【2020】万葉ステークス・ジュニアカップの予想

アイキャッチ競馬予想

【2020】万葉ステークスとジュニアカップの予想です。

中山金杯は注目馬テリトーリアルが激走し、◎は無念の4着…(3着でも外れてたからいいけど)

改めて出走馬を見直すと、なぜテリトーリアルを本命にしなかったのか過去に戻って自分をしばいてやりたいです。(どうせ外れてるけど)

京都金杯は本命予定のソーグリッタリングが懸念通り外枠が災いして4着止まり。京都は高速馬場ではないですが、ここ最近に比べると内が有利な状態ですね。

では、明日の予想です。

スポンサーリンク

万葉ステークスの予想

推定1番人気はタガノディアマンテ。

この馬は4歳世代のなかでも能力は高いと思うのですが、皐月賞・ダービー・セントライト記念・菊花賞と見事に大外枠を引き続け、散々な距離ロスを強いられてきました。菊花賞なんて天皇賞(春)と同じくらい走ってるんじゃないですかね。

そして今回も大外枠…なんて馬だッ!

しかし、今回はこれまでに比べると一枚落ちるメンバー構成。大外枠は明らかにマイナスですが、多少のロスはあっても侮れません。トップジョッキーの腕の見せ所ですね。

外枠が嫌われて人気が落ちれば儲けもので、対抗とするには抵抗がありますが、三番手評価としたいと思います。

当然、このレースで上位評価するのは内か先行できる馬ですが、淀の長距離は鞍上の腕も大きく結果を左右する舞台。先行できて腕の立つ鞍上…ピッタリ当てはまる馬がいますね。

本命はパリンジェネシス、鞍上は世界の武豊です。

OPに上がってからは苦戦を強いられていますが、ここは相手が一気に楽になってチャンス。前走が負け過ぎの理由は分かりませんが、メジロの母系が淀の長距離で目覚めることに期待しましょう。

対抗も内・先行狙いでレノヴァールを抜擢。

こちらも前走は負け過ぎですが、あれだけ負けると逆に力負け以外の要因があったと考えやすいので、巻き返す可能性は十分あるでしょう。(なんの要因かは分からんけど)

延長ローテではほとんど人気以上に走っており、距離が延びて楽しみなハーツ産駒です。

相手は内のタイセイモナーク・逃げ残り期待でヤマカツライデン・ハーツ産駒のプリンスオブぺスカをチョイス。

推定2番人気のエイシンクリックは前走で注目馬としましたが、前走が出来過ぎで同じパフォーマンスを期待するのは少し酷かと。ここでは距離が短い!なんて可能性もあるかもしれません。また今年のステイヤーズSでお会いしましょう。

推定3番人気のアイスバブルは1枠でロスなく運べそうですが、鞍上は京都3000mは初じゃないでしょうか?もしかしたら、4角で内が空きやすいことを知らずに外をぶん回すかもしれないと考えると、ちょっと怖いですね。

◎ パリンジェネシス
〇 レノヴァール
▲ タガノディアマンテ
△ 5.10.11

馬券は◎-〇▲の馬連・ワイド、◎-〇▲-印の三連複に、◎〇からエイシンクリック・アイスバブルの三連複は200倍近く付くので買っておきます。

ジュニアカップの予想

ここは比較的平穏に収まりそうですが、推定1番人気のサクラトゥジュールに喧嘩を吹っ掛けたいレース。

ネオユニ×シンボリクリスエスと延長を得意としそうな血統が、前走は短縮で好走したとはいえ、少頭数で緩めの流れというのも大きかったはず。

今回は多頭数になって前走より流れが速くなる可能性が高く、追走に苦労してあっぷあっぷする姿が目に浮かびます!

本命は前走延長ローテから今回短縮ローテで変わり身が見込めるゼンノジャスタ。

先行力もあるので、おそらく逃げるであろうデンタルバルーンの2番手から、早め先頭で粘りこむ姿が目に浮かびます!

対抗はダイワメジャー産駒のドゥーベ。

未勝利上がりですが、新馬からレベルの高いレースが続いての敗戦なので仕方なし。前走下した相手は次走で未勝利を楽勝と、即OPで通用してもおかしくないレベルにあると思います。

兄はサトノラーゼン・サトノクロニクル。父がダイワメジャーに変わり、中山1600mの舞台適性は高いに違いありません。

三番手はサクセッション。

連勝した内容はこれといって特筆するところはありませんが、前走は差し有利の流れで4角先頭から大きく崩れなかったのは自力のある証拠。ここも無理に嫌う必要はなさそうです。

相手は一頭だけ、ダートから芝戻りで変わり身がありそうなハーモニーマゼランを。先行できる脚質で、人気薄ならこの馬かなと思います。

◎ ゼンノジャスタ
〇 ドゥーベ
▲ サクセッション
△ ハーモニーマゼラン

馬券は◎-〇▲の馬連と、◎-〇△のワイド、◎-〇-△の三連複で勝負。(サクセッションは飛んでいいよ)

オマケの京都最終

このレース、本命はサウスヴィグラス産駒のアユツリオヤジです。

前走はスタート直後に隣と接触?したかなんかで後方になり、その時点で終了でした。その前走は昇級戦ながら2番人気と評価されていましたが、今回は一転して推定9番人気。

外目の偶数枠で、自分より外の馬はあまりダッシュ力がないタイプが多く、スムーズに先行できれば前走から一変も期待できそうです。

対抗には安定感のあるメラナイト。外目の枠に入ったので、とくに嫌う要素はないでしょう。

三番手はピアシック。展開不問で確実に追い込んできますが、やはり後方一辺倒の馬を重視するのは怖いです。人気馬なら尚更ですね。

相手も先行・外目の馬を中心に、6.8.11.13をチョイス。

推定3番人気のメイプルグレイトは消し。

スマートファルコン産駒は短縮が得意で、前走のパフォーマンスをここでも期待するのは難しそう。とくに、逃げてばかりの馬が最内枠で人気というのもリスクになります。

京都ダ1200mは構造上、内のスタートが遅れ気味になりやすいとのことなので、前に行くまでに外から先行する馬に被せられ、逃げられない可能性も高まります。

超絶絶好スタートを決めてあっとういう間に先頭に立たれたら妄想はすべて無駄に終わりますが、どうなるかはレースを楽しみにしましょう。

◎ アユツリオヤジ
〇 メラナイト
▲ ピアシック
△ 6.8.11.13

馬券は◎-〇▲の馬連・ワイド、◎-〇▲-印の三連複で勝負。

いつも思います。

買う前は当たる気しかしないのに、当たらないのはなんでだろう…

コメント