【2019】NZTとその他レースの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




【2019】NZTとその他レースの予想です。

本日は時間の都合により、危険な人気馬はナシとなります。

スポンサーリンク

NZTの予想

何が起きたか、メイソンジュニア・デルタバローズと2年連続で◎が激走している当レース。

レースの質が読めているのかたまたまか、今年その答えが出るでしょう。

「たまたま」に三千点!

例年、内枠が有利になりやすいレースで、ここ2年も内枠から走りそうな馬をチョイスしたことが好結果に繋がっています。

また、父サンデー系は出走数のわりに勝ち切る馬が少なく、中山マイルらしい結果となっていますね。

そして、強烈な結果を残しているのが「母父リファール系」です。

なんと、過去10年で母父リファール系は5頭出走し、全て好走。人気も7.3.12.12.2番人気と穴も連発しています。

春はリファール…とはよく言うたもんや。ちなみに、馬券は買いませんが阪神牝馬Sも母父リファール系が抜群に走っています。

ということで、母父リファール系を買えば当たるレース。簡単ですね。

今年の出走馬で母父リファール系は…

いねぇッ!( ゚Д゚)

ととと、ということで、今年はリファールの血を持っている馬…に焦点を当てようと思います。

父系・母系にリファールを持つ馬は…

・アフランシール(父母母父)
・ヴィッテルスバッハ(母父母父)
・ジョーヒデキラ(父父母父)
・アンクルテイオウ(母父母父)
・アガラス(父母父)
・ミッキーブラック(父母父)

本命は内枠のアフランシールです。

前走はダノンファンタジーが1頭次元の違う走りを見せましたが、前に行った馬には厳しいレースでした。

スプリント適性の高い血を持つ馬も走りやすいレースで、母父サクラバクシンオーも悪くはないでしょう。

休養明けで馬体が減っていたのは気になりますが、今回はきっちり増やしてきて欲しいものです。

その他のレース

中山9R…シャイントレイル

非根幹距離のヴィクトワールピサ。母父キングマンボ系も中山にはプラスで、昇級初戦から上位争いできてもおかしくありません。

福島12R…トーセンクリーガー

福島1800mは黙って1枠だけ買ってれば儲かるコース。

トーセンクリーガーのここ3戦の負けっぷりは気になるところですが、福島では休養明けを除いて2戦とも好走しています。

状態さえまともなら、500万下で通用する力はあるはずです。

スポンサーリンク



フォローする