【2018】オールカマーの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるオールカマーの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

オールカマーの傾向

2015年から改修後のコースで行われていますが、重要なのは非根幹距離適性です。

後方一気は決まりづらく、ある程度の位置からレースを運べる馬を中心に狙う方が良いでしょう。枠の有利不利はありませんが、直近で内か外どちらが有利かを見ておきたいですね。

血統的には出走数の違いもありますが、改修後はサンデー系が走りやすくなっています。以前は父欧州型ノーザンダンサー系が勝ち切るケースも多く、いかにも非根幹距離重賞というレースでした。

改修後は母父が米国型の馬が多数好走しており、昨年は母父米国型ノーザンダンサー系のワンツーに3着がミスプロ系、一昨年は母父ミスプロ系・米国型ノーザンダンサー系が1.3着で2着はグレイソヴリン系、15年は母父米国型ノーザンダンサー系のワンツーに3着は母父サンデーサイレンスでした。

改修によって欧州的なスタミナよりも、サンデーのスピードと米国的な持続力が問われるようになっているのかも知れません。

また、中山に強いステイゴールド系や中山の非根幹距離重賞で複数好走したエアシェイディやキングストレイル、ダイワファルコンにクリールカイザーなどに共通するのはノーザンテーストの血を持っていること。

他にはトニービンの血を持っている馬も注意しておきたいです。

前走が条件戦だった馬は苦戦気味で、過去20年間で好走馬はいません。さすがに秋の大舞台を目指す馬が集いやすいレースでは、簡単には通用しないようです。

とは言え、絶対に来ないわけではないですから、非根幹距離適性の高そうな馬には注意しておきたいですね。

前走宝塚記念組では、先行していた少し負けていたような馬の巻き返しが目立ちます。逆に、後方からレースを進めていた馬は、人気のわりに安定感がなく不振。

G1と前哨戦では道中のペースが違いますし、緩い流れだと後方からでは届かないリスクが高くなりそうです。

前走新潟記念組は、好走馬のほとんどが前走で3着以内に好走していた馬です。ただし、改修後は2頭とも人気を下回る凡走をしており、過去相性の良かったローテも変わってくるかも知れません。

ということで、ローテよりも血統や戦績から非根幹距離適性を重視して予想する方が効率的だと思われます。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・レイデオロ

血統 キングマンボ系×ロベルト系

前走 ドバイSC 4着

現役屈指の実力馬ですが、同じ非根幹距離の京都記念でも1番人気3着と敗れており、根幹距離の方が向く可能性は高いでしょう。ただ、今年のメンバーなら能力の高さで馬券には絡んで来そうです。

・アルアイン

血統 ディープ系×ボールドルーラー系

前走 クイーンエリザベスC 5着

母父が近年好走馬を多く出している米国血統ですが、ディープ産駒の成績はそれほど良くありません。まぁこちらも能力の高さで好走する可能性はありそうですが…

・ダンビュライト

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 宝塚記念 5番人気5着

同コースのAJCCを快勝していますが、展開に恵まれた感が大きいです。トニービンにノーザンテーストの血を持っており、ルーラーシップ産駒の中山2200m成績は優秀。ただ、なんとなく今回も5着前後な気がします。

・ガンコ

血統 Lサンデー系×サドラーズウェルズ系

前走 天皇賞(春) 3番人気14着

中山非根幹距離重賞で要注意のステイゴールド系。

日経賞も快勝しており、この舞台が向くのは間違いないでしょう。天皇賞の敗戦は気にする必要ないと思いますし、体調さえまともなら巻き返す可能性は高そうです。

・エアアンセム

血統 ロベルト系×サンデーサイレンス

前走 函館記念 5番人気1着

長いブランクがあったとは言え、7歳にして初重賞制覇の遅咲き。

父ロベルト系は中山重賞に強く、母系にも中山非根幹距離重賞に強いノーザンテーストの血を持ち、血統的には文句なしと言ったところ。

鞍上には先週のセントライト記念を見事に勝利した田辺Jと、買いたくなる要素がたくさんありますね。(凡走のフラグか?!)

・ミライヘノツバサ

血統 Lサンデー系×ストックウェル系

前走 日経賞 7番人気2着

血統・戦績が示す通り、中山の非根幹距離はピッタリです。問題は1年半ぶりで状態がどうか…だけでしょう。

・ゴールドアクター

血統 ロベルト系×ミスプロ系

前走 大阪杯 12番人気16着

ロベルトにノーザンテーストの血を持ち、非根幹距離の有馬記念を勝利し適性は言わずもがな。ただ、さすがに能力や状態云々ではなく、走る気力を失っている可能性が高いです。

・ブラックバゴ

血統 レッドゴッド系×Tサンデー系

前走 函館記念 4番人気10着

母父がステイゴールドですが、後方一辺倒の脚質のため展開の助けが必要でしょう。昨年のオールカマーは10着と凡走していますが、前残りの展開で上がり最速を使っているように、展開さえ向けば一発あっても不思議はありません。

・ショウナンバッハ

血統 Tサンデー系×プリンスリーギフト系

前走 新潟記念 13番人気3着

ノーザンテーストのクロスを持っていますが、追込脚質で中山の非根幹距離重賞でも僅かに届かずというレースを繰り返しています。前走上手くハマった感もありますが、これをきっかけに何かが変わる…かも?

・マイネルミラノ

血統 Tサンデー系×ダンチヒ系

前走 新潟記念 12番人気13着

逃げ馬の大敗は気にするなと言いますが、以前より大きく離される凡走が続いており、厳しそうな気がします。

総評

能力的にはG1馬のレイデオロ・アルアインが抜けていると思いますが、適性面で逆転する馬がいてもおかしくなさそうな気もします。

2頭とも次走へ向けてのステップということを考えると、一波乱あっても…と思いますね。

神戸新聞杯の傾向です。

【2018】神戸新聞杯の傾向
今週末に行われる神戸新聞杯の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 神戸新聞杯の傾向 240...
スポンサーリンク

フォローする