【2019】クイーンSとアイビスSDの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2019】クイーンSとアイビスSDの予想です。

土曜の札幌芝を見ると、前・内が有利な馬場状態となっていそうで、外の差し馬には展開が厳しくなりそうな気がします。

クイーンSの予想

推定1番人気はミッキーチャームですが、先行馬が揃ったこと、外目の枠に入ったことで少し信頼度は下がりそう。

それでも昨年の同コースでは強い勝ち方をしていますし、コース適性は高そうです。逃げれば多少厳しい流れでも粘りそうですね。

本命は母父キングマンボ系の3歳馬メイショウショウブ。

母父キングマンボ系は、このレース5度の出走機会で4度馬券になっています。前走の大敗は適性外のレースなので問題なし。

差し脚が活きるコースでは凡走していますが、デイリー杯ではアドマイヤマーズに食らいつき、後の重賞勝ち馬にも先着しています。

内をロスなく進んで展開向けば、ここでも一発あって不思議ではありません。

対抗は昨年の2着馬フロンテアクイーン。

前走はさすがに時計が速すぎたか、多少時計が掛かったほうが良さそうな血統に思えます。

2走前には牝馬限定重賞を制しているように、まだまだ牝馬同士なら威張れる存在。位置取りが懸念されますが、内枠に入ったので週中から考えていたまま対抗とします。

三番手以降の評価が難しく、上位評価は二頭だけとします。

◎ メイショウショウブ
〇 フロンテアクイーン
△ 4.6.11.12.13

馬券は◎ー〇の馬連・ワイド、◎1頭軸の三連複で勝負です。

アイビスSDの予想

直千コースの予想は正直よくわかりません。

重賞であるアイビスSDの傾向としては、とりあえず父サンデー系はほとんど来ない。なので、サンデー系以外を中心に狙います。

本命はレジーナフォルテ。

同コースで6戦して、1桁馬番だったときは凡走し、2桁馬番だったときは好走しています。

今回はぎりぎり2桁馬番に入り、なんとか力は出せる枠なんじゃないでしょうか。

対抗はライオンボス。

前走で下した相手が多く出走し、枠順が逆転したのはシベリアンスパーブとアルマエルナトだけ。

シベリアンスパーブは能力的に、アルマエルナトは血統的に疑問なので、ここで着順が入れ替わる可能性は低いとみます。

ただ、鞍上の乗り替わりは少し不安ですね。

他の相手は全然わからないため、当コースの隠れ巧者ロードカナロア産駒のアンフィトリテ、父サンデー系ながら母系が魅力で外枠のフェルトブルクのみ抑えておきます。

◎ レジーナフォルテ
〇 ライオンボス
△ 5.17

馬券はハイリターンを狙って◎の単勝、◎→〇の馬単、◎ー△の馬連、◎ー〇ー△の三連複で勝負。

フォローする