【1/13】危険な人気馬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




1/13の危険な人気馬です。

今年に入ってから危険な人気馬が(逆の意味で)絶好調。元々は能力があると思われているだけに走られても仕方ないですが、こうも連続で走られるとちょっと凹みます。

スポンサーリンク

危険な人気馬

中山5R…ダノンチャンス

近2走の逃げはともにテンが33秒台と速いですが、前走逃げた馬も多く、前半に競り掛けられる可能性があります。

前走の相手も強かったとは思えず、逃げられなければあっさり沈んでもおかしくはなさそうですね。

中山7R…ワイルドゲーム

特殊条件の中山ダ2400mというだけで1番人気は信用しない方がよさそう。

能力が高いわけではなく、押し出された1番人気なので特殊条件によってパフォーマンスを上げる馬にやられる可能性が高そうです。

どの馬がパフォーマンスを上げるのかが読めませんが…

中山8R…フラインシスダイゴ

前走は内を上手く立ち回れたことによる2着。距離ロスが大きかった分、実質的にはミスパイロののほうが強かったのではないでしょうか。

地方へ移籍する前は500万下でも通用しなかっただけに、前走だけで信用はしにくいです。

京都1R…ブルーノバローズ

ジャスタウェイの母父はダート血統のワイルドアゲインですが、今のところジャスタウェイ産駒のダート成績はパッとしません。

買うにはリスクの高いダート替わりということですね。

京都12R…セルバンテスカズマ

3走前にはジュエアトゥー(推定3番人気)に2馬身離され、2走前はツウカイウイング(推定10番人気)に0.3秒先着。

この戦績で推定1番人気はいささか過剰気味ではないでしょうか。しかも、今回は最内枠を引いたこともマイナスになります。

ミルコ・スペシャル(出遅れ)が発動すれば着外待ったなし!!

危険な人気馬の成績

※2018年9月~2019年1月6日

有料noteのお知らせ

これまで危険な人気馬として取り上げてきた馬で、実際に4着以下に沈んだ馬についてまとめたnoteを作成しました。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

危険な人気馬の判断材料をまとめたnote(有料)を作成しました
いつも極・競馬塾をご覧いただきありがとうございます。 今年の9月頃から、新馬・障害戦を除くレースで推定1番人気の取捨をブログで公開してきまし...
スポンサーリンク



フォローする