穴馬の見付け方と考え方

馬券術講座

あなたは本命党ですか?それとも穴党?

馬券を当てるには本命党が有利ですが、競馬で勝つために本命党は不利になります。もちろん、不利なだけであって勝てないというわけではありませんが、大きく勝つには大きな資金が必要です。

競馬で勝つには、人気薄の穴馬を見付けられるかどうかが重要です。穴馬といっても、人気のない馬のことではありません。

穴馬とは、人気はないが好走する力のある馬のことです。ただ人気のない馬を買っていても、平均以上に負けてしまう可能性が高くなります。

とはいえ、穴馬を見付けるのは簡単ではありません。人気がないのは近走凡走ばかりしている馬が多く、ただ弱いだけの可能性が高いからです。

今回は、私が予想する際に意識していることなどを交え、穴馬を見付ける判断材料を紹介します。

スポンサーリンク

血統は秘めた才能を予想するツール

私が予想する際に軸としているのは、血統です。

きっかけは、ディープインパクトが敗れた凱旋門賞で、亀谷敬正という人がディープは99%負けると宣言し、その理由が血統によるものだったから。

実際にディープは敗れ、亀谷氏が推奨するレイルリンクが優勝した衝撃は忘れられません。まさに、カメタニインパクト!(何それ)

それ以来、私は亀谷氏のコラムや書籍を読み、血統を予想に取り入れるようになりました。

あれから10年以上が経過しましたが、血統は時代とともに変化していくので、まだまだ分からないことはたくさんあります。

血統の重要性

血統は、未知の才能を予測するのに最も適したツールです。

毎年のようにディープインパクト産駒が高額で取引されるのも、血統が将来走る可能性を予測させるからに他なりません。2017年には、ディープインパクト産駒が5億8,000万円の超高額で落札されたことが話題になりましたね。

実際に、良血馬は大レースでも多数活躍しています。

JRAで2017~2019の3年間に行われた、芝のG1は全部で65レース。そのうち、約半数の30勝を、ディープインパクト・ハーツクライ・ロードカナロアの産駒で占めています。

もはや、これらの良血馬には降参するしかないのでしょうか…?

もちろん、そんなことはありません。

むしろ、ディープインパクトは優秀すぎるがゆえに、馬券的には美味しい思いをすることだってできるのです。

血統で適性を見極める

ディープインパクト産駒は、芝のG1レースでは猛威を奮う一方で、ダートのG1レースでは2018年にようやくアンジュデジールがJBCレディスクラシックを制したくらい。そもそも、ダートG1に出走できるディープインパクト産駒が少ないのです。

なぜ、あれだけ芝で強いディープインパクト産駒が、ダートではこのような成績になるのか?

それは、ディープインパクト産駒は芝の主流レースで走る才能に溢れる一方、非主流のダートを走る才能がほとんどないからです。

同じことは、海外競馬でも言えます。

日本のトップクラスが凱旋門賞で勝てないのは、基本能力の差ではなく、海外のレースに対する才能が劣っているから。逆に欧州の一流馬がジャパンカップであっさりと負けるのも同じく、東京の芝を走る才能が劣っているからですね。

ほとんどの競走馬は、どこかに秀でた才能がある分、どこかの才能は欠如しているのです。稀に、才能に満ち溢れたスーパーホースも誕生しますが、それは例外と考えましょう。

既に実績のある舞台に適性があるのは素人でも分かります。

しかし、血統は初ダートや距離変更、前走との条件変化で激走する可能性がある馬を見つけ出すときに、非常に有効なツールになります。

デビューから芝で3戦連続2着に好走し、初めてダートに出走してきた馬は、間違いなく人気になるでしょう。しかし、血統を見ればダートの才能がある馬なのかどうかを判断することができます。

父ディープインパクト・母父トニービンという血統なら、その馬は初ダートで凡走する可能性は高いと考えられるでしょう。

もしダートの才能がない血統であればその馬は危険な人気馬となり、高配当を呼ぶ使者になってくれますね。

血統だけで100%見抜くことはできませんが、少なくとも成績だけで飛びつくような愚行は避けることができるはずです。

穴馬を狙うポイント

それでは、実際に穴馬を狙うポイントを見ていきましょう。

血統は穴馬を見付けるのに有効なツールですが、血統だけで全てを判断するのは難しいです。

色んな要因を加味して穴馬を見付けるわけですが、穴馬と人気馬では基本的に評価の仕方を変える必要があります。

穴馬はプラス材料を探す

穴馬を選ぶときに、最も重要なのが「穴馬はプラス材料を探す」ことです。

人気のない馬は、近走の成績が悪い・調教が良くないなどの悪材料が多いから人気がないわけで、そんな馬のマイナス材料なんて探せばいくらでも出てくるでしょう。

そんなことはやるだけ無駄でなので、それよりも穴馬はプラス材料に目を向けます。

プラス材料の全くない人気薄は、ただの弱い馬である可能性が高いです。しかし、プラス材料と言ってもどうやって見付ければいいのか…

それは経験がものをいいますので、たくさんの予想を繰り返し、たくさんのレースを見て学んでいくことが必要です。

一例として、以下のようなことが挙げられます。

  • 過去に好走実績のあるコースへの条件替わり
  • 得意なローテーション(短縮・延長など)
  • 今回有利な枠・脚質
  • 前走10着でも高レベルレースで着差は0.5秒程度
  • 好凡走のリズムが一定で、今回好走のリズム

どれだけ考えても、毎回好走してくれることはありえません。しかし、トータルの回収率が100%を超えれば馬券収支はプラスになるのです。

穴馬を狙っていれば、3着以内に好走する確率はせいぜい20~30%がいいところでしょう。勝率では10%あるかないかというレベルになると思います。

勝率が10%なら、平均して単勝10倍以上の馬をピックアップできればプラスになりますね。ちなみに、2017~2019年10月までの時点で、私の本命馬の勝率は6.7%でした。(低すぎる…)

この期間、残念ながら本命馬の単勝回収率は99%と100%に届いていませんが、これだけ低い勝率でも平均以上の回収率を記録しています。

ある程度、穴馬のプラス材料を見付けられていると言えるのではないでしょうか。(自画自賛)

人気馬は疑え

人気馬の場合は、逆にマイナス材料を探します。

人気馬は成績が良かったり、実績のある馬が多いので素人でも強いことは分かります。そんな馬のプラス材料を探したところで、強いことに変わりはありません。

しかし、競馬にはアクシデントが付きものです。

競走馬も、いつでも100%の力を発揮するわけではありません。

そのようなリスクは、人気馬・人気薄関係なく同様に発生します。むしろ、人気馬はマークがきつくなる分、人気薄よりリスクが高いとも言えます。

本命党が勝ちにくい原因は、こういったリスクによるものです。

強い馬でも落馬することもあります。怪我をして競走中止になることもあります。

そんなとき、リターンの低い本命党は一度のしくじりが大きな損失となるため、トータルでは勝ちにくくなってしまうんですね。オッズとリターン(リスク)のバランスが、釣り合わないのです。

いつかしくじり先生の教師として教壇に立つことができるでしょう。(?)

とはいえ、1~3番人気のいずれかが3着以内に入る確率は約90%ほどあるので、全ての人気馬を切り捨てては、当たるものも当たらなくなりますね。

最もリターンが大きくなるのは、1番人気が消えるレースです。

1番人気の不安材料を探し出し、そのリスクに見合わないオッズだと思えば、他の馬から勝負するだけで、これまでより良い結果になる可能性だって十分ありえます。

まとめ

競馬は参加者同士でお金を奪い合うゲームです。

他の人が買えないような馬で的中させれば、それだけ見返りが大きくなります。

人気薄を買う判断材料は、他人の批判を気にする必要はありません。むしろ、ナにイッテンダコイツ?…と思われるくらいで丁度いいかもしれません。

自分で納得できる理由を見付け、それを信じて予想するだけです。

あまりにも結果が伴わないときは予想の仕方を変える必要がありますが、簡単に穴馬が選別できるようにはなりません。

失敗と反省を繰り返し、それを活かして努力できる人だけが、競馬で儲ける資格があるのではないでしょうか。

コメント