【2020】フェブラリーS・小倉大賞典の予想

アイキャッチ競馬予想

【2020】フェブラリーS・小倉大賞典の予想です。

スポンサーリンク

フェブラリーSの予想

クリソベリル・ゴールドドリーム・ルヴァンスレーヴといった強豪がいないのは残念ですが、昨年の覇者インティvs新星モズアスコットの対決は楽しみです。

ともに馬券外に沈むのは考えづらいものの、馬券的に2頭とも来たらどうしようもないので、どちらかが消えるシーンを期待します。

本命はこのレース最強の相性を誇るゴールドアリュール産駒のサンライズノヴァ。

2走前に初G1制覇を遂げたように衰えはない。東京実績は言うまでもなく、前走は負けて強しの内容で、中央のG1でもキャリア最高の結果を出せるチャンスです。

対抗はモズアスコット。

前走はスタートこそ遅れたものの、そこからスッとリカバリーできたところを見ると、ダート適性は本物でしょう。

枠も良いところに入り、とくに嫌う必要はありません。

三番手はインティ。

一時期の勢いはなくなったものの、マイペースで行ければまだまだ見限れない。鞍上がレースをコントロールすれば、モズアスコットの末脚を封じることもできるかもしれません。

◎ サンライズノヴァ
○ モズアスコット
▲ インティ
△ 4.6.7.8.10.11.13.14

馬券は◎ー○▲ー△の三連複。

モズアスコットを上位に取っているので、◎ー○ー△を重ねます。

小倉大賞典の予想

土曜日の小倉…何すかあの各騎手のコース取りは?!

どんだけ外回すねん!ってところからでも最後はしっかり前に詰め寄ってくるとか、雨は上がってもこれまで蓄積されたダメージは回復しないでしょう。

もはや枠順は関係なく、各騎手が流れに合わせてどの進路を取るかで勝負が決まりそうな気がします。

ヴェロックスが自力で抜けているのは明白ですが、力を発揮できるかどうか分からない馬場で圧倒的人気を信用してはいけないでしょう。

従来の傾向は参考にならないと見て、直近の傾向から欧州型を中心に狙います。

本命はタニノフランケル。

フランケル産駒は一度崩れると立ち直るのが難しいと言われますが、何やら直前の動きはここ2走とはまるで違うとのこと。

今開催は母父ロベルト系の好走も多く、おそらく今年はスローで流れると思われるので、復活するならここしかない!メンバー的にもここは逃げれる可能性高く、久しぶりに逃げれば面白い存在になれるはずです。

ここは相手を絞るのが難しいですが、基本的には前有利になると考えているので、近走展開に恵まれないアロハリリーの巻き返しに期待しつつ、差しの穴としてハービンジャー産駒のナイトオブナイツを抜擢します。あとは無難にテリトーリアルを加えて三連複の二列目に3頭置きます。

◎ タニノフランケル
○ アロハリリー
▲ テリトーリアル
☆ ナイトオブナイツ
△ 2.4.6.8.12.13

馬券は◎ー○▲☆ー印の三連複。

ヴェロックスが飛んで大波乱の目も十分有り得るので、そろそろ私にもドデカいホームランお願いします!

コメント