【2020】AJCCと東海Sの回顧

アイキャッチ競馬予想

【2020】AJCCと東海Sの回顧です。

東ではG1馬が貫録を見せつけ、西では新星がG1馬を破り、次が楽しみになるレースでした。

スポンサーリンク

AJCCの回顧

レースはマイネルフロストの故障により、ブラストワンピース・ミッキースワロー・ラストドラフトが大きく外に振られ、サトノクロニクルも若干影響を受けていました。

勝ったブラストワンピースはそこからコーナーで外に膨れず、内目へ切り込むことで前を捕らえることができました。ルメール騎乗のステイフーリッシュが最内を選んだことを意識したのか、ここで瞬時に馬場の良い外より内目を通った判断はさすがでしたね。

終わってみればここでは役者が違ったということで、今年のG1戦線を盛り上げる1頭となりそうです。適性としては大阪杯よりも宝塚記念、天皇賞・JCよりも有馬記念が良さそうですね。

2着のステイフーリッシュは1頭だけ決して馬場良いとはいえない内を通りましたが、有力馬が故障の影響を受けて外に振られたことで残せました。今回恵まれたことはありますが、恵まれる立ち回りができる強みがあるので、引き続き小回りで上がりのかかる馬場なら警戒が必要ですね。

3着のラストドラフトは最も不利を受けたものの、最後はミッキースワローを競り落とします。スムーズなら2着もあったと思われ、私の思ってた以上に力があったようです。ただ、馬場的には向いていたはずなので、軽い馬場では評価は下げておきたいですね。

4着のミッキースワローも大きな不利を受けましたが、最後にラストドラフトに差されたのは少し残念。セントライト記念・昨年のAJCC・オールカマーで好走したときは、33秒台の上がりが2回、34秒台の上がりが1回と今回より馬場が軽かったので、今の馬場適性差でラストドラフトに劣ったという感じでしょうか。

5着のサトノクロニクルは復帰戦としては上々かと思いますが、これといって評価できる点はなかったかな…という印象。叩いてどこまで上昇できるかですが、まだしばらくは静観しておくのが無難でしょう。

6着のニシノデイジーは出遅れたとはいえ、ちょっと物足りない内容。パワーを要する今の馬場は合うはずなので、そこで走れなかったのなら今後も狙いところが難しいです。

7・8着のウラヌスチャーム・スティッフェリオは馬場が合わなかった…とのこと。スティッフェリオは確かに重賞で好走したのは時計が出る馬場だったので、今後も覚えておきたい情報です。

東海Sの回顧

レースはインティが控えたことで、みやこSのような殺人(殺馬?)ラップにならず前有利な展開になりました。

勝ったのはアメリカの名血エーピーインディ系のエアアルマス。流れは向いたとはいえ、横綱相撲で快勝です。砂を被ると脆い弱点はありますが、持っている能力はG1級であることを証明したレースでしたね。フェブラリーSは短縮ローテになるので、内目の枠で前に行けなかったら危うい。外目なら有力でしょう。

2着のヴェンジェンスはいつもより好位から進め、上がり最速でインティを捕らえたのは立派。7歳にして充実期を迎えており、フェブラリーSも上位争い可能です。

3着のインティは控える形になりましたが、折り合いも付いてスムーズなレース運び。ただ、斤量差があったとはいえ昨年のような勢いはなく、血統的にも再上昇にはあまり期待はできそうにありません。フェブラリーSは短縮でどこまで変われるか…にかかってくるでしょう。

4・5着のアングライフェン・キングズガードは展開向かず。流れが向いたときはまだまだ重賞で見せ場は作れそうです。人気がないときは抑えておくが良いでしょうね。

6着以下は基本的に重賞だと一歩足りない印象ですが、モズアトラクションはまだ見限れないですね。相変わらず内枠ばかり引く馬ですが、差し競馬になったときは一発かます力はあります。ただ、今回伸びがイマイチだったのは気になりますが。

今週は根岸SとシルクロードSです。

なぜかシルクロードSの登録馬の中にヴェロックスの名がありますが、出走してきたらちょっと面白いですね。

コメント