.90%14.30%33.90%73117
サンデーサイレンス 7-10-10-67/947.40%18.10%28.70%24105
キングマンボ 0- 2- 8-23/330.00%6.10%30.30%0102
ディープ 3- 4- 4-28/397.70%17.90%28.20%11698
ミスプロ 2- 3- 1- 8/1414.30%35.70%42.90%13095
ロベルト 4- 1- 3-25/3312.10%15.20%24.20%7678
フォーティナイナー 3- 3- 1-16/2313.00%26.10%30.40%7078
Lサンデー 3- 1- 0-11/1520.00%26.70%26.70%15758
Dサンデー 3- 4- 3-34/446.80%15.90%22.70%3653
グレイソヴリン 2- 5- 1-33/414.90%17.10%19.50%1549
Tサンデー 2- 6- 7-58/732.70%11.00%20.50%1047
ダンチヒ 0- 1- 0- 9/100.00%10.00%10.00%022
ヘイロー 0- 0- 0-13/130.00%0.00%0.00%00

意外なことに、ダートでもサンデー系が優秀。しかし、T・L・Dサンデー系とはよろしくない。

う~ん…不思議だ。

前走距離別

前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離 31- 33- 37-246/3478.90%18.40%29.10%6883
±200以内 46- 56- 54-409/5658.10%18.10%27.60%5781
±400以内 49- 60- 55-473/6377.70%17.10%25.70%5275
±600以内 50- 61- 57-489/6577.60%16.90%25.60%5175
今回延長 13- 11-  8-132/1647.90%14.60%19.50%5646
今回短縮  7- 17- 12-118/1544.50%15.60%23.40%2587
500m以上延長  2-  0-  0- 12/ 1414.30%14.30%14.30%24557
500m以上短縮  0-  1-  2- 11/ 140.00%7.10%21.40%0102

一目瞭然、延長が苦手で短縮が得意な血統です。

とくにダートの短縮は破壊力抜群。

短縮の効果は距離が短いほうが出やすいので、ダートのマイル以下で狙いたいですね。

まとめ

クロフネ産駒はダートの勝ち星が多いですが、大物が出るのは芝で、牝馬に多い傾向があります。

芝で走るには母父がサンデー系であることが望ましく、ダートでもスピードのあるサンデー系との配合が短距離で活躍しています。

狙い目はダート・マイル以下の距離短縮。ただし、単勝回収率が絶望的に低いことも頭に入れておきたいところです。

ここで紹介したデータは2019年だけのものなので、サンプル数としては足りているとは言い切れません。しかし、直近の傾向が馬券に活きるのもまた事実なので、予想の一押しになるようであれば幸いです。

なお、ここでは単勝100倍以下の馬のみを抽出しているので、他のサイト等で掲載されている回収率よりも全体的に高くなっていることには注意してください。

単勝100倍以上には、まったく勝負にならない馬も含まれたり、1頭の激走で回収率が大きく変わることもあるため、データとして分かりづらくなります。

また、最初にも言いましたが、今後の成績を保証するものではないことをご理解のうえ、参考にしていただければと思います。

コメント