競馬で勝てない人は馬券をどう買うべきか?

馬券術講座

競馬で勝つためには予想はもちろん、それ以上に重要だと言われるのが馬券の買い方です。

今では多くの券種が発売されているため、最適な買い方は人によってそれぞれ。しかし、買い方ひとつで馬券収支は大きく変わるのは事実です。

もしかすると、あなた(私)が競馬で勝てない理由は、予想ではなく馬券の買い方に問題があるのかもしれません。

スポンサーリンク

一番儲かる馬券とは?

現在発売されている馬券で、一番儲かる可能性がある券種はWIN5です。ただ、WIN5は少し特殊なので、全レースで購入できる券種で言えば三連単になります。

この2券種に共通していることが以下の項目。

  1. 売上が多い
  2. ハズレ馬券が多い(当たりにくい)
  3. 高配当が出やすい

競馬の配当金は、参加者が馬券を購入した金額の一部をJRAが利益として徴収し、残りの金額を的中者に分配する仕組みです。

つまり、競馬は参加者同士で資金を奪い合うゲームということですね。そのため、(1)売上が多ければ多いほど、(2)的中者が少なかったときに(3)高配当が出ます。

控除率を考慮しない場合、あるレースの売上が100万円で的中者が一人なら配当は100万円。しかし、売り上げが1,000万円なら、的中者が5人いても配当は200万円になります。

このように、売上が多く、的中しづらい馬券ほど、参加者は大きな利益を出せる可能性があるということになります。

しかし、これはあくまでも理想論です。

実際は、超高配当なんてそうそう的中できませんし、そればかり狙って大穴狙いしていると、的中する前に資金がなくなってゲームオーバー…ということにもなりかねません。

これらの馬券は、一攫千金の夢を求めるなら少額で買い続けることは良いかも知れませんが、競馬を長く続けるには不向きな馬券だと私は閑雅ています。

三連単やWIN5は金持ちのための馬券と言えるので、私のような庶民には敷居が高いのです。もちろん、初心者には到底おススメできません。

勝つための馬券選び

では、庶民が競馬で勝つためには、どの馬券を買うべきなのか。

私は基本的に買い方を固定していますが、人によってはレースごとに買い方を工夫するべきと言う人もいます。ただ、どちらが正解ということはなく、どちらも一長一短あります。

個人的には、レースごとに買い方を変えるのは上級者向けだと考えています。

なぜなら、買い方を変えるということは本命馬が1着に来るのか、勝てないけど2.3着に来るのか、いやいや3着が精一杯だろ…などを想定しなければならないからです。

1着の可能性が高いと判断しているなら単勝・馬単で勝負する、2着もあるなら馬連など、考えることが多すぎますね。

ただ、競馬は展開一つで着順は簡単に入れ替わります。

3着が精一杯だと考え、複勝・ワイドで勝負したときに1着になり、馬連は万馬券。

馬連買っときゃよかった!チックショーッ!

2着は堅いと考え、馬連でしこたま勝負したら前が壁になって3着止まり…

ワイドにしときゃよかった!チックショーッ!

あると思います。

もちろん、こういった買い方は、自分の想定通りに決まれば大きなリターンが得られます。

買い方を工夫する人は、見立てが間違ったときはリターンがなくても仕方ないと割り切り、ハマったときに大きく回収すれば良いという考えです。

果たして、どれだけの人がこのような考えをブレずに実践できるでしょうか?

何度も想定通りにビシっと的中できるレベルなら問題ありませんが、一般の競馬ファンがそこまでになるのは相当ハードルが高いでしょう。

何より、毎回どの馬券を買うか考えていたら、時間もかかるし大変です。

毎回予想に合わせて買い方を変えるやり方は、続けていれば間違いなく予想力は上達すると思いますが、ほとんどの人はそこまで辿り着く前に挫折してしまう可能性が高い。

ということで、個人的にはまず軸馬選びの精度を上げ、軸馬が好走したときにはきっちり利益を出せるような券種で固定しておくことが重要なのでは?と思います。

基本は単勝・複勝

軸馬が好走したときに、最も簡単にリターンを得られる馬券は単複ですが、的中しやすいということは、逆に言うと利益は出しにくいということです。

しかし、単複で利益を出せる程度の予想力がなければ、そもそも競馬で勝ち続けることは難しいと言えるのではないでしょうか。

単複なら1頭の馬を選ぶことに集中できます。まずは予想力を鍛える意味も兼ねて、本命馬の回収率が標準以上の90%程度は出せるようにしたいところです。

回収率が90%あれば、1日5000円使っても、月に4000円程度しか負けないことになります。もちろん、短期的には大きく負ける可能性もありますが、平均すればそれくらいになるということです。

的中しやすい分、大きくブレることもないのがメリットでもありますね。

回収率が90%程度あれば、相手選び次第で馬券収支はプラスにできる可能性は十分あります。

単複馬券で勝負をしている血統予想家・境和樹さんの書籍は、一頭の馬を選ぶ方法の参考になると思うので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

単複である程度の結果が出せるなら、次の段階へステップアップしましょう!

代用馬券で回収率を底上げする

単複で回収率100%を超えるのが望ましいですが、90%前後あれば代用馬券で回収率を底上げすることもできます。

代用馬券とは、単勝は馬単・複勝はワイドのことです。単勝は馬単1着固定総流し・複勝はワイド総流しと同じ意味の馬券ですからね。

代用することで回収率が上がる理由は、馬単・ワイドの方が単勝・複勝よりも売上が多く、的中しづらいため配当が高くなるからです。

最初に説明した利益が出しやすい理由そのままですが、詳しく解説していきます。

単勝では、買い目は本命馬の1点のみになります。

これを馬単1着固定総流しにすると、買い目は最大で17点まで増えますが、同着がなければ的中するのは1点のみ。

つまり、16点は外れる馬券が存在するので、単勝より的中しにくくなります。そして、多くのレースでは、その16点の中には能力的に絶対に来ない(と思われる)馬が含まれています。

ここがポイントで、馬単では自分の予想力に応じて、来ない馬の馬の買い目を削ることができるのです。この5頭は絶対に来ないと予想できれば、買い目は12点で済みます。

単勝だと自動的に馬単17点買いをしていることになるので、買い目を絞る(ハズレを買わない)分だけリターンが上昇するというわけですね。

予想力を磨き、相手を絞れるほどリターンは上がります。

ただし、的中率と回収率は相反する関係にあるので、たまには買い目を削った馬に好走され悶絶することもあるでしょう。

それでも長期的に見れば、馬単で代用するほうが回収率は高くなるはずです。仮に削った相手ばかりが好走すうようなら、それは予想力の問題です。

複勝をワイドで代用すれば回収率が上がるのも、上記と同様の理由です。

払戻を均等にする

代用馬券の注意点として、馬券を買うときは的中時の払い戻しを均等にする必要があります。そのため、ある程度の資金力が必要になることがデメリットとも言えます。

仮に、代用馬券で全ての買い目を100円ずつしか買わない場合、相手に来るのが人気馬ばかりだと、回収率は逆に下がってしまうのです。

そのため、どの買い目が的中しても同じくらいの金額が払い出されるようにしないと、代用馬券は意味がありません。

人気薄がきたときに配当が跳ねるのを期待することは、代用馬券とは意味合いが少し違うのです。

代用馬券を使うには、少なくとも1レースに3,000円ほど用意したいので、本命馬がしっかり選べない予想力だとあっという間に資金がなくなっていくことには注意が必要です。

とくに、馬単のみで勝負する場合は的中率も低いので、短期的には大きく負ける可能性もあります。その分、リターンも期待はできますけどね。

均等配分の仕方

問題は、どうやって資金を均等に配分するかですね。

私が使用している競馬ソフトのTagetでは、自動動的に均等配分する機能も付いているので簡単にできますが、ソフトを使用していない場合は自分で計算しながら配分する必要があります。

少し手間ですが、完璧な配分にこだわる必要はないのでざっくりでも大丈夫でしょう。

実際、私は前日か早朝に馬券を購入するので、購入時には均等配分になっていても、確定オッズでは均等になることは少ないです。

的中率は下がる傾向にある

先ほども言いましたが、的中率と回収率は相反する関係にあるので、馬券を代用して回収率を上げようとすると、的中率は下がる傾向にあります。

的中率と回収率の関係性
世の中にはよく馬券は当たるのに勝てない人もいます。なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?それは、的中率と回収率は相反するものであり、当てにくい人気薄を買うほうが勝ちやすいという複雑な仕組みなっているからです。

的中率を下げない対策としては、少しでも可能性があると思う馬は買い目に入れとくことです。

その分、的中時のリターンは低くなってしまいますが、不的中が続くリスクをどこまで減らすのか、自分のリスク許容度に合わせて対応しましょう。

特に高配当は逃すとショックが大きいので、迷ったら100円だけでも抑えておきたいですね。

三連複で更に底上げ

本命馬が回収率100%を超えるレベルなら、単勝・馬単・複勝・ワイドでも十分競馬を楽しめると思いますが、さらに利益を追求したいのならば、複勝・ワイドを三連複で代用します。

複勝は、三連複1頭軸総流しと同じ意味合いになります。

複勝よりワイド、ワイドより三連複のほうが利益が出る条件を満たすので、回収率が上がる理由も分かりますよね。

ただし、三連複の場合では、これまで以上に多くの資金が必要となります。

資金があるなら良いですが、少ない資金でより大きいリターンを狙うには「もしかしたら来るかも…」程度の馬は排除したほうが良いでしょう。

そうして相手を7~8頭(21~28点)くらいに絞って高配当を狙います。また、排除した相手の中でも気になる馬は、ワイドで抑えるようにします。

ワイドで保険を掛けつつ、三連複が決まったときにガッツリ回収するということですね。

これでより高リターンに期待ができますが、1レースに使う資金も多くなるため、リスクも増えることは忘れないようにしてください。

三連単の効率的な買い方

最初に三連単はおススメしないと書きましたが、一回の的中で年間プラスを確定できる可能性がある馬券を買わないのも、少しもったいない気もします。

少しは夢を見たい…という方は、三連単を極力絞って購入してはいかがでしょうか。

例えば、◎〇▲と上位3頭を選んだ場合、以下のような買い目を購入します。

  • ◎-〇-▲
  • ◎-▲-〇
  • 〇-◎-▲
  • 〇-▲-◎

もしくは、1着に▲も加えた

  • ◎-〇-▲
  • ◎-▲-〇
  • 〇-◎-▲
  • 〇-▲-◎
  • ▲-◎-〇
  • ▲-〇-◎

これなら滅多に当たることはないと思いますが、年に数回くらい当たる可能性はあります。

逆に、的中率から考えると年に一回も当たらない可能性もありますが、根気よく買い続けてハマるのを待ちましょう。

たまたま買い忘れたときに印通りの大的中。しかもそれが100万馬券…ではシャレにならないので、ある意味買い続けなければいけないプレッシャーとも戦う必要がありますけどね。

まとめ

馬券の買い方に正解・不正解はありません。

予想以上に買い方が重要とは言いますが、勝つためには最低限の予想力も必要ですが、その目安となるのは単複の回収率です。

複雑な馬券を購入して競馬で勝てていない人は、まずは本命馬が好走したときに確実にリターンを取ることが重要です。

最初から超高配当ばかり狙わずに、コツコツとステップアップしていくことが、競馬で勝てるようになる秘訣ではないでしょうか。

コメント