【2019】有馬記念の回顧と最近の競馬について思うこと

アイキャッチ競馬予想

有馬記念はリスグラシューが圧巻の走りで有終の美を飾りましたが、とても良いレースでした!

単勝オッズが示すようにアーモンドアイが勝つと信じていた方が多かったと思いますが、これが競馬ですね。

馬券をどう買おうと自由ですが、大本命馬にブッ込むなんてことはハイリスクローリターンの典型なので止めたほうが良い…身をもって学んだ方は、以後気を付けましょう。

スポンサーリンク

有馬記念の回顧

リスグラシューは道中内でロスなく進め、4角で綺麗に外に出せるスペースがあり、直線は伸びる外目を走って豪快に突き抜けました。

仮にパンパンの良馬場、スローの団子状態でレースが進めば結果は違っと思いますが、勝つ馬は本当に上手く流れが向くもんだという典型的なレースでしたね。

展開が向いたのは確かですが、それを差し引いても5馬身差の圧勝劇はお見事。これで非根幹距離のG1を3勝と、できれば天皇賞(秋)やジャパンカップでどのような走りをするのかを見てみたかったですね。引退するのは残念です。

本命にしたサートゥルナーリアは道中から勝負所まで外目を追走する形になり、上位馬の中では最もロスが多かったと思いますが、それでも2着を確保したのはさすが。ロスがないとしてもリスグラシューを逆転できたかは分かりませんが、相当強い競馬をしたと思います。

来年の主役候補となるのは間違いなく、アーモンドアイとともに競馬界を盛り上げてくれるでしょう。

菊花賞馬ワールドプレミアが3着と好走しましたが、ハイペースで前が潰れ、タフな競馬になったことが向きましたね。鞍上のコメントからも、自力では一枚劣っているのが分かるので、次走人気になっても過信できません。

4着フィエールマンも凱旋門賞の大敗からよく巻き返しましたね。これまで何となく強さがイメージしにくかったですが、今回のレースで改めて強いと感じました。

通過順を見ても分かるように、今年の有馬記念は圧倒的に後方にいた馬が有利な展開。

真っ先にアーモンドアイへ真っ向勝負を挑み動いた結果の4着なので、サートゥルナーリアとも互角くらいの評価はできるでしょう。

キセキ・シュヴァルグラン・レイデオロは展開が向いた分の着順。

ヴェロックスは外枠の分、最初のコーナーで内に入れなかったのが響いた感じです。それを跳ねのけて上位に来るほどの力はなかったということでしょうね。

皐月賞ではサートゥルナーリアにも肉薄しているので、展開が向くときは注意が必要なのは間違いありません。

アーモンドアイの敗因は?

さて、個人的に1着ではない可能性は十分あるが、2.3着は外さない可能性が高いと思っていたアーモンドアイですが、終わってみればキャリア最低の9着という結果に。

今回の舞台は適性外ということは想定できたものの、多少の適性差は能力差で埋めて複勝圏は確保するだろうと思ったので、ここまで負けるのは予想外です。

敗因を挙げると、まず内に入れずロスが大きかったこと、アエロリットが思った以上にペースを上げたこと、小回りで急坂のある中山が合わなかったこと…様々な要因が絡み合っての凡走だと思います。

2400mのジャパンカップを圧勝したのでスタミナ的に問題はないと言われていましたが、やはり超高速で消耗の少ない馬場と、改修後とはいえ暮れの中山では馬場が全く違うため、突き詰めるとスタミナ不足を露呈したということかもしれません。

もちろん、内目でロスなく運べ、ペースも落ち着いた流れになれば勝っていた可能性は十分に有り得たと思います。ただ、今年は真逆の展開になったと。

予想段階で内回りの新馬で後れを取り、内回りの秋華賞ではヒヤッとするシーンがあったことを不安材料のひとつとして挙げましたが、最後はしっかり伸びていました。しかし、その2レースは平坦の新潟・京都競馬場。

今回はそこに急坂が加わることまで加味すると、もう少しアーモンドアイの評価を下げた予想ができたのかな…と反省しております。

あと、圧倒的1番人気の宿命として無難に回らざるを得ないのも、敗因のひとつでしょう。対して、リスグラシューは離れた2番人気なので進路が塞がれるリスクを背負ってでも道中は内々で我慢できたというのもあります。

もしリスグラシューが圧倒的1番人気なら、あそこまで内で我慢する選択ができたのか…

今年の有馬記念は競馬の面白さが詰まっていた

アーモンドアイが惨敗したことは残念と言えば残念ですが、これこそ競馬が面白い要素のひとつじゃないかな…とレースが終わって思いました。

絶対能力的には、アーモンドアイは9着に敗れるような馬ではないですが、現実ではそれが起こってしまったのです。

競馬は必ずしも強い馬が勝つわけではない。それが起こる原因は、競馬は様々な競馬場・距離でレースが行われるから。

リスグラシューはこの舞台ならアーモンドアイ以上の走りをしました。しかし、パンパンの東京競馬場で行われる天皇賞やジャパンカップだと、アーモンドアイが勝つ可能性は非常に高いと思いますし、展開次第ではどうなるか分からないのも競馬の面白さです。

アーモンドアイは新馬戦を除いて、三冠がかかった秋華賞以外では広いコースでしか走っていません。馬の適性を考えて出走するのも理解はできますが、現役トップクラスの馬はなるべく主要G1レースに出走して欲しいと考える競馬ファンも多いはず。

トップクラスが様々な条件で競い合い、条件によっては逆転が起こるのか、もしくは条件関係なくねじ伏せてしまうのかという戦いが、競馬ファンを心から魅了してきたのではないでしょうか。

最近ではキタサンブラックが古馬中長距離G1に全て出走し、あらゆる条件で他馬の高い壁となって立ちはだかりました。全てのレースに勝ち続けることはできませんでしたが、渋い血統背景や馬主、武豊騎乗なども相まって、近年稀に見るファンの多い馬だったと思います。

三冠馬ディープインパクトも、古馬になって天皇賞(春)・宝塚記念・JC・有馬記念と、凱旋門賞帰りで出走できなかった天皇賞(秋)を除いて出走していますし、テイエムオペラオー・スペシャルウィークなど、王道路線に最強クラスが出走し続けることが競馬界が盛り上がるには必要不可欠です。

もちろん、体調や体質を考慮して馬の健康を考えることが最重要ですが、条件が向かないからと出走を控えるのは止めていただきたい。国内のG1に見向きもせずに、海外へ行くのも個人的には好きではありません。

種牡馬としての価値、繁殖としての価値を高めるために、少しでも条件の向くレースで実績を作った方が競走馬のためにも良い面があることは理解できますが、それでも強い馬が多数揃うレースをたくさん見たいのです。

アーモンドアイですら、未経験の中山でタフなレースになると凡走してしまう。しかし、すでに同様の経験があればもっと上位争いに加わっていた可能性も高かったのでは…と思うと、これまでのレース選択が今回の凡走を招いた最大の要因だったのかなと思いますね。

今年は3歳世代の皐月賞馬・菊花賞馬が出走し、4歳世代からは菊花賞馬、5歳世代の皐月賞・ダービー・菊花賞馬が勢揃い、そしてアーモンドアイ・リスグラシューといった牡馬を蹴散らす強豪牝馬に加え、G1未勝利馬の人気薄でもワンチャンスありそうな馬ばかりと、年末を締めくくるに相応しいメンバーが揃いました。

結果的に、G1未勝利馬は太刀打ちできずにG1馬が貫録を示しましたが、予想している時点で非常に面白く、レースも見応えがあって素晴らしい有馬記念でした。

来年、アーモンドアイには大阪杯・ヴィクトリアマイルor安田記念・宝塚記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップ・有馬記念の王道路線に出走して欲しい。サートゥルナーリア、フィエールマン、ワールドプレミアは大阪杯・天皇賞(春)・宝塚記念・天皇賞(秋)・ジャパンカップ・有馬記念に。

全てに出走するのは難しいですが、色んな条件でぶつかり合って楽しませてもらえることを期待します!

てか、昔の馬は当たり前のように王道路線のほとんどに出走してたと思うと、改めてスゴイなって思うと同時に、今の馬は体質が弱くなっているのか?と思ってしまいます。

コメント