【2019】秋華賞の予想

競馬予想

【2019】秋華賞の予想です。

台風の影響で土曜日は不良馬場でしたが、現在は雨も止んでいるため明日は多少回復しそうな感じですね。土曜日は先行馬でも内を大きく空けて走っていましたが、明日はどうなることやら…

結果は各騎手の馬場読みに大きく左右されそうな気もします。

秋華賞の予想

内が悪けりゃ外枠有利…とは単純にいきません。新潟でも頻繁に見られるように、内が悪いと前を走る先行馬が外目を走ることで、外枠の馬はさらに外を回らされ、結果的に距離ロスが大きくなりすぎてしまうリスクもあります。

内が乾いてくる可能性も考えると、やや内枠有利と考えておくのが無難でしょうか。とりあえず、まともな馬場ではないと踏んで大荒れに期待し、これまでの実績は無視して予想します。(大丈夫か?!)

秋の京都開催でタフな馬場となると、思い出されるのが2017年の馬場ですね。あの時はハービンジャーなどの欧州血統がバンバン走り、内先行有利の常識が覆った開催でした。

ということで、予想は欧州血統を中心に組み立てていきます。

本命は欧州型キングマンボ系・ロードカナロア産駒のブランノワール。ロードカナロアは土曜日の同コースでも複数好走馬を出しました。

秋華賞好走血統のマキャベリアンを持つことで注目していましたが、この馬場でそれを持ち出すのも…という気もします。ただ、母父サドラーズウェルズ系がこの馬場で活きてきそうな予感がするので、予定通り本命に。

対抗は実績馬のなかでも欧州型レッドゴッド系のクロノジェネシス。

父バゴでよくもまぁあれだけの末脚が使えるもんだと思っていましたが、そこは牝系の影響でしょうか。実力は世代トップクラスなのは間違いなく、他の実績馬よりはタフな馬場への適性も(血統的には)相対的に高そうです。

三番手も欧州型キングマンボ系のフェアリーポルカ。

オークスの大敗はよく分かりませんが、あれだけ負けると力を出せてないのは明白なので、逆に問題ない。フローラSは枠の不利もあったし、前走も1.2着馬に比べると少し仕掛けが遅れた分の差で、上位争いする力はあるはず。

多少力が劣っているとしても、馬場適性で埋めてくれると願います。

◎ ブランノワール
〇 クロノジェネシス
▲ フェアリーポルカ
△ 1.8.10.13.113.15.16.17

人気どころがきても万馬券となるので、相手は手広く流しておきます。

お知らせ

Twitterに登録してみました。

平場の予想などをサクッと載せたりする予定なので、興味があればご覧ください。

Twitterへ

コメント