【2020】京成杯とその他レースの予想

アイキャッチ競馬予想

【2020】京成杯の予想です。

中山は降雪の影響で時計が掛かり、内がかなり悪くなっているようですね。

芝のレースでは直線で内を大きく空けて走っていました。

明日のメインにはどれだけ回復しているのかによって狙い目は大きく変わりそうですが、冬ですし急激な回復は望めないと考えて予想します。

なお、日経新春杯は買いたい馬がいないので見送ります。

スポンサーリンク

京成杯の予想

推定1番人気は超良血スカイグルーヴ。トニービン・サンデー・キンカメ・エピファネイアと血統表に名だたる名血が揃い、これだけでご飯が何杯でもおかわりできそうです。(?)

前走は東京の新馬を持ったままの大楽勝でしたが、ここ最近だけでもリアアメリア・アーモンドアイ・ルーツドール・アヌラーダプラと軽い馬場でのパフォーマンスが発揮できない場面を数多く見ているので、迂闊に信用はしづらいところです。

ただ、新馬戦の相手は弱かったとはいえ、馬なりで最後まで加速をしている点は特筆もの。順調ならオークスの有力候補として楽しみなのは間違いないでしょう。

新馬では押し出されるように逃げる形となりましたが、今回は行く馬も揃っているので好位~中団からの競馬になりそう。あとは折り合いが付くか、タフな馬場でどれだけのパフォーマンスを見せることができるか。

来ても不思議はないし、飛んでもおかしくはないということで△にしておきます。

土曜日の中山はトニービンの血を持つ馬の激走が目立ったように、差しも決まりやすいかなりスタミナ指向の馬場となっていると思われます。

まぁ以前から欧州型が穴をあけていたように、とりあえずはタフな馬場でパフォーマンスを上げそうな馬を探します。

本命は重馬場の新馬戦を快勝したキムケンドリーム。

父オルフェーヴルは力のいる馬場に強く、母父は欧州のスタミナ血統カーネギー、母母父もマルゼンスキーとスピード能力には全然期待できない分、今の中山なら前走から大きな上積みが見込めるはず。

力関係はやってみなけりゃ分からない。人気薄だからこそ思い切って攻めていきます。

対抗はディープ×欧州型のゼノヴァース。

東京で切れ負けして中山で勝ち上がる、キレッキレのディープではないところが今の馬場にはマッチしそう。◎共々ルメールが騎乗していた馬ですが、将来性を考えるとルメールがスカイグルーヴに騎乗するのは当然のこと。

乗り替わったからと言って、今回は絶対敵わないとは思いません。

三番手は先行して残る可能性を考えてヒュッゲ。

父はトニービン持ちのハーツクライ、母父は凱旋門賞馬のシンダーのスタミナ血統で馬場的にもマッチするでしょう。

もう1頭、オルフェーヴル産駒のビターエンダーも相手候補として挙げておきます。

◎ キムケンドリーム
〇 ゼノヴァース
▲ ヒュッゲ
▲ ビターエンダー
△ 4.5.7.12
☆ 2.3(あって3着までと考える馬)

本命が人気薄なので、取りこぼしがないように相手は手広く買います。

馬券は◎ー〇▲▲-印の三連複と、◎ー〇▲▲の馬連で勝負。

小倉11Rの予想

小倉は基本的に内前が有利で、ペース次第で差しも届くといった印象。

ただ、小倉1200mはコース形態から前半がかなり速くなりやすく、クラスが上がるほどにオーバーペースになって差しが決まりやすくなるケースがあります。

ここは長期休み明けながらボーンスキルフルが出走してきたことで、前半が速くなるのは間違いない。他にも先行したい馬がいるので、好位から差せる馬が狙い目です。

なかでも内目の枠が良いので、本命は短縮ローテになるコウエイダリア。

母父タイキシャトルは短縮に強く、前走は延長ローテに加えて差しが決まる展開を、4角2番手から僅差の5着。そのレースで4角先頭、3番手だった馬が次走で馬券になっていることから、次はこの馬の番でしょう?

相手も内枠を重視して対抗にヒロイックアゲン。

すでにクラス実績も十分で、前走の上位馬はかなりレベルが高く、普通に回ってこれば3着以内は堅いはず。推定7番人気となっていますが、人気なさすぎじゃね?

三番手は内の差し馬コンパウンダー。

不利を受けやすい脚質ですが、終いの脚はこのクラスでも見劣りしません。差しが届く展開なら、この馬が上位にくる可能性は高そうです。

推定1番人気のメイショウキョウジは崩れる感じもしないですが、外枠が影響するともしかして…という可能性もあるので、来たら仕方ないという扱い。

◎ コウエイダリア
〇 ヒロイックアゲン
▲ コンパウンダー
△ 10.12.13.16.17
☆ 3.4.11.18

ここはオッズが示すように混戦模様。紐荒れに期待して、相手は手広く流します。

馬券は◎ー〇▲ー印の三連複、◎とメイショウキョウジから3.6.18の高配当を抑えます。

中山12Rの予想

中山は内が悪そうなので、外の好位~差し馬を狙います。

本命は重馬場のダンチヒ系ライバーバード。

2走前の直千は二桁馬番が上位独占のなか、中枠から上位争いに加わり、前走は延長ローテで外々を回る厳しい競馬。それでも大きくは崩れていないところから、流れ一つで馬券に絡む可能性は十分考えられます。

対抗は外枠の差し馬オジョーノキセキ。

3走前がハイレベルで、前走は直線半ばまで進路がなく力を出し切れてません。外差しが利く馬場でスムーズなら上位争い可能。

三番手はハイヤーアプシス。

土曜日に穴を連発したトニービンを母父に持ち、近走は安定して上位争いをしています。今回も馬場と展開に恵まれそうなので、とくに嫌う必要はなさそうです。

推定1番人気のスイートセントは、前走進路がなく詰まってしまいましたが、スムーズなら上位争いしても不思議はなさそう。ただ、枠と血統が微妙なので、ここは大人しくしておいてもらいたい。

◎ ライバーバード
〇 オジョーノキセキ
▲ ハイヤーアプシス
△ 3.15
☆ 6.7.12

馬券は◎ー〇▲△の馬連・ワイド(3を除く)、◎ー〇▲ー印の三連複、〇▲ー印で高配当の三連複を抑えます。

さて、止まない雨はないと言いますが、私の予想はいつ好天を迎えるのか楽しみです。

コメント