馬券術講座

馬券術講座

距離短縮は有利なのか?短縮馬の狙い方

競馬では距離短縮ローテが有利と言われます。距離短縮ローテとは、前走より今回の方が走る距離が短いということ。実際のところ、短縮馬は有利なのでしょうか?また、有利ならどのような短縮馬を狙えばいいのかを考察しようと思います。
馬券術講座

予想が全く当たらないスランプが来たときはどうすれば良い?

競馬をしていると誰しもぶち当たる壁。それが、予想が全く当たらなくなるスランプです。同じような視点で予想しているにも関わらず、なぜか当たらない…今回は、その原因と対策を考えていこうと思います。
馬券術講座

穴馬の見付け方と考え方

あなたは本命党ですか?それとも穴党?馬券を当てるには本命党が有利ですが、競馬で勝つために本命党は不利になります。とはいえ、穴馬を見付けるのは簡単ではありません。今回は、私が予想する際に意識していることなどを交え、穴馬を見付ける判断材料を紹介します。
スポンサーリンク
馬券術講座

複勝をワイドにして回収率を底上げする

複勝だけで結果を残せている人は、ワイドにすることでより高い回収率を実現させることが可能になります。なぜなら、的中率と回収率は相反する関係にあるからです。この記事では、その意味を解説していきます。
馬券術講座

「Mの法則」の基礎

「Mの法則」とは今井雅宏氏が提唱する競馬理論で、競走馬の心身構造から好走を見抜きます。 しかし、その理論は非常に複雑難解で、使いこなすには相応の時間と労力を要するでしょう。 ここではMの理論の基本的な内容を紹介しますが、かく言...
馬券術講座

ハンデ戦は荒れやすいのか?

競馬のハンデ戦は、人気薄が人気馬を逆転できるチャンスが多く生まれることになり荒れやすいと言われますが、本当なのでしょうか?実際、ハンデ戦は上位人気が消えやすく、中穴あたりが好走しやすい。ただし、超大穴を狙い続ければ大負けするという傾向があります。
馬券術講座

重馬場のノーザンダンサー系は儲かるのか?

血統を予想に活かしている人なら、重馬場になるとノーザンダンサー系が穴をあけるという格言を聞いたことがあるでしょう。ノーザンダンサー系の血を持つ馬は雨で馬場が重くなればサンデー系を上回る能力を発揮する…一見理に適っているこの格言は、本当に通用するのでしょうか?
馬券術講座

競馬は後入れの偶数番枠が有利

競馬では馬番が偶数の馬が有利という事実をご存知でしょうか?そんなんオカルトやろ!と思われる方もおられると思いますが、ゲートに入る順番が違うだけで本当に成績に影響するのか、するとしたらどれだけ回収率に差が出るのか。過去のデータから検証してみましょう。
馬券術講座

競馬は逃げ・先行馬が圧倒的有利

「競馬は逃げ馬を買えば儲かる」と言われることがありますが、実際には「先行する馬を買えば儲かる」です。儲けるための立役者は人気薄の馬になりますが、なぜ競馬では先行すれば力の劣ると思われる人気薄の馬でも好走することができるのでしょうか?
馬券術講座

軍資金が少ないときの馬券の買い方を考える

競馬は資金力のある者が圧倒的に有利なゲームです。私を含め、一般的な競馬ファンは1レースに使える金額はそう多くないでしょう。それでも限られた資金で楽しむにはどうすればいいのか。今回は軍資金が少ないときに、どのように馬券を買うのが効率的なのかを考えていきたいと思います。
スポンサーリンク