【2018】アーリントンカップの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーリントンカップの傾向

今週末に行われるアーリントンカップの傾向です。

注目ポイント

今年から時期が変更され、明確にNHKマイルCの前哨戦という位置づけになりました。

過去の傾向は参考にならない可能性がありますが、参考までにこれまでの傾向を紹介。

まず、これまで長い距離を使ってきた馬が人気になりやすいレースですが、実際好走するのは短い距離に実績があるタイプでした。

ダンチヒ系に相性がよく、スピードを持続させる能力が要求されやすかったと言えます。

スピードの要求値が高かったのか、短縮組の成績は悲惨なものでしたが、今年からはどうなることでしょうか。

先週は時計も速く、内外どちらもフラットな状態に近かったと思います。

今週末の天気は雨予報ですが、今年はしっかりした末脚を使えるタイプを狙いたいですね。

出走予定馬

現時点でのnetkeiba人気上位10頭の、血統とローテーションから考察していきます。

 タワーオブロンドン

父  Rave’n Pass

母父 Dalakhani

前走 朝日杯FS 2番人気3着

父ミスプロ系×母父ネヴァーベンド系

朝日杯からの休み明け。

能力は高いですが、血統面からノビシロは少なそう。

無難にこなす可能性はある一方、成長度で見劣り案外な結果になってもおかしくなさそう。

この時期の阪神マイルなら、人気を考えても他馬の逆転に期待したい気もします。

 インディチャンプ

父  ステイゴールド

母父 キングカメハメハ

前走 毎日杯 3番人気3着

父Tサンデー系×母父キングマンボ系

前走少頭数の延長ローテから、多頭数の短縮になるのはプラスですね。

近親にリアルインパクトがいるように、マイル戦でも問題はないでしょう。

切りづらい人気馬になりそうです。

 ダノンスマッシュ

父  ロードカナロア

母父 Hard Spun

前走 ファルコンS 1番人気7着

父キングマンボ系×母父ダンチヒ系

前走は展開向かずでしたが、最後にしっかり脚は使っています。

先日ロードカナロア産駒の特徴をまとめ直しましたが、阪神マイルは絶好の舞台。

ロードカナロア産駒の特徴を考察※2018年4/8更新
初年度産駒アーモンドアイが、鮮烈な末脚で桜花賞を制しました。 昨年の秋に、ロードカナロアの特徴を一度まとめてみましたが、それから半年ほ...

ここも、無難にまとめてくるのではないでしょうか。

 レッドヴェイロン

父  キングカメハメハ

母父 ダンシングブレーヴ

前走 未勝利 1番人気1着

父キングマンボ系×母父リファール系

先週の阪神牝馬Sで、姉のレッドアヴァンセが激走しましたね。平坦一族かと侮ってはいけません。

とはいえ、この時期に未勝利上がりで重賞挑戦は厳しいと言わざるを得ません。

少頭数逃げて好走から多頭数の短縮となると、馬には大きな負担になるでしょう。

 パクスアメリカーナ

父  クロフネ

母父 サンデーサイレンス

前走 こぶし賞 2番人気1着

父ヴァイスリージェント系×母父サンデーサイレンス

前走ではNZT2着のケイアイノーテックを一蹴。ただし、前走はディープ産駒にとっては走りづらい馬場だったことを考えると、この結果は鵜呑みにはできません。

2走前にもきさらぎ賞3着のラセットを下しているので、能力が高いことは間違いないとは思いますが。

ここ2戦は内回りでのパフォーマンスなので、外回りで瞬発力が問われると、ちょっと疑問はあります。

 エアアルマス

父  Majestic Warrior

母父 Empire Maker

前走 未勝利 1番人気1着

父エーピーインディ系×母父ミスプロ系

前走は3番手から上がり最速と、力のあるところを見せました。

血統面からは阪神マイルで切れる脚を使うイメージはないですが、米国血統でも稀にラビットランのような脚を使いますから怖いですね。

さすがに未勝利上がりからいきなりは厳しいとは思いますが、流れ激化で差しに回る位置取りショックがハマれば、鮮度は高いので怖さはあります。

まぁ、人気次第ですね。

 ラセット

父  モンテロッソ

母父 アグネスタキオン

前走 きさらぎ賞 5番人気3着

父ミスプロ系×母父Pサンデー系

先日、ミスプロ系の記事にて注目種牡馬として取り上げたのがモンテロッソです。

ミスプロ系の特徴
大系統ミスプロ系 ミスタープロスペクターは、1970年代にアメリカで生まれ、競走成績はパッとしませんでしたが種牡馬として大成功。 今...

モンテロッソ産駒は、芝では坂のあるコース・内枠・短縮が激走条件になる可能性があるので、今回内枠に入れば面白い1頭。

実は、先週日曜の忘れな草賞で、傾向にピタリと当てはまるモンテロッソ産駒が10番人気で激走したのを見逃したのが、非常に悔しいです。

 ピースユニヴァース

父  ロジユニヴァース

母父 サニングデール

前走 500万下 1番人気1着

父Lサンデー系×母父マッチェム系

産駒数も少なく、ロジユニヴァース産駒の特徴はちょっと分かりづらいですが、少なくともマイルの瞬発力勝負というタイプではないでしょうね。

条件的には好転するとは言い難く、厳しい戦いになるのでは。

 アドマイヤアルバ

父  ハーツクライ

母父 Bernstein

前走 500万下 1番人気1着

父Tサンデー系×母父ストームバード系

連闘になりますが、出走するのでしょうか。

相手強化の激走となれば、ここでも好勝負してもおかしくはないと思いますが、連闘は気になりますね。

人気薄なら狙ってみるのも面白いでしょう。

 アリア

父  ダイワメジャー

母父 トワイニング

前走 フィリーズR 11番人気12着

父Pサンデー系×母父ミスプロ系

ちょっと厳しい印象。

延長になるので、内でロスなく運びたいところです。

ここで凡走して、次走短縮で狙うのが良さそうな気がしますね。

総評

これまでは荒れ模様の重賞でしたが、時期が変わって堅い決着が増えるかも知れません。

今年は上位人気馬がなかなか強力で、人気の盲点になる馬を探せるかどうか…枠が決まってから改めて考えます。

1番人気が消えるレースを狙い撃て!!

1番人気が消えるレースを買えば儲かるのか?!
競馬では、1番人気が消えるレースだけを買えば儲かることをご存知ですか? よく人気馬ばかり買っていては勝てないと言われますが、逆に人気馬...

予想が当たらないときの心構え。

予想が全く当たらない不調期が来たら
競馬をしていると、誰しもぶち当たる壁。 それが、予想が全く当たらなくなるスランプだと思います。 同じような視点で予想しているにも...
スポンサーリンク

フォローする