【2020】淀短距離Sの予想

アイキャッチ競馬予想

【2020】淀短距離Sの予想です。

先に報告しておきますが、日曜日分の予想記事の更新はできないと思います。もとよりシンザン記念は少頭数で手を出すつもりはありませんでしたが、もし買うレースがあればTwitterで更新しようと思います。

スポンサーリンク

淀短距離Sの予想

推定上位人気のアイラブテーラー・エイシンデネブ・ハッピーアワーがいずれも差し馬。

以前より差しが届きやすい印象がある京都ですが、多頭数の短距離戦で人気の差し馬を重視するのは危険ですね。ここは逆張りで前残りに期待するのが筋でしょう。

テンが速いのはラブカンプー・ダイシンバルカンですが、ラブカンプーは旬を過ぎ、ダイシンバルカンはここ2走で控える形で結果を残しており、先行するか微妙。

金杯で穴をあけたボンセルヴィーソはある程度前に行くとは思いますが、1200mの流れで楽に先行できるかどうか。

ということで、前に行くのはイベリスかジョーカナチャン、枠の並びからスタートを決めればイベリスが行くかな?と予想して本命にします。

逃げて重賞を勝っていることもあり、久々に逃げれば前走から一変しても不思議ではないでしょう。母系をみても短縮は合いそうです。

対抗は前走初芝で見所のあったシヴァージ。

内を通った馬が上位を占めるなか、外々を回って2着馬と0.5秒差は上々の結果です。芝のスプリント戦を短縮で先行できるかどうかですね。

三番手は安定感が出てきたカラクレナイ。

勝ち切るイメージは湧きませんが、普通に回って来れば普通に上位に来るでしょう。多分…

◎ イベリス
〇 シヴァージ
▲ カラクレナイ
△ 1.4.8

推定上位人気の差し馬が1頭は絡んでくる可能性は高いかもしれませんが、ここは敢えて前残り馬券を狙い撃ち。

◎ー〇▲の馬連・ワイド、◎ー〇▲ー印の三連複で勝負します。

中山9Rの予想

ここも狙いは前に行く馬。

本命はダイワメジャー産駒のヒメサマです。

距離を延ばしたここ2戦は距離を意識してか控えましたが、短縮になる今回は控える必要なく思い切って行くことができるでしょう。

小倉2歳Sでは8着とはいえ、伸びない内を通り続けたことを考えると、0.5秒差はむしろ健闘したほうではないでしょうか。

対抗は休み明けの推定1番人気ですが、インザムービー。

前走は好スタートを切ると鞍上が抑えたままハナに立つスピードを発揮。なので、短縮でも好位に付けることは難しくないと思います。

三番手はコスモカルナック。

テンのスピードがあり、普通にスタートを切れば内枠を活かして好位に付けることができるはず。

ヒメサマがハナを切り、コスモカルナックが2番手、インザムービーが外から3~4番手でそのまま行った行ったでお願いします!

◎ ヒメサマ
〇 インザムービー
▲ コスモカルナック
△ 6.11.15

馬券は◎ー〇▲の馬連・ワイド、◎ー〇▲ー印の三連複で勝負。

推定2番人気のエイリアスは、テンのスピードがなく後方からになりそうで、前走短縮で好走した後というのも買いたくない材料です。

京都10Rの予想

このレース、買いたいのはアグネスリバティ。

前走は差し馬が上位を占めた流れ、メンバー的にここはハナを切れそうで、京都で良績がないのは気になりますが、流れが向けば十分通用するでしょう。

ただ、相手が難しい。

推定1番人気のエングレーバーは小回りコースへの出走が多く、広いコースはきさらぎ賞とプリンシパルSしか経験がありません。

きさらぎ賞は大敗でしたが、プリンシパルSではまずまずの走りをしていたので、外回りが駄目とは思いませんが過信はできないですね。

推定2番人気のスーパーフェザーは…ちょっと迷走していてここは買いづらい。推定3番人気のショウナンバルディは1800mで注目のキングズベスト産駒の外枠なので、相手筆頭です。

後は…何が来てもおかしくなさそうなメンバー。どうするかはオッズを見ながら、もう少し考えたいと思います。

予想が確定すればTwitterで追記する予定です。

非根幹距離の注目種牡馬です。

非根幹距離(1400m・1800m)の注目種牡馬
競馬では400mで割れる距離は「根幹距離」、割れないコースは「非根幹距離」と呼ばれます。非根幹距離で行われるレースは、主流コースで力を発揮する馬が走れない可能性も高くなります。今回は馬券的妙味のある非根幹距離で、一儲けする…

コメント