【2018】カペラステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるカペラステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

カペラステークスの傾向

このレース最大の特徴は、距離短縮馬が圧倒的に強いこと。

中山ダ1200m全体では短縮馬の成績が極端に高いわけではありませんが、上級条件になるほど流れは厳しくなり、距離短縮の恩恵に授かるケースが増えます。

で、昨年に短縮馬で穴狙いしたら同距離ローテが上位独占…競馬なんてそんなもんっす。とはいえ、この傾向は今後も有効な可能性は高く、1回うまくいかなかっただけでは諦めません。

流れが厳しくなるため、最後の急坂で前と後ろが一気に入れ替わるシーンも多々あります。

ダートは前が有利…は間違いありませんが、このレースでは敢えて逆を突くことで穴馬券を仕留めることもできるでしょう。ただ、不利を受ける可能性が上がるのも間違いありません。

血統的にはダートの短距離らしく、ミスプロ系が強いです。ただし、ダート短距離重賞にしてはサンデー系も走りやすく、面白い傾向ですね。

血統予想家の境和樹さんが指摘していて着眼点がさすがだなと思ったのが、良馬場ならサンデー系・稍重以上ならミスプロ系で狙いを変えるということ。

一般的には知られにくいデータなので、今のうちに活かして儲けておきたいですね。

時期的に同距離ローテは京都組が多く、好走しているのはほとんどが前走3番人気以内に支持されていた実力馬ですが、1着だった馬の成績は良くありません(全体的に悪いんですが)。

同距離でもJBCスプリント組は複勝回収率が高いのですが、今年は京都競馬場で開催されたため、扱いが難しいですね。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・コパノキッキング

血統 ヴァイスリージェント系×Dサンデー系

前走 OP特別(同距離) 1番人気1着

能力は高そうですが、いきなり重賞で1番人気はやや過剰でしょう。

ダッシュ力はあまりなさそうで、内枠だと位置取りも悪くなる可能性が上がります。ぜひとも内枠に入って飛んでもらいたい。

・キタサンミカヅキ

血統 リファール系×プリンスリーギフト系

前走 JBCスプリント(同距離) 5番人気3着

血統面ではなぜダート馬になっているのか分からず、評価不能です。

中央より地方の砂質が合っている可能性があるのと、前走の反動を考慮すると買いづらいですね。

・オールドベイリー

血統 エーピーインディ系×フォーティナイナー系

前走 OP特別(同距離) 2番人気1着

初重賞挑戦で未知の魅力はありますが、人気になると魅力半減です。

戦ってきた相手もそこまで強いわけではなく、あまり食指は動きませんね。

・ネロ

血統 ストームバード系×サンデーサイレンス

前走 JBCスプリント(同距離) 8番人気11着

前走は内枠で自分のレースができず、参考外で良いでしょう。

厳しい経験をした分、今回は外に入れば気分よく走れる可能性も上がり、巻き返すチャンスは十分ありそうです。

・タテヤマ

血統 エーピーインディ系×Pサンデー系

前走 1600万下(同距離) 4番人気1着

先行できるようになって成績が安定。

ただ、いきなり重賞でやれるかどうかは別問題で、ダートはなかなか即通用しづらいので厳しいのではないでしょうか。

・キングズガード

血統 エーピーインディ系×リファール系

前走 JBCスプリント(同距離) 6番人気6着

能力的にはここなら上位でしょう。

脚質に幅がなく信用するには怖い馬ですが、人気薄で差しが決まるレースなら狙ってみるのもアリでしょう。

・ハットラブ

血統 キングマンボ系×Pサンデー系

前走 OP特別(短縮) 5番人気中止

前走はスタートで体勢を崩して落馬。見た目のローテは短縮ですが、まともに走っていないので短縮の効果はない…よね?

血統的にも強調材料はとくにありません。

・ダノングッド

血統 ミスプロ系×ストームバード系

前走 OP特別(短縮) 9番人気10着

能力的にはちょっと落ちるかも知れませんが、春にこのコースを短縮ローテでビシっと激走しています。相手は強くなりますが、ハマれば面白い1頭でしょう。

・ブラゾンドゥリス

血統 ヴァイスリージェント系×ロベルト系

前走 OP特別(短縮) 8番人気14着

一時期は重賞級の相手にも善戦していましたが、最近はリズムが悪いですね。

短縮ローテでもちょっと推しづらく、鞍上(藤田菜七子)効果もあってある程度人気も集めそうなので買いづらい。

・オウケンビリーヴ

血統 ヴァイスリージェント系×サンデーサイレンス

前走 地方重賞(短縮) 2番人気2着

ネロには2戦2勝、ラビットランにも先着…え、なんでこんな人気ないの?

勢いもあり短縮ローテ。人気薄なら本命決定かな。

総評

短縮ローテのボックスでも儲かる可能性があるくらい、これまで短縮ローテが走っています。

今年は上位人気馬が信用しにくいうえに軒並み同距離ローテなので、大荒れがあってもおかしくない気もしますね。

私の言ってしまったことで、今年はガチガチに決まる可能性が3割増しになりました(/ω\)

中日新聞杯の傾向です。

【2018】中日新聞杯の傾向
今週末に行われる中日新聞杯の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 中日新聞杯の傾向 このレ...
スポンサーリンク

フォローする