【2018】CBC賞の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるCBC賞の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

CBC賞の傾向

開催時期がちょくちょく変わる迷惑なレースですが、傾向も掴みづらいです。

中京競馬場も以前は外枠が優勢だったものの、最近では内枠が優勢になりつつある気がしないこともありません。

このレースでも2015年以降は一桁馬番の馬が2頭絡むようになっています。14年以前は外枠がよく来ていましたし、近年の傾向のみ注目した方が良いかも知れません。

近年は完全に前有利な流れになりやすく、血統的にはサンデー系よりも米国血統が圧倒的に有利です。

他の1200m重賞と似たような傾向になっていると言えそうですね。

前走重賞組は不振ですが、その原因はイマイチ分かりません。

時期的に疲労が残りやすいのかも知れませんし、あまり強い相手と走っていない方が好走しやすいのかも知れませんね。

短縮組が好相性なので、OP特別からの短縮馬に注目です。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・ダイメイフジ

血統 ミスプロ系×Tサンデー系

前走 安土城S 3番人気1着

OP特別からの短縮組。

血統面でも問題ないですし、ちょっと逆らいづらいですかね。粗を探すとすれば、脚質でしょうか。

・アサクサゲンキ

血統 ストームバード系×ノーザンダンサー系

前走 葵S 1番人気5着

前走は出遅れが全てでしょう。

本来の先行策を取ればここも通用しておかしくはありません。

・ワンスインナムーン

血統 フォーティナイナー系×ミスプロ系

前走 函館SS 2番人気8着

前走は絶好の流れでも伸びあぐねていたのは久々が原因だったのでしょうか。

逃げたときに最高のパフォーマンスを発揮していますが、アクティブミノルの存在は厄介ですね。

番手でも問題はないはずですが、扱いに困る1頭です。

・セカンドテーブル

血統 ミスプロ系×サンデーサイレンス

前走 鞍馬S 1番人気4着

前走は2走前好走の反動か。交互のリズムで来ているだけに今回は注意しておきたいところですが、穴でこそのタイプだけに上位人気となると正直狙いづらい。

・ペイシャフェリシタ

血統 Tサンデー系×ダンチヒ系

前走 春雷S 1番人気1着

重賞でも通用する力はありますが、血統的にここではない気がします。どこかと言われると…どこでしょう?

・アクティブミノル

血統 ストームバード系×Pサンデー系

前走 鞍馬S 6番人気8着

とにかく強引に逃げる馬ですね。

今回は同型が多いので、スタート次第でどうなるかは分かりませんが、立ち遅れたときには無理やり主張して思わぬハイペースになる可能性も。

とにかくスタート決めてすんなりハナに立てるかどうかでしょう。

・ダイメイプリンセス

血統 リファール系×Tサンデー系

前走 韋駄天S 1番人気1着

当コースで激走馬を多数輩出するキングヘイロー産駒ですが、重賞レベルになるとどうでしょうか。

人気がないなら抑えてもいいと思いますが、私はおそらく評価はしないと思います。

・アレスバローズ

血統 ディープ系×グレイソヴリン系

前走 鞍馬S 4番人気5着

血統面では全く向いていないはず。これが来たらお手上げですね。

先行争いが激化して、展開がハマるくらいしか可能性はないと見ています。

・スノードラゴン

血統 グレイソヴリン系×Dサンデー系

前走 地方重賞 5番人気3着

10歳にしてなお頑張るスゴイ馬です。

とはいえ、さすがに前が残りやすいレースでは出番はなさそうですね。

・フミノムーン

血統 フォーティナイナー系×ミスプロ系

前走 春雷S 8番人気12着

血統面では魅力ですが、末一手の脚質では展開に恵まれない限り厳しいでしょう。

総評

先行馬が揃った印象ですが、そういうときは得てしてスローになりやすいもの。

人気どころが順当に走りそうな気がしますし、ダイメイフジの追い込みが僅かに届かず…に期待して馬連勝負などが面白いかも知れません。

スポンサーリンク

フォローする