【2019】フェアリーSの予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェアリーSの予想です。

先週は中山金杯の◎が1着、京都金杯は惨敗でしたが、平場のレースで◎が1.2.5.5着と人気以上に頑張ってくれました。

昨年途中から大スランプだったことを考えると、的中が続いたのは心理的に大きいですね。しかも、当時よりかなりあっさりと考えた予想で当たるのが、競馬の面白さでもあり難しさだなと感じます。

スポンサーリンク

フェアリーSの予想

このレースでまず注目する血統は父・母父問わずキングマンボ系です。

7番人気3着ダイワダッチェス(父ワークフォース)・11番人気1着ノットフォーマル(父ヴァーミリアン)・14番人気2着マイネエポナ(父キングカメハメハ)・10番人気1着ライジングリーズン(母父キングカメハメハ)と、人気薄でこれだけ走るのも凄いですね。

今開催でもキングマンボ系はよく走っているので、最注目血統であることは間違いありません。他に目立つのは、ダート的な要素を持つ血統。

ネオユニヴァースや(母父)ミスプロ系の激走も多く、馬力型でキングマンボ系と通じるものがあります。

出走馬の候補としては…

・エフティイーリス
・スカイシアター
・サンタンデール
・レーヴドカナロア
・ホウオウカトリーヌ

・アクアミラビリス
・メイプルガーデン
・アマーティ

この中でキングマンボを持っているのは赤字の馬。

タフな馬場状態で行われるため、短縮馬の成績も良いことから本命はエフティイーリスです。

父ルーラーシップに母父はダートもこなすフジキセキ。母は2歳でマイル重賞を勝ち、桜花賞でも2着のエフティマイア。早い時期から活躍する下地もあります。

問題は推定5番人気ということで、オッズが低くなる可能性があること。現時点の複勝下限が2.3倍なので、このままだと買うかどうか迷います。

その他のレース

中山3R

推定1番人気ファムファタルを危険な人気馬と判断、狙うはもちろん米国型血統です。

父米国型のなかでも、注目はヘニーヒューズ産駒です。このレースにはアカンダナパワーとファンタジオが出走。

同コースに短縮で出走してきたヘニーヒューズ産駒の成績は(3-1-3-6/13)で単勝回収率1090%・複勝回収率280%を記録。そのせいか、推定13番人気のファンタジオが前売りで3番人気となっています。(連系は売れていない)

好走率も高く、適性がかなり高いとは思いますが、今回は推定7番人気のアカンダナパワーを狙います。前走はまさに激走パターンの短縮ローテでしたが、スタートで立ち遅れて大外を回す大きな不利もありました。

新馬では好位に付けていたので、今回スタートが決まって好位追走できればあっさり勝ち切る力があっても不思議はないと思います。

中山5R

中山芝中距離はキングマンボ系とステイゴールド系を買えば当たる!!(可能性が高い)

狙いは推定9番人気・父ナカヤマフェスタのフォーティラブ。近2走は東京の軽い芝で上がり勝負に対応できず、持続力勝負になる中山非根幹距離で前進が期待できます。

京都8R

推定1番人気のマナローラを危険な人気馬と判断。

狙いは当然内枠から、ハーツ産駒のタイセイトレイルです。

前走は内がやや有利なレースで、大幅短縮で位置取りが悪くなったのも影響したでしょう。現級で差のない競馬ができているので、展開一つで上位争いは可能です。

推定5番人気ですが、購入はオッズと相談ですね。

京都11R

推定1番人気のイシュトバーンを危険な人気馬と判断。複勝圏はあっても、頭はないと見て勝負します。

現級で通用しそうな馬で、人気を落としている馬。そして米国型の血統を持つ馬に狙いを絞ります。

・二ホンピロヘーゼル
・ヴォーガ
・クライシス

本命は推定7番人気で母父ミスプロ系のクライシス

前走は前残りレースで参考外、昇級初戦の2走前に、推定3番人気のレイダーと0.2秒差で走っており、展開がハマれば好勝負できる可能性は十分。

意外と差しも届く京都ダートでの巻き返しに期待します。

1/12の危険な人気馬です。

【01/12】危険な人気馬
1/12の危険な人気馬です。 先週は推定1番人気がよく走り、ベタ買いで単複回収率100%超え。その中から走らない馬を選ぶのはちょっと難...
スポンサーリンク

フォローする