【1/26】危険な人気馬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




1/26の危険な人気馬です。

今週から東京開催となりますが、内外どちらが有利になるのか分かりませんので、最初は見に回るかどちらかの決め打ちで穴狙いするかが良さそうですね。

スポンサーリンク

危険な人気馬

東京5R…イサク

開幕週から差しが決まるケースが増えてきましたが、内有利を想定すると外の差し馬は危ないです。外伸び馬場だとしたら…

東京12R…ソロフレーズ

34秒を切る上がりを連発し、一見切れるようにも見えますが、それらは高速馬場の東京か速い上がりが出る新潟でのもの。

自身最速の上がり33.3秒を使ったときは5着と馬券外に敗れており、血統的には決して軽い芝でこそ…というタイプではありません。

中京1R…グラスミルキー

前走は12番人気での激走・父ワークフォース・上がりの掛かるレースでスタミナが活きたという印象で、ここで買いたくなる要素は見当たりません。

中京2R…セイウンクロノス

前走は展開不向きでしたが、短縮後の延長ローテで同様の脚が使えるかどうかは疑問。これまで真ん中より外の枠に入っており、今回初の内枠も悪影響になるかもしれません。

中京9R…ロードダヴィンチ

母系はダート血統で馬格もあるため初ダートでも走れる可能性はありますが、1番人気で買うにはリスクが高く、適性が合わないほうに賭けるのが筋でしょう。

中京10R…レッドルゼル

前走はダート替わりで持ったまま大差の大楽勝。

相手が弱かったのもありますが、走破時計は上々。いきなり通用しても全く不思議ないとはいえ、厳しいレースをしていない分クラスが上がると戸惑う可能性も。

それならダート血統の厳しい経験をしている馬を狙うほうが面白いと思います。

中京12R…デルタバローズ

重賞3着の実績はありますが、当時は延長で凡走後の短縮という好条件。

前走は昇級初戦で3着ですが、完全な差し決着だったのでフラットな条件で果たしてどこまでやれるのかは未知数です。

京都11R…ロードエース

ダートは芝に比べると昇級馬の成績は悪く、昇級初戦・内枠を人気で買うのはリスクが高いですね。現級で経験を積んでいる馬を上位に考える方が無難では。

京都12R…テイエムチェロキー

前走が久々の逃げで激走。現級勝ちがあるとはいえ、気分よく走れた前走からプラスになる要素が見当たらないため、人気だと買いたくないタイプです。

最内枠というのも、逃げられなかったときにマイナス材料となります。

危険な人気馬の成績

※2018年9月~2019年1月19日

スポンサーリンク



フォローする