【2019年】ルーラーシップ産駒の成績

ヘッダーロゴ種牡馬データ

【2019年】ルーラーシップ産駒の成績を掲載します。

これらの回収率は単純に競馬ソフトで集計したものなので、今後の回収率を保証するものではないことをご了承ください。

集計期間は2019年・対象馬は単勝オッズ100倍以内の馬です。

スポンサーリンク

ルーラーシップ産駒の成績

まず、昨年の産駒の全体成績です。

ルーラーシップ産駒の成績

芝の勝ち星が多いですが、勝率ではダートもそれほど差はありません。しかし、芝の単勝回収率は低く、人気薄が頭に来ることは少ないようですね。

では、続いて項目別に見ていきます。

枠別(芝)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠  5- 10- 11- 52/ 786.40%19.20%33.30%2779
2枠  5-  9-  6- 61/ 816.20%17.30%24.70%5576
3枠  6- 10-  8- 57/ 817.40%19.80%29.60%8480
4枠  9-  9- 11- 55/ 8410.70%21.40%34.50%41110
5枠 10-  6- 10- 75/1019.90%15.80%25.70%3865
6枠 13- 11-  6- 55/ 8515.30%28.20%35.30%11099
7枠  7-  9-  8- 57/ 818.60%19.80%29.60%8673
8枠 14-  8- 11- 69/10213.70%21.60%32.40%7279

ルーラーシップ産駒は不器用・揉まれ弱い特徴があるので、内枠での成績があまり良くありません。とくに1枠の単勝回収率の低さは異常です。

多少の距離損はあっても、外でスムーズに走れたときが真価を発揮することは覚えておきたいですね。

枠別(ダート)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 5- 2- 4-32/4311.60%16.30%25.60%9688
2枠 3- 4- 2-36/456.70%15.60%20.00%6058
3枠 3- 3- 3-26/358.60%17.10%25.70%4463
4枠 6- 5- 6-25/4214.30%26.20%40.50%52135
5枠 3- 2- 7-34/466.50%10.90%26.10%8799
6枠 9- 4- 7-35/5516.40%23.60%36.40%241134
7枠 2- 3- 4-39/484.20%10.40%18.80%837
8枠 4- 2- 4-32/429.50%14.30%23.80%5441

ダートでは一転、1枠の勝率・回収率ともに上昇し、外枠の成績が落ちています。

理由は…ちょっと分かりません。

サンプルが少ないがゆえの偏りという可能性もあります。

年齢別

年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2歳 12- 20- 24-124/1806.70%17.80%31.10%3876
3歳 54- 49- 55-328/48611.10%21.20%32.50%6992
4歳 22- 18- 14-157/21110.40%19.00%25.60%7373
5歳 21- 12- 17-139/18911.10%17.50%26.50%11176

ルーラーシップ産駒のイメージはやや晩成型。

スピードよりもスタミナが勝っていることから、2歳戦では適性が合わないレースが多いということもあるかと思います。

クラス別(芝)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  5- 10- 14- 55/ 846.00%17.90%34.50%27114
 未勝利 23- 29- 20-143/21510.70%24.20%33.50%7593
 500万下 17- 22- 22-168/2297.40%17.00%26.60%4665
1000万下  9-  4-  8- 45/ 6613.60%19.70%31.80%5270
1600万下  4-  1-  3- 22/ 3013.30%16.70%26.70%13954
OPEN特別  3-  0-  2-  9/ 1421.40%21.40%35.70%178115
  G3  4-  3-  0- 13/ 2020.00%35.00%35.00%12879
  G2  4-  1-  2- 14/ 2119.00%23.80%33.30%138131
  G1  0-  2-  0- 12/ 140.00%14.30%14.30%022

晩成タイプかと思いきや、意外と新馬から走っていますね。(勝ち切れていませんが)

重賞でも活躍する馬も多く、良血馬だけに格上げ戦でも怯まない強さがあります。

クラス別(ダート)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  1-  1-  1- 13/ 166.30%12.50%18.80%16596
 未勝利 10- 10- 22-105/1476.80%13.60%28.60%3784
 500万下 15-  8- 12- 93/12811.70%18.00%27.30%13798
1000万下  5-  3-  0- 31/ 3912.80%20.50%20.50%7842
1600万下  3-  2-  1-  9/ 1520.00%33.30%40.00%4260
OPEN特別  1-  1-  0-  3/  520.00%40.00%40.00%24284
  G3  0-  0-  1-  5/  60.00%0.00%16.70%066

ダートではG2以上の出走がありませんでした。

本質は芝向きなので、上級クラスでは苦戦している感じですね。

場所別(芝)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  4-  3-  2- 18/ 2714.80%25.90%33.30%8696
  函館  3-  4-  5- 19/ 319.70%22.60%38.70%68130
  福島  6-  5-  4- 33/ 4812.50%22.90%31.30%8188
  新潟  5-  7-  5- 50/ 677.50%17.90%25.40%5180
  東京 13-  9-  7- 62/ 9114.30%24.20%31.90%13481
  中山 11- 11- 12- 46/ 8013.80%27.50%42.50%61107
  中京  4-  6-  3- 54/ 676.00%14.90%19.40%3548
  京都  8-  9- 12- 83/1127.10%15.20%25.90%4957
  阪神  7-  8- 14- 68/ 977.20%15.50%29.90%4578
  小倉  8- 10-  7- 48/ 7311.00%24.70%34.20%46104

目立つのは中京・京都の成績の悪さですね。

逆に、洋芝・東京・中山は成績が良く、小倉も安定感があります。

全体的に関東馬のほうが好成績を収めているようです。

場所別(ダート)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  1-  0-  3- 10/ 147.10%7.10%28.60%12110
  函館  4-  3-  0-  7/ 1428.60%50.00%50.00%17080
  福島  1-  0-  3- 15/ 195.30%5.30%21.10%5153
  新潟  0-  1-  3- 28/ 320.00%3.10%12.50%036
  東京  5-  2-  7- 38/ 529.60%13.50%26.90%15680
  中山  3-  4-  1- 28/ 368.30%19.40%22.20%167130
  中京  4-  4-  4- 28/ 4010.00%20.00%30.00%6871
  京都  8-  2-  5- 42/ 5714.00%17.50%26.30%7891
  阪神  7-  9-  6- 45/ 6710.40%23.90%32.80%6583
  小倉  2-  0-  5- 18/ 258.00%8.00%28.00%5199

回収率が高いのは中山ですが、好走率はそれほどで、穴馬の激走が目立ちます。

サンプルは少なめながら福島・新潟の成績が非常に悪いので、今後も注意しておきたいですね。

距離別(芝)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  1-  1-  0-  4/  616.70%33.30%33.30%70301
1200m  6-  6-  4- 38/ 5411.10%22.20%29.60%7598
1400m  3-  3-  5- 32/ 437.00%14.00%25.60%11698
1500m  1-  1-  0-  2/  425.00%50.00%50.00%21795
1600m 10- 18-  9- 94/1317.60%21.40%28.20%4760
1700m  0-  1-  0-  0/  10.00%100.00%100.00%0580
1800m 12- 15- 27- 97/1517.90%17.90%35.80%5196
2000m 16- 15- 16-136/1838.70%16.90%25.70%4462
2200m 10-  6-  4- 23/ 4323.30%37.20%46.50%108107
2400m  4-  4-  5- 27/ 4010.00%20.00%32.50%12075
2500m  3-  0-  0-  6/  933.30%33.30%33.30%19773
2600m  3-  2-  0- 21/ 2611.50%19.20%19.20%3652
3000m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
3600m  0-  0-  1-  0/  10.00%0.00%100.00%01210

スタミナ血統なので、主戦場は1600mとなりますが、1500m以下の回収率も見過ごせないポイントですね。

ただ、走るのは母系がスピードタイプ…かと思いきや、Tサンデー系が多いところが、予想をする際に私を悩ませてくれます。

スタミナ×スタミナ=スピードになるのでしょうか?!

中距離以上では2000mより1800m・2200mといった非根幹距離の成績が良く、注目しておきましょう。

距離別(ダート)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00
1200m  0-  0-  0- 12/ 120.00%0.00%0.00%00
1300m  1-  0-  0-  1/  250.00%50.00%50.00%2975790
1400m  4-  3-  6- 38/ 517.80%13.70%25.50%4059
1600m  0-  2-  2- 18/ 220.00%9.10%18.20%037
1700m  8-  3- 10- 48/ 6911.60%15.90%30.40%6985
1800m 18- 11- 13-107/14912.10%19.50%28.20%11196
1900m  0-  2-  0-  7/  90.00%22.20%22.20%053
2000m  1-  2-  0-  5/  812.50%37.50%37.50%2077
2100m  3-  0-  5- 14/ 2213.60%13.60%36.40%4467
2400m  0-  2-  1-  7/ 100.00%20.00%30.00%0163
2500m  0-  0-  0-  1/  10.00%0.00%0.00%00

ダートの良績は完全に中距離に偏ってますね。

馬場状態別

馬場状態着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
芝・ 良  52-  59-  57- 381/ 5499.50%20.20%30.60%5981
芝・稍重  11-   8-   6-  62/  8712.60%21.80%28.70%6564
芝・ 重   4-   4-   5-  32/  458.90%17.80%28.90%60123
芝・不良   2-   1-   3-   6/  1216.70%25.00%50.00%282131
ダ・ 良  27-  14-  26- 160/ 22711.90%18.10%29.50%10596
ダ・稍重   5-   6-   8-  63/  826.10%13.40%23.20%4057
ダ・ 重   3-   5-   3-  28/  397.70%20.50%28.20%8780
ダ・不良   0-   0-   0-   8/   80.00%0.00%0.00%00

見ての通り、馬場が悪くなればパフォーマンスを上げるタイプ。

このデータの期間外ですが、ドロドロ馬場の菊花賞を制したキセキが思い浮かびます。

コース別(芝)

15回以上の出走があるコースで、複勝回収率の高い10コースです。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
小倉・芝1200 1- 2- 4-13/205.00%15.00%35.00%24171
中山・芝1800 2- 4- 5- 9/2010.00%30.00%55.00%22149
中山・芝1600 2- 2- 3- 9/1612.50%25.00%43.80%4890
小倉・芝1800 2- 3- 3-12/2010.00%25.00%40.00%7085
東京・芝1600 7- 3- 0-19/2924.10%34.50%34.50%16077
阪神・芝1800外 2- 0- 3-14/1910.50%10.50%26.30%3573
東京・芝2400 2- 2- 2-12/1811.10%22.20%33.30%10871
京都・芝1800外 1- 1- 5-13/205.00%10.00%35.00%11567
東京・芝1800 0- 2- 3-16/210.00%9.50%23.80%065
福島・芝1800 2- 0- 3-10/1513.30%13.30%33.30%5162

出走数の多いコースでは得意と言えるコースが目立ちませんね。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

一応、15回以下の出走数で回収率が高いコースも載せておきましょう。

【他のコースを見る】

コース別(ダート)

5回以上の出走があるコースで、複勝回収率の高い10コースです。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
中山・ダ2400 0- 2- 0- 6/ 80.00%25.00%25.00%0167
中山・ダ1800 3- 2- 1-21/2711.10%18.50%22.20%222124
京都・ダ1800 6- 1- 4-26/3716.20%18.90%29.70%108121
小倉・ダ1700 2- 0- 5-17/248.30%8.30%29.20%53103
札幌・ダ1700 1- 0- 2-10/137.70%7.70%23.10%1396
阪神・ダ1800 6- 5- 3-24/3815.80%28.90%36.80%11195
函館・ダ1700 4- 3- 0- 6/1330.80%53.80%53.80%18386
中京・ダ1800 3- 2- 2-14/2114.30%23.80%33.30%11279
阪神・ダ2000 1- 2- 0- 5/ 812.50%37.50%37.50%2077
中京・ダ1400 1- 0- 2- 7/1010.00%10.00%30.00%3870

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

母父小系統別(芝)

出走回数が5回以上ある母父の小系統で、複勝回収率の高い10系統です。

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ターントゥ  1-  0-  2-  4/  714.30%14.30%42.90%67227
フォーティナイナー  1-  2-  2- 11/ 166.30%18.80%31.30%30173
グレイソヴリン  1-  1-  1-  6/  911.10%22.20%33.30%296132
Dサンデー  2-  7-  9- 34/ 523.80%17.30%34.60%25123
ニジンスキー  2-  1-  3-  7/ 1315.40%23.10%46.20%108117
ヴァイスリージェント  6-  8-  5- 33/ 5211.50%26.90%36.50%7097
Lサンデー  4-  4-  4- 15/ 2714.80%29.60%44.40%6296
Tサンデー 10- 15- 10- 81/1168.60%21.60%30.20%6787
ノーザンダンサー  6-  0-  2- 11/ 1931.60%31.60%42.10%17682
ミスプロ  1-  1-  3- 28/ 333.00%6.10%15.20%4580

サンデーの血を持たない配合で穴馬の激走が多いですね。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

母父小系統別(ダート)

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ニジンスキー 1- 1- 1- 5/ 812.50%25.00%37.50%75266
Dサンデー 4- 1- 1-14/2020.00%25.00%30.00%345150
ロベルト 2- 2- 6-19/296.90%13.80%34.50%115134
Tサンデー 7- 5- 9-40/6111.50%19.70%34.40%66106
レッドゴッド 1- 1- 0- 5/ 714.30%28.60%28.60%301101
サンデーサイレンス 4- 2- 5-21/3212.50%18.80%34.40%3698
ミスプロ 3- 1- 3-10/1717.60%23.50%41.20%10488
Pサンデー 4- 5- 4-32/458.90%20.00%28.90%7981
エーピーインディ 1- 1- 0- 7/ 911.10%22.20%22.20%21467
ディープ 2- 1- 0- 4/ 728.60%42.90%42.90%9460

ダート血統との配合が良いというわけでもなさそう。

スタミナが勝ちすぎて芝のレースでは足りない馬が、ダートの中距離でスタミナを活かすというパターンでしょう。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

前走距離別

前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離 47- 37- 47-272/40311.70%20.80%32.50%7579
±200以内 83- 70- 77-536/76610.80%20.00%30.00%7977
±400以内 97- 81- 88-628/89410.90%19.90%29.80%7876
±600以内 98- 84- 92-654/92810.60%19.60%29.50%7578
今回延長 28- 27- 24-201/28010.00%19.60%28.20%8181
今回短縮 23- 23- 24-193/2638.70%17.50%26.60%6683
500m以上延長  1-  3-  3- 26/ 333.00%12.10%21.20%4105
500m以上短縮  0-  3-  3- 12/ 180.00%16.70%33.30%0253

短縮ローテは悪くないですが、勝ち切れない馬が多いようです。

延長ローテはダートの成績が良く、スピード不足→距離を延ばしてスタミナを活かすケースがハマるのでしょう。延長馬は芝からのダート替わりでも悪くありません。

まとめ

ルーラーシップ産駒は瞬発力はそれほどなく、スタミナを活かす持続力勝負が得意です。

新潟では32秒台の上がりを繰り出すこともありますが、あれは長い直線を走り続ける持続力で出すもの。32秒台だからといって瞬発力があるわけではありません。

その持続力が、ペースの速くなる短距離でも好成績を残す要因でしょう。

根幹距離よりは非根幹距離のほうが得意で、馬券的にはそこを狙い撃ちするのが面白そうです。

ここで紹介したデータは2019年だけのものなので、サンプル数としては足りているとは言い切れません。しかし、直近の傾向が馬券に活きるのもまた事実なので、予想の一押しになるようであれば幸いです。

なお、ここでは単勝100倍以下の馬のみを抽出しているので、他のサイト等で掲載されている回収率よりも全体的に高くなっていることには注意してください。

単勝100倍以上には、まったく勝負にならない馬も含まれたり、1頭の激走で回収率が大きく変わることもあるため、データとして分かりづらくなります。

また、最初にも言いましたが、今後の成績を保証するものではないことをご理解のうえ、参考にしていただければと思います。

コメント