【2/17】危険な人気馬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2/17の危険な人気馬です。

明日はいよいよ今年最初のG1・フェブラリーS。圧倒的な強さで連勝してきたインティは果たして7連勝でG1制覇となるのか、非常に楽しみな一戦ですね。

スポンサーリンク

危険な人気馬

「1」…とくに嫌う要素のない馬

「微」…危険とまでは言い切れないが微妙な馬

「危」…危険な人気馬

京都2R…ホウオウライジン

母系はディープインパクトを輩出したウインドインハーヘア一族。

父がキングカメハメハとはいえ、ダート替わりが歓迎とはならないでしょう。内枠に入ったのもマイナスです。

京都3R…アイメイドイット

内枠に入ったときは大敗しており、かなり揉まれ弱い可能性もあります。前走のパフォーマンスもそれほど高いとは思えず、信頼はできません。

京都8R…ドラグーンシチー

メンバーは低調ですが、この馬自身が現級で好走したのは延長ローテのとき。

短縮が苦手な可能性もあり、休養明けを好走した反動も気になるところです。

京都9R…フランツ

少頭数とはいえ信用はできないタイプですね。

小倉3R…オメガダヴィンチ

小倉はペースが流れれば差しも決まる馬場に見えますが、基本的には内有利だと思います。

外々を回らされると届かないリスクは高そう。

小倉7R…スターリーステージ

全兄にミッキーアイルがいますが、現状は実力より人気が先行している感じですね。母父ダンチヒは小倉に好相性なのでこなせるかどうか。

小倉10R…ウスベニノキミ

好走したときは少頭数や外枠でのレースが多く、小回り多頭数の内枠では力を発揮できない可能性が高いのでは…と思います。

危険な人気馬の成績

スポンサーリンク

フォローする