【2018】セントウルステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるセントウルステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

セントウルステークスの傾向

阪神の高速開幕週なので、基本的には内が有利になると思いますが、なぜか8枠の成績が一枚抜けています。それでも個人的には内有利で考えたいですが。

脚質的にも前に行った馬が有利ですが、差し馬でも内枠なら悪くありません。高齢馬よりも若い馬の方が走りやすく、馬体重が500kgを超える大型馬の成績も優秀です。

軽い馬場でのスピード勝負なので、サクラバクシンオーが最も好走馬を多く出していますが、回収率は平均的で特筆して適性が高いとは言えないでしょう。

穴馬という点では米国型ノーザンダンサー系やダンチヒ系に注目で、Tサンデー系は馬券になったのは5頭中1頭でも、人気以上に好走している点が不気味ですね。

母父グレイソヴリン系や欧州型ノーザンダンサー系の成績が良いことからも、直線の坂によって単純なスピードだけでは乗り切れないのかも知れません。

出走馬の多くを占めるのが北九州記念組で、そこでの連対馬は11頭中2頭しか好走していません。前走を人気薄で好走した馬が多く、実力上位馬であれば連続好走も可能かも知れませんが、基本的には期待値は低いと言えるでしょう。

3~5着馬は16頭中5頭が巻き返し、3勝を挙げています。なかでも、2走前に好走してその反動で前走少し凡走しているタイプは狙い目となりそう。

6着以下だった馬は40頭中5頭が好走。巻き返した5頭は全て前走5番人気以内、そのうち4頭は2走前に好走しています。

全体的に似たような距離を使ってくる馬が多く、上手くガス抜きして人気を落としている馬が狙い目となるのは間違いなさそうです。

前走がアイビスSDだった馬は、そこで3着以内だった馬しか好走していません。

とくに前走でも上位人気だった馬の期待値は高く、少し間隔が空くのと距離が変わることで実力を発揮しやすいローテと言えるでしょう。

もちろん、4着以下でも相手関係などによって好走してもおかしくはありません。

前走G1からの直行組は22頭中5頭しか好走しておらず、回収率も悪いです。

馬券になった5頭中4頭は1番人気にもかかわらず、勝ったのは1頭だけ。1番人気に推されるほどの実績があるレベルなら好走出来ますが、前哨戦という意味合いも大きく、単勝では他馬に旨味が出ると言えそうですね。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・ファインニードル

血統 フォーティナイナー系×ネヴァーベンド系

前走 香港G1 4着

昨年は使われながら当レースを制覇後、本番で凡走。

好走する可能性は十分ですが、過去の例からも勝ち切れるかどうかは…というところです。

・ラブカンプー

血統 プリンスリーギフト系×ミスプロ系

前走 北九州記念 7番人気3着

前走は差し馬が上位を占めるなか、先行馬で唯一残っています。人気になりづらい馬が好走を続けて人気になると、大概は走らないことが多いですが果たして…

疲労が最大のポイントで、人気を考慮すると狙いづらいかなと思います。

・ダイアナヘイロー

血統 リファール系×ロベルト系

前走 北九州記念 1番人気7着

2走前はどん詰まりでノーカウントで良いですが、前走は走らなすぎでしたね。

上級クラスでは揉まれると力を発揮出来ないタイプなのか、走る気力がなくなっているのか。今回外枠で走らなければ、後者の可能性もあります。

・アサクサゲンキ

血統 ストームバード系×ノーザンダンサー系

前走 北九州記念 2番人気6着

血統的には良いですね。

前走はスタートを出ても前に行けず、馬が後方待機に慣れてしまっているのでしょうか。先行できれば怖い1頭だと思いますし、人気が落ちれば狙いたい。

・レジーナフォルテ

血統 ミスプロ系×ボールドルーラー系

前走 アイビスSD 4番人気4着

父・母父ともに米国色が強く、ちょっと違うかなという印象です。

・ネロ

血統 ストームバード系×サンデーサイレンス

前走 地方交流G3 4番人気2着

近走はダートを使っていますが、昨秋にも芝で重賞勝ち、今春も悪い内容ではありません。ダートを使った効果がプラスになるのかどうかは分かりませんが、相手には抑えておきたい1頭です。

・ラインスピリット

血統 ミスプロ系×グレイソヴリン系

前走 アイビスSD 9番人気5着

母父グレイソヴリン系は魅力で、近走も人気以上に頑張っていますね。

かと言って本命にするほど強調材料があるかと言われると微妙ですが、激走あっても不思議はないと思うので人気次第で考えたいと思います。

・アドマイヤゴッド

血統 Tサンデー系×ダンチヒ系

前走 OP特別 3番人気8着

重賞では3戦全て人気以上に好走。ハーツ産駒らしく、相手強化でパフォーマンスを上げています。ここも展開一つで好走可能では。

・グレイトチャーター

血統 プリンスリーギフト系×ストームバード系

前走 北九州記念 14番人気4着

前走は血統適性であわやの好走。

さすがに前走以上を求めるのは厳しそうです。

・アクティブミノル

血統 ストームバード系×Pサンデー系

前走 北九州記念 15番人気14着

近走から一変を望むのは…

総評

前走中央で連対した馬がいないメンバー構成。

ファインニードルが実績では抜けていますが、穴馬の出番があっても良いレースでしょう。

気になるのはアサクサゲンキ・ネロ・アドマイヤゴッドあたりですね。

紫苑Sの傾向です。

【2018】紫苑ステークスの傾向
今週末に行われる紫苑ステークスの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 紫苑ステークスの傾向 ...

京成杯AHの傾向です。

【2018】京成杯オータムハンデの傾向
今週末に行われる京成杯オータムハンデの注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 京成杯オータムハ...
スポンサーリンク

フォローする