【2019年】ヴィクトワールピサ産駒の成績

ヘッダーロゴ種牡馬データ

【2019年】ヴィクトワールピサ産駒の成績を掲載します。

これらの回収率は単純に競馬ソフトで集計したものなので、今後の回収率を保証するものではないことをご了承ください。

集計期間は2019年・対象馬は単勝オッズ100倍以内の馬です。

スポンサーリンク

ヴィクトワールピサ産駒の成績

まず、昨年の産駒の全体成績です。

ヴィクトワールピサ産駒の成績

芝の単勝回収率が高く、優秀な種牡馬であることが分かります。一方、ダートは好走率・回収率ともに低く、父ネオユニヴァースとは違って芝に特化していると言えそうです。

では、続いて項目別に見ていきます。

枠別(芝)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 6- 5- 4-36/5111.80%21.60%29.40%13092
2枠 8- 3- 4-33/4816.70%22.90%31.30%14773
3枠 8- 5- 7-49/6911.60%18.80%29.00%13192
4枠 6-10- 4-31/5111.80%31.40%39.20%7090
5枠 5- 6- 1-38/5010.00%22.00%24.00%14583
6枠 4- 9- 5-40/586.90%22.40%31.00%5374
7枠 3- 5- 4-43/555.50%14.50%21.80%3967
8枠 5- 4- 6-46/618.20%14.80%24.60%9775

あまりにも分かりやすい内枠巧者っぷり。

ヴィクトワールピサ産駒は内枠で狙い、外枠で消せ!

枠別(ダート)

枠番着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠 0- 1- 3-22/260.00%3.80%15.40%025
2枠 0- 0- 1-23/240.00%0.00%4.20%08
3枠 0- 4- 6-26/360.00%11.10%27.80%099
4枠 6- 4- 2-31/4314.00%23.30%27.90%7287
5枠 4- 3- 1-34/429.50%16.70%19.00%3951
6枠 5- 1- 0-26/3215.60%18.80%18.80%15438
7枠 0- 1- 2-25/280.00%3.60%10.70%017
8枠 1- 4- 3-35/432.30%11.60%18.60%239

ダートが得意ではないので、内枠より砂を被りにくい枠のほうが良いです。

年齢別

年齢着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
2歳 16- 14-  9- 91/13012.30%23.10%30.00%12694
3歳 26- 33- 26-263/3487.50%17.00%24.40%5363
4歳 10- 11-  8- 72/1019.90%20.80%28.70%8369
5歳  7-  6-  8- 62/ 838.40%15.70%25.30%11584
6歳  2-  1-  2- 50/ 553.60%5.50%9.10%3229

世代によって産駒の出来不出来が大きいのか、はたまた2歳戦に強いのか。

全世代の2歳時の成績を調べてみると、2歳戦の成績が良い傾向にはありますが、それでも2歳・5歳(2020年で3歳・6歳)世代の成績が優秀。

つまり、この2世代は能力の高い馬が多い可能性が高く、今年の3歳世代には要注目です。

クラス別(芝)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  4-  7-  3- 34/ 488.30%22.90%29.20%9477
 未勝利 14- 16- 13-102/1459.70%20.70%29.70%12398
 500万下 15- 17-  6- 83/12112.40%26.40%31.40%6262
1000万下  5-  3-  6- 34/ 4810.40%16.70%29.20%16292
1600万下  2-  1-  4- 23/ 306.70%10.00%23.30%127102
OPEN特別  2-  0-  0- 17/ 1910.50%10.50%10.50%5621
  G3  1-  3-  1- 14/ 195.30%21.10%26.30%4489
  G2  2-  0-  2-  2/  633.30%33.30%66.70%225145
  G1  0-  0-  0-  7/  70.00%0.00%0.00%00

重賞でもやれるポテンシャルがあり、サンデー系の中心種牡馬の1頭として今後も活躍しそうです。

クラス別(ダート)

クラス着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  新馬  0-  2-  0- 21/ 230.00%8.70%8.70%030
 未勝利  9-  9- 12-102/1326.80%13.60%22.70%2050
 500万下  6-  6-  3- 63/ 787.70%15.40%19.20%8358
1000万下  1-  0-  3- 29/ 333.00%3.00%12.10%1829
1600万下  0-  1-  0-  7/  80.00%12.50%12.50%0108
OPEN特別  0-  0-  0-  0/  0
  G3  0-  0-  0-  0/  0
  G2  0-  0-  0-  0/  0
  G1  0-  0-  0-  0/  0

ダートは厳しいですね。芝で通用しなかった馬がダートで…という流れだと思いますが、ダート向きでもないという…

場所別(芝)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  2-  3-  0- 12/ 1711.80%29.40%29.40%1644
  函館  2-  2-  0- 16/ 2010.00%20.00%20.00%7438
  福島  2-  0-  0- 25/ 277.40%7.40%7.40%5620
  新潟  4-  4-  6- 33/ 478.50%17.00%29.80%5773
  東京 10-  9-  6- 44/ 6914.50%27.50%36.20%17175
  中山  6-  7-  5- 34/ 5211.50%25.00%34.60%172111
  中京  1-  5-  5- 25/ 362.80%16.70%30.60%1477
  京都  8-  5-  4- 46/ 6312.70%20.60%27.00%14078
  阪神  5-  6-  6- 39/ 568.90%19.60%30.40%89145
  小倉  5-  6-  3- 42/ 568.90%19.60%25.00%6865

中山・阪神と坂のあるコースでの成績が抜群に良いですね。

自身も有馬記念を制しているように、高速馬場よりも力のいる馬場を得意としていたことからも納得です。中京も走って良さそうですけどね。

場所別(ダート)

場所着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
  札幌  1-  3-  1-  6/ 119.10%36.40%45.50%1261
  函館  0-  0-  1-  6/  70.00%0.00%14.30%017
  福島  0-  0-  0- 18/ 180.00%0.00%0.00%00
  新潟  3-  2-  0- 14/ 1915.80%26.30%26.30%7762
  東京  2-  5-  3- 35/ 454.40%15.60%22.20%1163
  中山  6-  1-  5- 24/ 3616.70%19.40%33.30%14685
  中京  0-  0-  1- 20/ 210.00%0.00%4.80%08
  京都  1-  3-  2- 47/ 531.90%7.50%11.30%3134
  阪神  2-  3-  4- 41/ 504.00%10.00%18.00%841
  小倉  1-  1-  1- 11/ 147.10%14.30%21.40%23130

なんと、ダートはさっぱりなのに中山だけは安定感が抜群!

狙うとしたらここしかない…という感じです。

距離別(芝)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m  2-  0-  1-  5/  825.00%25.00%37.50%257151
1200m  4-  3-  3- 42/ 527.70%13.50%19.20%15979
1400m  2-  4-  1- 26/ 336.10%18.20%21.20%6466
1500m  1-  2-  0-  5/  812.50%37.50%37.50%1747
1600m  7-  8-  7- 60/ 828.50%18.30%26.80%5865
1800m 13- 12-  9- 78/11211.60%22.30%30.40%113101
2000m 14- 12-  9- 72/10713.10%24.30%32.70%13079
2200m  1-  2-  3- 13/ 195.30%15.80%31.60%1454
2400m  1-  2-  1- 11/ 156.70%20.00%26.70%3744
2500m  0-  1-  1-  0/  20.00%50.00%100.00%0345
2600m  0-  1-  0-  4/  50.00%20.00%20.00%0110

直千は別として、基本的には中距離がベストと言えるでしょう。

とくに1800mが狙い目であることは、以前からこのブログでも紹介しているように変わりません。

距離別(ダート)

距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
1200m  2-  1-  2- 21/ 267.70%11.50%19.20%3576
1300m  0-  0-  0-  4/  40.00%0.00%0.00%00
1400m  2-  1-  2- 39/ 444.50%6.80%11.40%1117
1600m  0-  1-  2- 16/ 190.00%5.30%15.80%090
1700m  2-  3-  3- 31/ 395.10%12.80%20.50%1263
1800m  9-  7-  8- 84/1088.30%14.80%22.20%6545
1900m  0-  0-  0-  3/  30.00%0.00%0.00%00
2000m  0-  1-  0-  2/  30.00%33.30%33.30%0290
2100m  0-  3-  0-  6/  90.00%33.30%33.30%063
2400m  0-  1-  1-  8/ 100.00%10.00%20.00%036
2500m  1-  0-  0-  2/  333.30%33.30%33.30%30360

出走数のほとんとが1800mですが、好走するのは大半が中山でしたね。

馬場状態別

馬場状態着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
芝・ 良 40- 43- 27-236/34611.60%24.00%31.80%12088
芝・稍重  4-  4-  5- 57/ 705.70%11.40%18.60%3452
芝・ 重  0-  0-  3- 15/ 180.00%0.00%16.70%071
芝・不良  1-  0-  0-  8/  911.10%11.10%11.10%9331
ダ・ 良 14- 13- 11-132/1708.20%15.90%22.40%5266
ダ・稍重  0-  1-  4- 57/ 620.00%1.60%8.10%013
ダ・ 重  2-  4-  0- 20/ 267.70%23.10%23.10%3343
ダ・不良  0-  0-  3- 13/ 160.00%0.00%18.80%035

重馬場を苦にするとは思えない血統ですが、昨年は3番人気以内が7頭すべて凡走しています。サンプルが少ないので参考程度に。

コース別(芝)

10回以上の出走があるコースで、複勝回収率の高い10コースです。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
阪神・芝1800外 1- 2- 3-10/166.30%18.80%37.50%10226
東京・芝2000 4- 2- 0- 7/1330.80%46.20%46.20%442127
京都・芝1800外 3- 0- 2- 9/1421.40%21.40%35.70%329127
中山・芝1800 1- 3- 2-11/175.90%23.50%35.30%20100
阪神・芝2000 2- 1- 2-10/1513.30%20.00%33.30%11696
中山・芝2000 2- 2- 2- 8/1414.30%28.60%42.90%11295
阪神・芝1600外 1- 1- 0-12/147.10%14.30%14.30%8491
東京・芝1800 2- 2- 1-11/1612.50%25.00%31.30%23581
小倉・芝2000 2- 2- 0-10/1414.30%28.60%28.60%11780
京都・芝2000 2- 2- 0- 6/1020.00%40.00%40.00%23977

やはり中心は中距離。上位コースに出走してきたらチェックしておきましょう。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

コース別(ダート)

10回以上の出走があるコースで、複勝回収率の高いコース順に掲載します。

コース着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
東京・ダ1600 0- 1- 2-16/190.00%5.30%15.80%090
中山・ダ1800 5- 1- 3-14/2321.70%26.10%39.10%19078
札幌・ダ1700 1- 3- 1- 6/119.10%36.40%45.50%1261
京都・ダ1800 1- 3- 1-27/323.10%12.50%15.60%5246
東京・ダ1400 2- 1- 1- 9/1315.40%23.10%30.80%3943
阪神・ダ1800 2- 2- 3-23/306.70%13.30%23.30%1333
新潟・ダ1800 1- 1- 0-10/128.30%16.70%16.70%4532
阪神・ダ1400 0- 0- 1-11/120.00%0.00%8.30%018
中京・ダ1800 0- 0- 1-10/110.00%0.00%9.10%015
福島・ダ1700 0- 0- 0-12/120.00%0.00%0.00%00
京都・ダ1400 0- 0- 0-14/140.00%0.00%0.00%00

母父小系統別(芝)

10回以上の出走がある母父の小系統で、複勝回収率の高い10系統です。

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
キングマンボ 3- 3- 3-11/2015.00%30.00%45.00%112168
リファール 2- 1- 3-11/1711.80%17.60%35.30%281165
ヘイロー 2- 3- 0-16/219.50%23.80%23.80%71109
ストームバード 2- 3- 3-16/248.30%20.80%33.30%1998
ミスプロ 9-10- 3-39/6114.80%31.10%36.10%12792
ノーザンテースト 2- 1- 1- 7/1118.20%27.30%36.40%11776
ダンチヒ 3- 4- 2-27/368.30%19.40%25.00%9467
ヌレイエフ 2- 1- 1- 7/1118.20%27.30%36.40%5260
ヴァイスリージェント 5- 5- 5-40/559.10%18.20%27.30%7259
ノーザンダンサー 2- 2- 1-11/1612.50%25.00%31.30%4459

全体的にはスタミナ型よりスピード型の母系のほうが、相性が良い感じですね。

11位以降は下記をタップしてご覧ください。

【11位以降を見る】

母父小系統別(ダート)

10回以上の出走がある母父の小系統で、複勝回収率の高い順に掲載します。

母父馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ヘイロー 0- 0- 4-13/170.00%0.00%23.50%0105
ボールドルーラー 0- 5- 4- 4/130.00%38.50%69.20%098
グレイソヴリン 2- 1- 2-11/1612.50%18.80%31.30%16275
ヴァイスリージェント 4- 3- 3-33/439.30%16.30%23.30%6364
ロベルト 1- 1- 0- 8/1010.00%20.00%20.00%1155
ニジンスキー 1- 1- 0- 9/119.10%18.20%18.20%3153
ストームバード 3- 1- 0-11/1520.00%26.70%26.70%13248
リファール 1- 1- 1-10/137.70%15.40%23.10%2548
ミスプロ 1- 1- 1-37/402.50%5.00%7.50%328
サドラーズウェルズ 1- 0- 1-16/185.60%5.60%11.10%1619
ヌレイエフ 0- 0- 0-18/180.00%0.00%0.00%00
ダンチヒ 0- 0- 0-12/120.00%0.00%0.00%00

前走距離別

ダートを除いた芝のみの成績を掲載します。

前走距離着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離 17- 15- 13-120/16510.30%19.40%27.30%10072
±200以内 34- 33- 23-232/32210.60%20.80%28.00%8974
±400以内 38- 38- 29-265/37010.30%20.50%28.40%9779
±600以内 39- 39- 31-276/38510.10%20.30%28.30%9579
今回延長 10- 13- 10- 90/1238.10%18.70%26.80%6577
今回短縮 12- 12-  9- 69/10211.80%23.50%32.40%12097
500m以上延長  0-  2-  1-  8/ 110.00%18.20%27.30%0112
500m以上短縮  1-  0-  2-  6/  911.10%11.10%33.30%9772

ヴィクトワールピサ産駒は短縮が得意で、延長は苦手という傾向があります。

短縮馬や、延長で凡走した馬の次走は注目です。

まとめ

ヴィクトワールピサ産駒は内枠巧者で坂のあるコースに強く、主戦場は芝の中距離。とくに短縮ローテが得意で、今年の3歳世代は能力の高い馬が多い可能性もあります。

ダートでは中山1800mのみ好成績ですが、わざわざピンポイントで狙うほど適性があるとは思えません。ヒモに一考する程度で良いんじゃないでしょうか。

ここで紹介したデータは2019年だけのものなので、サンプル数としては足りているとは言い切れません。しかし、直近の傾向が馬券に活きるのもまた事実なので、予想の一押しになるようであれば幸いです。

なお、ここでは単勝100倍以下の馬のみを抽出しているので、他のサイト等で掲載されている回収率よりも全体的に高くなっていることには注意してください。

単勝100倍以上には、まったく勝負にならない馬も含まれたり、1頭の激走で回収率が大きく変わることもあるため、データとして分かりづらくなります。

また、最初にも言いましたが、今後の成績を保証するものではないことをご理解のうえ、参考にしていただければと思います。

コメント