競馬で勝つためには、期待値の仕組みを知ることが重要

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競馬をはじめ、ギャンブルで勝つためには期待値の概念を理解する必要があります。

多くの人はギャンブルで負けていますが、そのほとんどは期待値とは何かを理解せず、運任せでギャンブルをする結果、負けてしますのです。

本人は運任せとは思っていないかも知れませんけどね。

期待値の仕組みを理解したからと言って必ず勝てるわけではないですが、少なくとも、ギャンブルで勝っている人は期待値を理解していることは間違いありません。

スポンサーリンク

期待値とは

期待値(きたいち、英:expected vallue)は、確率変数の実現値を, 確率の重みで平均した値である。

例えば、ギャンブルでは、掛け金に対して戻ってくる「見込み」の金額をあらわしたものである。

ただし、期待値ぴったりに掛け金が戻ることを意味するのではなく、各試行で期待値に等しい掛け金が戻るわけではない。

出典元:wikipedia

まぁ、意味が分かりませんよね。

私もこんな書き方されても理解できません。

期待値は、コインゲームで考えれば簡単です。

コインゲームで期待値を理解しよう

このコインゲームの参加費は1,000円です。

表が出れば3,000円が貰えますが、裏が出れば何も貰えません。

裏表の出る確率は、もちろん50%です。

そして、このゲームには何度でも参加することができます。

さて、この条件でなら、あなたは参加したいと思いますか?

参加するとしたら、何回くらい参加して止めることを考えますか?

直感でも参加すると即答できる人は、簡単に期待値を理解できるかも知れません。

一方、裏が続けて出ると損するなぁと考えてしまった人は、なかなか納得できないかも。

この条件であれば、私は参加し続けられる限り参加し続けます。

それこそ、相手がもう止めてくれ…と言うまでです。

期待値がプラス

なぜなら、この条件なら期待値がプラスになるからです。

コインの裏表が出る確率はともに50%なので、2回に1回は表が出ることになります。

2回参加するには2,000円が必要ですが、その見返りは3,000円ですよね。

つまり、確率的には2回参加すれば1,000円の利益が出ることが分かります。

1回あたりの利益は+500円ということになり、この+500円がこのゲームの期待値です。

もちろん、運が悪ければ裏が連続することもあり、そのときの実収支はマイナスとなります。

しかし、期待値がプラスなら、それを繰り返すうちに収支はプラス域になるのです。

期待値がプラスなら勝てる理由

コインゲームの結果は、前回の結果によって左右されることはありません。

前回が表だったら、次は裏が出る(出やすい)なんてことはありませんよね。

このような現象は完全確率と呼ばれ、1回1回の事象が独立した結果によるものなので、独立事象とも言います。

完全確率では、短期的には確率が偏ることはあっても、数をこなせばこなすほど、本来の確率に収束していく性質があります。

今回のコインゲームであれば、50%に近づくということですね。

50%の確率で裏表が出れば、1回あたり500円の利益が期待できるこのゲームは、数をこなすほどに利益が増えていくことになります。

期待値が+500円なら、100回やれば50,000円。

1,000回やれば500,000万円の利益が見込めるのです。

だからこそ私は、この条件なら相手が止めてくれと言うまで参加し続けると言ったのです。

大数の法則

短期的には偏っても、数をこなすほど本来の確率に収束していく現象を、大数の法則と言います。

きっちり半々の50%になるわけではありませんが、限りなく50%に近づきます。

例えば、10回の試行で表2回・裏8回だった場合は20%:80%です。

これが50回の試行で表40回・裏60回になれば、40%:60%になります。

最初は裏表に6回の差があるだけで大きな違いがありますが、数をこなせば20回の差でも50%に近づくことが分かります。

1,000回も試せば、表450回と裏550回になっても、45%:55%で50%に近づきます。

1,000回繰り返して表が300回・裏が700回ほど乖離するケースは、無いとは言い切れませんが非常に稀と言えるでしょう。

そして、10,000回と数を増やせば、乖離する可能性はさらに低くなり、裏表が出る確率が50%に近づくことは、なんとなくイメージできるのではないでしょうか。

仮に、1,000回の試行で表400回・裏600回と50%とは多少乖離したとします。

それでも、コインゲームの参加費は100万円に対し、表が出て受け取れる金額は120万円となり、収支はプラスになります。

期待値が大きいほど、本来の確率とは乖離しても勝ちやすいと言うことですね。

逆に、期待値が低ければ、かなりの数をこなして本来の確率に収束させなければならないので、理論的には勝てるとは言え、多少運の要素が絡んでくるとも言えます。

スロットは勝ちやすい

競馬をする人は、スロットもする人が多いでしょう。

スロットでも、期待値がプラスであれば勝てるのでしょうか?

結論から言えば、勝てます。

とくに、スロットは他のギャンブルに比べて、圧倒的に勝ちやすいです。

勝ちやすいとは言え、他に比べてなので適当にやっていては勝てませんよ。

スロットが勝ちやすい理由は、控除率が低いことと、相手が機械だからです。

控除率が低いということは、胴元が得る手数料が少ないとも言えるので、その分プレイヤーに還元される金額も多くなります。

また、スロットは機械で毎ゲーム一定の確率で抽選を繰り返し、その抽選は完全確率。

つまり、前回の結果に左右されることはありません。

その結果、期待値がプラスの状態で打つことができれば、あとは数をこなすだけで収支がプラスになるのは明白ですね。

スロットで勝つには、ひたすら期待値がプラスの台を打つだけでいいのです。

スロットに関しては、こちらのサイトで詳しく解説しています。

最近のスロットは勝てない…そんな風に思ってこの記事に辿り着いた人は多いのではないでしょうか。この記事を読めば、あなたは今後負けなくなる…かも知れません。(負けないとは言っていない)スロットは、普通に打っていてはまず勝てません。なぜなら、そう

スロットの期待値

スロットの期待値は、台ごとの大当たり確率・千円あたりの遊技数・大当たりの平均出玉などの条件によって、各台ごとに算出されます。

スロットでは高設定か天井に近い台・もしくはゾーンに近い台であれば、期待値がプラスになります。

すでに各設定ごとに抽選確率が決まっているので、期待値を算出するのもさほど難しくありません。

収束までの時間

コインゲームでは、裏表しか結果がないので少ない試行でも収束しやすいです。

しかし、スロットの抽選はそんな単純な確率ではないので、良くも悪くもブレやすいです。

確率がブレるということは、本来の確率に収束するまでに、多くの試行回数が必要になるということ。

そのため、期待値がプラスの台を打っていても、運が悪いと短期的には大きく負ける可能性もあります。

それでも短期的な結果は気にせず、淡々と期待値プラスの台を打てば、いずれ収支はプラスになる可能性が高くなるのです。

実際にスロットで稼いでいる人は、思っている以上に多くいると思いますよ。

競馬の期待値

では、競馬の期待値がプラスになる条件とはどのようなものでしょうか。

結論から言うと、競馬では期待値が確実にプラスになる条件は存在しないのではないかと思います。

これは個人的な意見なので、異論は認めますェん。(?)

コインゲームやスロットでは、抽選確率は決まっています。

しかし、競馬では生き物が走るので、確率が一定ではないのです。

同じメンバーが同じコースで走っても、そのときの体調や展開ひとつで、結果は毎回変わることでしょう。

まぁ全く同じ条件で走ることはありませんが、同じ結果になるとは誰も思わないはずです。

競馬で勝つための方法としてよく表現されるのが、単勝5倍の馬が5回に1回以上勝てるなら期待値がプラスだ…というものです。

しかし、実際は何回に1回勝てるなんて、どうやっても証明はできないですよね。

そのレースで勝ったとしても、結果論としか言いようがありません。

私は、競馬では確実に期待値がプラスである条件を見付けるのは不可能だと思っています。

そのため、期待値がプラスである可能性が高い条件(馬)を見つけ出すことが重要だと考えます。

毎回きっちり見付けられなくても、トータルでプラスになれば勝てるのです。

期待値がプラスである可能性が高い馬は、それぞれが自分の予想で試行錯誤しながら見付けていくしかありません。

競馬に数多くの予想理論があるのは、それだけ期待値の高い馬を探すが難しいことの裏返しではないでしょうか。

さらに、競馬は控除率が20~25%もあるので、競馬で勝つことは非常に難しいということも、納得です。

まとめ

一定の確率で抽選されるスロットやコインゲームなら、期待値は数値化しやすくプラスかどうかを判断するのは簡単です。

しかし、競馬に関しては一定の確率とは言えないので、期待値を数値化することは困難です。

オッズにも左右されるので、同じ予想理論がいつまでも通用するとも限りません。

競馬で勝つのはそれだけ難しいので、それを受け入れて研究するか、勝てないと割り切って少額で楽しむか。

間違っても、勝てないと分かっていて大金を突っ込むことだけは避けたいですね。

短期的思考と長期的思考について。

ギャンブルは短期的ではなく、長期的思考で考える
世の中にはあるギャンブルで、勝てる人と負ける人の違いはどこにあるのでしょうか? 知識や技術はもちろんですが、それ以前に、勝つ人と負ける...

控除率と技術介入について。

競馬の控除率と技術介入
競馬には控除率が存在し、そのために競馬で勝つのは非常に難しくなっています。 何も考えずに馬券を買っていては、まず勝てません。 で...

馬券を購入するほど、勝てない?!

馬券を買うほど控除率が収束して勝てない?!
馬券を買うほど控除率を除いた回収率に収束し、勝てなくなるという話を聞いたことがあるでしょうか? 競馬には控除率が20~25%ほど存在す...
スポンサーリンク

フォローする