【2020】岩清水Sの予想

アイキャッチ競馬予想

【2020】岩清水Sの予想です。

名古屋への短期放牧から帰厩しました。

もともと旅先ではよく歩き回るのですが、今回はグーグルマップに頼らずに目的地に行ってみようという企画のもと、無事に迷子になりました。

おかげで1日1万歩を余裕で超えて、どうやら屈腱炎(筋肉痛)を発症した模様です…

さぁ、今週も頑張ろう。

スポンサーリンク

岩清水Sの予想

先週の京都は逃げ馬の成績が非常に良く、狙いは基本の前残りが良さそう。

推定上位人気3頭(10.3.1)はいずれもテンが速くないタイプで、展開次第では上位総崩れという可能性も考えられます。

アクアミラビリスの末脚は強烈ですが、オークスから短縮・短縮と来て今回は同距離。疲労・反動の可能性を考慮すると、力は確かでも過信したくありません。

鞍上がルメールなので、すんなり好位に付けて楽勝…というパターンが怖いです。

良血のドナウデルタはここで格負けすることはないでしょうが、前走は1400mにしてはドスローの緩いレース。

ただ、そのときの2.3着馬が次走で勝っていることから、それなりのレベルであることは間違いなさそうですね。しかし、多頭数の内枠がプラスかどうかは微妙なところで、力を発揮できない可能性も有り得えます。

鞍上が川田なので、すんなり好位に付けて楽勝…というパターンが怖いです。

ユニコーンライオンは近走先行しているとはいえ、テンの3Fも1000m通過も超が付くスローペースなので、ここで先行できるか怪しい。

前走のレベルも微妙で、このクラスで通用するかはまだ半信半疑です。ただ、血統的には距離・短縮ローテはプラスのはずで、消すに消せない厄介な存在です。

上位人気が走ってもおかしくはないけど、いずれも死角アリということで、先行できて力もあり、恵まれそうな馬を探すと…

本命はメイショウボーラー産駒のアンリミット。

まず、メイショウボーラーは母父サンデー系で1400mの成績が抜群に良い。逆に、サンデー系以外だと全く走らないくらいです。

非根幹距離(1400m・1800m)の注目種牡馬
競馬では400mで割れる距離は「根幹距離」、割れないコースは「非根幹距離」と呼ばれます。非根幹距離で行われるレースは、主流コースで力を発揮する馬が走れない可能性も高くなります。今回は馬券的妙味のある非根幹距離で、一儲けする…

昇級した2戦は、ともに差し馬が有利な流れの中、先行して大崩れすることもなく走っており、このクラスでも展開が向けば十分に通用する力があるはず。

枠も良いところに入ったので、先行有利な流れになることを期待します。

対抗はジュランビル。

前走の上位馬はレベルが高かったですが、そこで負けただけで人気が急落していますね(推定7番人気)。安定して先行できる脚質も魅力的です。

三番手はグランドロワ。

何が何でもというタイプはこの馬だけなので、おそらく逃げるでしょう。逃げればしぶといですが、前走は逃げてもアンリミットには後れを取っているので、純粋に力差を考えて三番手とします。

グランドロワが推定6番人気、アンリミットが推定11番人気というのも大きいですけどね。

◎ アンリミット
〇 ジュランビル
▲ グランドロワ
△ 1.2.3.9.10
☆ 8.11.12

馬券は◎ー〇▲の馬連・ワイド、◎ー○▲ー印の三連複、◎ー△(2.9のみ)の馬連で勝負。

コメント