【2019】日経新春杯の予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新春杯の予想です。

フェアリーSは◎が外々を回ったのが響き、僅かに及ばず4着…しかも、思った以上に人気もしていたので購入する妙味はあまりありませんでした。

京都8Rでも◎が3着確保も、まさかの複勝1番人気で配当が全然付かず。前もって購入するのにもメリット・デメリットがありますね。

京都11Rでは人気薄の◎が3着に好走しましたが、危険な人気馬と判断した馬が勝ってしまい複勝が跳ねることもなくでした。

スポンサーリンク

日経新春杯の予想

京都芝は例年ほど内・先行有利が顕著ではないですが、競馬の基本として内・先行有利で考えるのが穴馬券への近道です。

日経新春杯は京都大賞典と同じG2・京都芝2400mですが、京都大賞典は格が重要なレースに対し、こちらは前走条件戦を走っていた馬がよく走ります。

京都大賞典がG1の前哨戦であるのに対し、こちらは時期的にこれから上を狙う馬が出走してくることも影響しているんでしょう。このレースは前走条件戦に出走していた馬を割り引く必要はありません。

血統的に穴をあけているのは「ダート血統」です。

昨年のガンコはダート血統ではありませんが、2走前までしばらくダートばかり走っていた馬。過去にはアドマイヤデウス(父ミスプロ系)・フーラブライド(父Dサンデー系)・カポーティスター(母父エーピーインディ系)・マカニビスティー(母父ブライアンズタイム)などが激走。

今年の出走馬でダート血統を持つ馬は…

・グローリーヴェイズ
・アフリカンゴールド
・シュぺルミエール
・サラス
・ウインテンダネス
・ロードヴァンドール

この中から本命はロードヴァンドールにします。

意外と好走したことがある馬がまた好走するケースもあるレースで、休み明けの前走を叩いて前進する可能性はあるでしょう。

前走はスタートで横の馬にぶつかり、前が塞がって後方からとなりほとんどレースに参加していません。

同型もいますが、昨年のように逃げることができれば本来の力を発揮してくれるのではないでしょうか。前に行ければ外枠も関係ありませんからね。

その他のレース

中山12R

中山芝はやはりキングマンボ系が良いですね。

このレースでキングマンボの血を持っているのはトラストケンシン・ラッシュアタック・キングパール。

狙いは父キングカメハメハのキングパールです。

前走はスローながら差し馬が上位を独占する流れ。400mの延長となりますが、メンバー的に逃げる可能性も考えられ、楽に行けると一発あっても不思議ないでしょう。

京都12R

推定1番人気のセルバンテスカズマを危険な人気馬と判断。狙うのは父・母父ともに米国型の大外サンマルペンダントです。

セルバンテスカズマが3走前に推定3番人気のジュエアトゥーに2馬身差で敗れており、サンマルペンダントの前走はジュエアトゥーと0.1秒差。

脚質的なリスクはありますが、地味な血統・鞍上でなかなか人気しないなら十分狙ってみる価値はあると思います。

ここ2走と同じ外枠というのも良く、恐らく同じような戦法になるでしょうが、流れ一つで勝ち切るところまで有り得ると見ています。

日曜日の危険な人気馬です。

【1/13】危険な人気馬
1/13の危険な人気馬です。 今年に入ってから危険な人気馬が(逆の意味で)絶好調。元々は能力があると思われているだけに走られても仕方な...
スポンサーリンク

フォローする