【2020】チューリップ賞とその他レースの予想

アイキャッチ競馬予想

【2020】チューリップ賞とその他レースの予想です。

先週の中山芝は明らかに内前有利な馬場でしたが、オーシャンSは狙いが定まらないのでパス。先行馬が揃い、1枠に入った人気2頭の進路が詰まって大荒れ…という可能性も考えられますが、じゃあどの馬を買うか…と考えてもよくわかりませんでした。

スポンサーリンク

チューリップ賞の予想

阪神JFでは逃げて上がり最速という、これ以上ない強さを見せつけたレシステンシアの始動戦。

馬の能力が一生変わらないものだとしたら、レシステンシアに敵う同世代の牝馬はいないでしょう。しかし、実際はそんなことないです。

元々完成度の高いダイワメジャー産駒のレシステンシアとクラシック血統では、この3ヶ月の成長度合いで力差は多少埋まってもおかしくありませんね。

また、レシステンシアはあくまでも桜花賞へのステップ。仕上げの面でもここで権利を取りたい馬とは差があるのは間違いないでしょう。

ということで、狙いはここでなんとか権利が欲しいor賞金を積んでおきたい馬。

本命はクラヴァシュドールです。

前走レシステンシアには完敗の形も、通った位置を考えれば見た目ほどの差はないはず。まだ賞金もそれほど積めていないので、オークスまでを考えてもここは最低2着は欲しいところです。

対抗はウーマンズハート。

前走は予想外の先行策でしたが、結果的にはそれが裏目に出たのか、過去2戦のような剛脚は使えず。新馬の内容からマルターズディオサより自力は高い可能性高く、賞金的には余裕ですが差しに回れば突き抜けるところまで有り得ます。

三番手はチェーンオブラブ。

こちらも賞金的には微妙なのでここは3着以内、できれば2着以内で収得賞金を加算しておきたい状況。血統的にも母系が米国型でこのレースにも合うでしょう。

レベル的にチャンスがありそうなシャンドフルールも抑えます。

◎ クラヴァシュドール
○ ウーマンズハート
▲ チェーンオブラブ
△ シャンドフルール

馬券は◎ー○▲△の馬連で勝負。

てか、スマイルカナはなぜわざわざこのレースに出走してきたのだろうか?

中京8R

低調なメンバーが揃った一戦。ここはセオリー通りに先行馬中心に組み立てます。

本命は内から逃げられそうなラジオタイソウ。

前走は大敗していますが先行馬に厳しい展開で、逃げたい馬がいない今回は前走より楽な展開が望めます。力関係は正直わからないので、頼りは展開利のみ!

対抗は先行して安定感あるグレートバニヤン。

強いという印象はありませんが、このメンバーなら…というところですね。

三番手はミッキーチャイルド。

ダートにしては珍しく内枠が有利なコースなので、今回は内の好位から上位を狙うチャンスでしょう。

◎ ラジオタイソウ
○ グレートバニヤン
▲ ミッキーチャイルド
△ 2.6.7.12.13

馬券は◎ー○▲の馬連・ワイド、◎ー○▲ー印の三連複で勝負。

阪神7R

中京8R以上にカオスなメンバー構成。こちらも先行馬を狙います。

本命は芝からダート替わりのカネコメアサヒ。

2走前の上位はそこそこのメンバーで、まともに走ればここなら上位でしょう。逃げてくれるに越したことはないですが、おそらく好位には付けるはず。

対抗はオースミムテキ。

前走はスタートが上手く行かず、位置取りが後方になって4角では大外ぶん回し。1150mのレースで1頭だけ1500mくらい走っており(言い過ぎ)、それで0.4秒差なら勝ちに等しいでしょう。ここは能力的に断トツ?

三番手はタガノコルソ。

2走前がメンバー揃った一戦で善戦しており、外から好位追走できればここは通用しても良さそうです。

推定2番人気のジョニーズララバイは能力的にはあっさり勝ってもおかしくないですが、血統的にダート替わりはどうか。

◎ カネコメアサヒ
○ オースミムテキ
▲ タガノコルソ
△ 10.12.16
※ ジョニーズララバイ

馬券は◎ー○▲の馬連・ワイド、◎ー○▲ー印の三連複で勝負。ただ、ジョニーズララバイが来て万馬券決着でした~、は避けたいので、◎ー※ー▲△の三連複も買っておきます。

コメント