【2020】阪急杯と中山記念の回顧

アイキャッチ競馬予想

【2020】阪急杯と中山記念の回顧です。

先週は土曜日に唯一買ったレースで◎が7番人気で1着、▲が4番人気で3着も、2着に最低人気が突っ込んで的中はワイドのみ(*´Д`)

2着馬はよくよく吟味すれば買える馬でしたが、わざわざ好走率の低い2桁人気馬がこんなときに来なくても…

気を取り直して臨んだ日曜は3レース全敗。前残りになりやすいコースを狙って全部差し決着になり、ある意味仕方ないと割り切れる内容でした。

スポンサーリンク

阪急杯の回顧

やや前傾ラップで上位には差してきた馬が多く、前にいた馬には厳しい流れだったでしょう。

その流れをまさかの先行策で押し切りかけたダイアトニックはさすが。斜行で迷惑をかけはしましたが、レース振りにも幅が出て今後はG1で期待できそうです。

ベストアクターは全てが向いた感じはありますが、フロックではないでしょう。祖母が名牝ダイナアクトレスで距離が延びても大丈夫そうな気はします。ただ、まだ人気で信用できるほどではないかな。

フィアーノロマーノは不利があったものの、まぁ順当に好走しました。G1ではワンパンチ足りない印象ですが、G2・G3レベルなら。

スマートオーディンはこの季節が得意なのか、あわやの場面を作りましたが…買いづらいですよね。

ステルヴィオはスタートイマイチで、直線伸びきれなかったのは久々の分でしょう。今後は1200mに挑戦する話もありますが、行き脚が付かないと勝ち切れない可能性が高そうです。

期待したクリノガウディーは流れが厳しかったのはありますが、それを跳ねのけるほどの力はなかったということでしょう。展開向けば重賞でも通用するところは見せているので、改めて流れが向きそうなときには注意しておきたい。

レインボーフラッグは阪神Cと同様、直線で進路がなくどん詰まり。スムーズなら3着争いできそうな脚色ですし、いずれ重賞で一発かましそうです。

マイスタイルは…何なん?

有利だった馬…ベストアクター

不利だった馬…ダイアトニック・クリノガウディー・レインボーフラッグ

中山記念の回顧

ダノンキングリーの強さが際立ったレースですが、各馬仕上がり途上でレースとしてはイマイチな感じがしました。

インディチャンプ・ウインブライトは休み明け走らないのはいつものことで、ラッキーライラックも4角での手応えが悪いわりに最後は良く伸びた…というより他が走っていないだけか。

ダノンキングリーが強いのは分かっていることですが、多頭数になったときに同じようなレースができるかが課題でしょう。

コメント