【2017】ファンタジーS・京王杯2歳S

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2017】ファンタジーSと京王杯2歳Sの傾向と展望です。

スポンサーリンク

ファンタジーSの傾向

枠的には中枠の成績が良いです。

2歳牝馬にとって、内枠で揉まれるのは精神的に厳しく、外枠は物理的にロスが多く不利になるため、相対的に中枠の好走馬が多くなるのでしょう。

脚質的にはセオリー通りに前に行ける馬が有利。

2週続けての大雨で馬場がめちゃくちゃですが、どちらにせよ前にいる馬の方が馬場の良いところを通れる可能性が高いです。

血統的には米国型ノーザンダンサー系や、ミスプロ系の好走馬が多く、2歳短距離戦での完成度が問われます。ただし、ミスプロ系(フォーティナイナー系は除く)は基本的に人気馬しか走っていません。

ディープ産駒も悪くないですが、母系が短距離血統である方が望ましいです。

前走新馬で勝ち上がった馬は、上位人気に推されている馬で圧勝しているレベルでないと通用していません。キャリアが豊富なほど成績が良い傾向があるので、新馬のみしか経験していない馬にはタフに感じられるようです。

ファンタジーSの展望

それでは、netkeibaで上位人気に推されている馬を見ていきます。

1番人気はアーデルワイゼ

父キングマンボ系×母父Pサンデー系で、前走はもみじSで2番人気2着。

新種牡馬エイシンフラッシュ産駒で祖母にビワハイジを持つ良血馬ですが、エイシンフラッシュ産駒は現状直線に坂のあるコースに良績が集中しています。

実際人気になるか分かりませんが、血統的にはあまり魅力は感じません。

評価:D

2番人気はアマルフィコースト

父Pサンデー系×母父サドラーズウェルズ系で、前走は中京2歳Sで1番人気1着。

ダイワメジャー産駒で母父が欧州型だと、あまり短距離で活躍しているイメージがありませんが、能力的には上位。

評価:C

3番人気はベルーガ

父Pサンデー系×母父ロベルト系で、前走は新馬で1番人気1着。

データ的には狙える新馬組で、父キンシャサノキセキも米国指向が強く、好走しても何ら不思議はありません。

評価:B

4番人気はコーディエライト

父Pサンデー系×母父ターントゥ系で、前走は新潟2歳Sで5番人気2着。

前走は特殊な展開で流れが向いた面が大きく、重賞2着を鵜呑みにはできない。しかし前に行ける強みは大きく、人気次第ならまだ妙味はあるかもしれません。

評価:C

5番人気はスズカフェラリー

父Pサンデー系×母父ヴァイスリージェント系で、前走は500万下条件戦を1番人気3着。

前走は直線でスペースがなく、少しフラフラしていた感じが見受けられます。まともなら着順は変わっていた可能性もありそうで、母系がこのレースに相性の良いヴァイスリージェント系。

前走の敗戦で人気を落とせば狙ってみたい1頭です。

評価:B

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

ペイシャルアスは母父タイキシャトルの影響が強いのか、1200mでも先行できるスピードの持ち主。キャリアも豊富で、前に行ける強みもあり、人気がないなら注目しておきたい。

京王杯2歳Sの傾向

枠的には圧倒的に内が優勢です。先週の馬場状態からどうなるかは読みづらいですが、天皇賞(秋)でも結果的に内が正解でしたね。

脚質的にはファンタジーSと同様、先行有利。直線が長いとは言え、2歳戦でそれほどペースが上がりにくいのも原因かも知れません。

血統的にはやはり米国型ノーザンダンサー系やミスプロ系、短距離指向のPサンデー系などが優秀。母父サンデーサイレンス(必然的に父が非サンデー系)も優秀です。

短縮馬の成績が優秀で、中でも前走3角5番手以内と先行している馬が良い。

逆に低調なのは同距離馬で、前走同距離で3着以下だった馬は28頭中1頭しか好走していません。(ただし、ほとんどが人気薄)

同距離でも前走連対していて、力のある馬なら特に不利とは言えないでしょう。

延長馬は前走人気を裏切って力を発揮できなかったタイプが狙い目です。

京王杯2歳Sの展望

それでは、netkeibaで上位人気に推されている馬を見ていきます。

1番人気はタワーオブロンドン

父ミスプロ系×母父ネヴァーベント系で、前走はききょうSで1番人気1着。

父Raven’s Passは聞いたことない種牡馬ですが、ダーレー生産馬でルメールが続けて騎乗していることから、素質がある可能性は高いですね。クラシック云々ではないですが、非主流レースで力を発揮する下地は整っています。

評価:B

2番人気はアサクサゲンキ

父ストームバード系×母父ノーザンダンサー系で、前走は小倉2歳Sで3番人気1着。

血統的には問題ありません。前走は差し決着を唯一前で押し切ったように、能力も確かですが延長に対応できるかどうかがカギとなりそう。

評価:C

3番人気はタイセイプライド

父ストームバード系×母父ダンチヒ系で、前走はダリア賞で1番人気1着。

こちらも血統的には適性はありそうですが、力関係がどうでしょうか。評価の難しい1頭です。

評価:C

4番人気はカシアス

父Pサンデー系×母父ダンチヒ系で、前走は函館2歳Sで1番人気1着。

血統・実績は問題なく、こちらも延長でどうかが焦点になるでしょう。

評価:C

5番人気はエイトシャイデン

父ディープインパクト×母父プリンスリーギフト系で、前走は新馬で2番人気1着。

短縮馬で前走3角9番手ですが、頭数を考えると後方というよりは中団の位置取り。いきなりの格上げで流れに乗れるかどうかがポイントですが、ディープインパクト産駒でも母父が短距離の名血なので対応できても不思議はありません。

人気次第では狙ってみるもの面白そうです。

評価:B

ここからは6番人気以下で気になる馬を…と思いましたがこれといった馬が見当たらず。

ニシノウララがローテ的には良さそうですが、ここまでのパフォーマンスを見る限り能力的にどうか。上位人気から絞りつつ、相手には抑えて来たらラッキー程度の扱いになりそう。

今週は3日間開催ですので、前半で負債が増え過ぎないようにしたいですね。笑

以上です。

スポンサーリンク

フォローする