【2020】阪急杯とその他レースの予想

アイキャッチ競馬予想

【2020】阪急杯とその他レースの予想です。

最近は重賞でも少頭数のレースが多く、中山記念もメンバーは揃っていますが面白味はないですよね。

阪急杯はフルゲートで開幕週と来れば、一波乱あるとしか思えないので楽しみです。

スポンサーリンク

阪急杯の予想

土曜のレースを見ると、芝はやや前が有利な印象。

阪急杯はそれほどペースが上がりそうにないので、内枠先行有利と見て予想します。

本命はクリノガウディ。

前走は外枠ながら上手く内に入れ好走しましたが、正直もっと負けていて欲しかった…血統的に東京マイルよりこちらのほうが良いはずなので、初の1400mで大幅なパフォーマンス上昇に期待。

対抗はマイスタイル。

前走は中途半端な位置取りで走る気がなくなったのか、実績から考えると実力以上に負けているのは明らか。好スタートを切れば内から一気に先手を主張する可能性も高く、巻き返せる可能性は十分あるでしょう。

三番手はジョイフル。

前走は展開が向いたとはいえ、平坦の京都より坂のある阪神を得意とするタイプ。血統的に最内がどうかですが、上手く捌ければ前走以上のパフォーマンスに期待できます。

◎ クリノガウディー
○ マイスタイル
▲ ジョイフル
△ 2.6.11.12.17

人気のダイアトニックは開幕週の馬場で後ろか届くかどうか。内枠の追い込み馬は人気だとリスクが高いので、今回は静観します。

ステルヴィオも後方からになる可能性高く、実績では断トツでもちょっと怪しいですね。◎○が比較的人気どころなので、相手は基本的に人気薄を拾いたいです。

馬券は◎ー○▲の馬連・ワイド、◎ー〇▲ー印の三連複で勝負。明日は全レースでこの買い方にします。

中山10R

推定1・3番人気のクインズラミントンとテルモードーサが少し怪しいレース。

本命はヒイナズキ。

前走は延長+内枠+揉まれる形でまったく走っておらず、今回揉まれずに先行できれば巻き返せる可能性は十分。2走前に下した相手が次走でクインズラミントンとハナ差ですから、それでこちらは推定10番人気は明らかに不当な評価でしょう。

対抗はロンドンテソーロ。

内のマラードザレコードが先手を主張してくるかどうかですが、近2走続けてスタートがイマイチなので、こちらが先手を奪える可能性が高いと思います。スタートさえ決めれば上位争い。

三番手はイッツクール。

前走が久々のダートで、1着馬から1.1秒差の6着と字面は良くありませんが、このレースは1・2着馬と3着馬に5馬身の差があり、上位2頭は明らかに格上でした。

3着馬とは0.2秒差で、その3着馬は次走でも2着と好走。そこからの比較でこの馬もダートなら現級で通用してもおかしくないでしょう。前走は不利な内枠で、今回は外枠に変わるのもプラスです。

先行馬なら本命にしてたかも…

◎ ヒイナズキ
○ ロンドンテソーロ
▲ イッツクール
△ 1.6.12.14.16

中京11R

推定上位人気の信用度が低く、とくに1・2番人気のスターリーステージ・ディーパワンサが危険な人気馬に思えます。とはいえ、どの馬にもチャンスがある超混戦で難解ですが…

本命は半年ぶりのレースとなるメイショウカリン。

どの馬も決定的な買い材料に欠ける中、好枠・好位に付けられる脚質・現級実績あり・それでいて休み明けの分人気がない。

休養前の凡走と休養の理由がわからないのがネックですが、この実力で推定11番人気ならイチかバチかに賭けるのはアリでしょう。

対抗はタイキサターン。

大外枠が不利なコースで、マイナス材料はそこだけですね。位置取りが後ろになると苦しいですが、ある程度の位置に付ければチャンスはあるはずです。

三番手はタマモメイトウ。

前走は外が伸びやすい馬場で、最内から進路取りにも手間取り脚を余した印象。展開向けばこのクラスでも通用すると思うので、差しも届く中京なら前走より好結果に期待できるでしょう。

◎ メイショウカリン
○ タイキサターン
▲ タマモメイトウ
△ 1.3.5.7.12

コメント