【2018】中京記念の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる中京記念の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

中京記念の傾向

1600mで施行されるようになってから、今年で7回目となります。

中京の芝コース自体、傾向がコロコロ変わっているので特徴は掴みずらいですが、このレースに関しては逃げ残るのは困難なレースとなっています。

反対に普段は最も回収率が低くなる、後方からの追い込み馬の成績が最も良くなっています。

血統面ではサンデー系の出走数が多いため好走数も多いですが、母父が欧州型との配合馬の活躍が目立ちます。

逆に、ミスプロ系や米国型ノーザンダンサー系との配合はイマイチ。

直線が長く坂もあるコースで、馬力よりもスタミナを補完する配合が良さそうですね。

前走で重賞を使っている馬よりも、OP特別からのステップが安定感があります。

しかし、好走馬のほとんどは前走1着だった馬で、好調なタイプがそのまま走りやすいのかも知れません。

重賞組は逆に大敗していた馬の巻き返しの期待値が高く、とくに速い上がりで差し損ねていた馬に注意したいですね。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・グレーターロンドン

血統 ディープ系×ヘロド系

前走 京王杯SC 3番人気4着

大きいところを狙えるレベルだと思いますが、脚質的に不安定な成績となっています。

とくに積極的に買う要素も、嫌う要素もないですし、相手の1頭としては抑えておく必要はありそう。

オッズが低すぎれば逆張りした方が良いかも知れません。

・ウインガニオン

血統 Tサンデー系×ダンチヒ系

前走 安田記念 14番人気7着

昨年の勝ち馬で、このレースは同じ馬が人気薄で続けて走るリピーターレースと言う人もいます。そのため、変に人気するかも知れませんね。

良績が夏に集まっている馬で、直近の成績はあまり気にしなくても良いと思いますが、人気で買いたい馬ではありません。

・スマートオーディン

血統 Pサンデー系×リファール系

前走 エプソムC 6番人気12着

前走は2年振りのレースで、さらに非常に馬場が悪い状況で掛かり気味に逃げて大敗。

本来の力を考えれば、ここでは当然能力上位です。

一度叩いてレース勘が戻れば怖い1頭ですが、前走の走りで我慢が利かなくなる可能性も。

どちらにしても、人気で買うにはリスクがある馬です。

・ワントゥワン

血統 ディープ系×ノーザンダンサー系

前走 ヴィクトリアM 14番人気9着

前走は一線級の牝馬を相手に悪くない走りでした。

2走前も圧倒的前残りレースだったので力負けということではなく、差しが決まる流れになれば重賞を勝つチャンスはあるでしょう。

末脚の魅力はあるとは言え、やはり追い込み馬は人気との兼ね合いになります。

・ロジクライ

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 マイラーズC 3番人気7着

前走は案外な結果でしたが、力があるのは間違いありません。

速い上がりは使えないので、上りの掛かる競馬になって欲しいところですね。

ただ、血統面ではあまり相性の良くない母父ミスプロ系なのが気になります。

・フロンティア

血統 Pサンデー系×グレイソヴリン系

前走 NHKマイルC 12番人気7着

ダイワメジャー産駒は苦戦していますが、古馬になってパフォーマンスを落とす馬が多いため、これまでサンプルは当てにならない気はします。

母母はステイゴールドを輩出した名牝で、初古馬との対戦で底力を発揮するかも。

・リライアブルエース

血統 ディープ系×ヌレイエフ系

前走 京王杯SC 6番人気6着

前走は直線で窮屈になり、スムーズならもう少し上位にいた可能性もあります。

延長で前走よりも追走は楽になる分、パフォーマンスを上げてきてもおかしくないでしょう。

・ブラックムーン

血統 フォーティナイナー系×ニジンスキー系

前走 安田記念13番人気16着

昨年は1番人気3着。人気を裏切り適性がズレていると見るのか、好走する適性があると見るのかですね。

完全に追い込み一辺倒で、展開がハマるかどうか。

昨年の好走馬でここまで人気が落ちるなら、激走に賭けるのも悪くないか。

・ダイメイフジ

血統 ミスプロ系×Tサンデー系

前走 CBC賞 1番人気11着

前走はスプリント戦の忙しい流れが合わなかったとのこと。

今回は追走は楽になりますが、距離延長が得意な血統ではなさそうなので微妙です。

・ガリバルディ

血統 ディープ系×ミスプロ系

前走 マイラーズC 11番人気4着

一昨年の勝ち馬です。

前走4着とは言え、強豪3頭には離されたものであまり評価はしづらいですね。

伸びしろがある年齢でもないので、さすがに厳しい気はします。

総評

追い込みが利きやすいとは言え、追い込み馬を本命にするにはリスクも高くなるので難しいレースです。

有力馬に追い込み馬が多いので、逆に前のマークが薄くなって前残り…という展開も有り得そうですからね。

人気馬があまり走っていないことから、実績よりも違うものが重要になってくる可能性が高いので、思い切って狙ってみたいレースです。

スポンサーリンク

フォローする