【2017】チャンピオンズカップの傾向と展望

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるチャンピオンズカップの傾向と展望です。

スポンサーリンク

チャンピオンズカップの傾向

ここ数年で施行条件がコロコロ変わっているレースですが、中京開催になってからは内枠が圧倒的に有利になっています。

馬券になった9頭のうち、8頭が8番枠より内だった馬です。迷ったら内枠を買っておくと良いでしょう。

前走データは1800mになった過去9年で見ていこうと思います。

今回短縮組

今回短縮の馬は50頭中11頭が好走。

連対していた馬は20頭中8頭と率が上がり、中でも前走で先行していた馬が優秀です。

しかし、勝ち切った馬は1頭のみなので、頭では狙いにくいですね。

3~5着だった馬は17頭中3頭が好走。

こちらも好走したのは全て前走3角4番手以内と先行していた馬。

6着以下だった馬の好走例はありません。

人気薄も多いですが、人気馬でも大きく負けているので、体調的な要素が大きいかも知れません。

短縮組は基本的に先行できる馬の方が、ペースアップに対応できる可能性はあがると言えそうです。

今回同距離組

今回同距離の馬は43頭中10頭が好走。

連対していた馬は16頭中5頭が好走。ここでも前走3角4番手以内と先行している方が好走率が高いです。

いつも後方からレースをしている馬は少し割引が必要です。

3~5着馬は14頭中4頭が好走。

こちらも同じく好走馬は前走3角4番手以内でした。

6着以下だった馬は13頭中1頭が好走。

人気薄が多いですが、やはり好走したのは前走3角2番手と先行していた馬。

同距離組も、とにかく先行できるタイプを狙うのが得策です。

今回延長組

今回延長の馬は49頭中6頭が好走。他の組と比べて一枚落ちる印象です。

馬券になった6頭のうち5頭は前走1着馬。特に東京で速い上がりを使っていた馬に注目です。

延長組は一転、後方だった馬の好走が多いのが面白いですね。

チャンピオンズカップの展望

netkeiba上位人気の考察

1番人気はテイエムジンソク

父ヴァイスリージェント系×母父フォーティナイナー系で、前走は同距離のみやこステークスで2番人気1着。

ここにきてメキメキと頭角を現してきましたが、血統面ではそれほど強調できる材料はありません。

しかし、先行できる脚質は魅力ですし、内枠を引けば好走する可能性は十分。人気を考慮するとあまり狙いたくはないですが。

評価:C

2番人気はサウンドトゥルー

父ヴァイスリージェント系×母父Pサンデー系で、前走はJBC・クラシックで4番人気1着。今回は短縮です。

昨年も同じく短縮から戴冠しましたが、昨年は前走捲り気味に動いて3角では好位に取り付いていました。

今年は完全に後方待機で、昨年よりは力は出しにくいかと思います。

評価:C

3番人気はアウォーディー

父グレイソヴリン系×母父サンデーサイレンスで、前走はJBC・クラシックで1番人気4着。今回は短縮です。

こちらは先行できるタイプで、力を出せる状態であれば好走する可能性は高そう。

問題は今年に入ってからピリッとしない成績で、体調面がもう一つなのかという懸念はあります。人気を落とすようであれば狙いたいです。

評価:C

4番人気はケイティブレイブ

父Lサンデー系×母父レッドゴッド系で、前走はJBC・クラシックで3番人気2着。今回は短縮です。

脚質は問題なし。血統的にもダートで走っているのが不思議なくらいですから、このレースにも対応できそうです。

評価:B

5番人気はロンドンタウン

父Dサンデー系×母父マッチェム系で、前走は韓国のレースで1着。今回は同距離です。

ローテーションは特殊ですが、エルムSではテイエムジンソクを破っているように好走してもおかしくはなさそう。

他の出走馬が同じようなローテで来ている分、鮮度はこちらの方が高く有利になるかも知れませんが…ちょっとよく分からないです。笑

評価:C

注目馬ピックアップ

これといった注目馬は見当たりませんでした。

上位人気馬から内枠に入った馬を中心に買うことになりそうです。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする