【2018】フィリーズレビューの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリーズレビューの傾向

今週末に行われるフィリーズレビューの傾向です。

血統

人気薄で馬券になっている馬を見ると、アグネスデジタルブライアンズタイムスウェプトオーヴァーボードHarlan’s Holidayなど、ダートも走れる馬力型が目立ちます。

このレースは昔からダート的な要素を問われるレースとして有名で、ダート実績のある馬が度々激走しています。

枠・脚質

外枠の回収率が高く、外枠は不利にはならないと言えそうですが、外枠が有利となる要素があまりないので有利不利はあまり考えなくてもいいでしょう。

もしかしたら若い牝馬なので、内枠でゴチャつくことによって力を出しづらくなるかも知れません。

改修後に行われた11回のレースで、勝ち馬は先行馬5頭・追い込み馬6頭という珍しい結果になっています。ペース次第でどのようにでもなる難解なレースですね。

出走予定馬

主な出走予定馬の血統とローテーションから考察していきます。

アマルフィコースト

血統
父  ダイワメジャー
母父 Higt Chaparral

前走
ファンタジーS 1番人気1着

ファンタジーSからの出走は3頭のみで、いずれも人気薄で好走例はありませんが、当馬は阪神JFでも上位に来れる力はあったと思います。

父はサンデー系の中でも馬力型のダイワメジャーで、血統面でも悪くはないですが、母系がスタミナ型なのが不安点。好走しても不思議はないですが、人気で信頼できるかどうかは微妙なところです。

アリア

血統
父  ダイワメジャー
母父 トワイニング

前走
なずな賞 2番人気1着

前走条件戦連対馬は、43頭中10頭が好走。とくに延長馬以外が優秀な成績です。

前走から4週以内の出走が23頭中3頭に対して、5週以上空いている馬は20頭中7頭と、間隔が空いている方が有利になっています。格上げ戦になるので、前走では先行しているタイプが狙い目になります。

こちらもダイワメジャー産駒で、母父はダート血統のミスプロ系。馬格もあり、血統的にはアマルフィコーストより狙ってみたくなります。前走から多少間隔が空いているのもプラスです。

アルモニカ

血統
父  ロードカナロア
母父 ディープインパクト

前走
春菜賞 4番人気1着

条件戦連対組です。

父ロードカナロアはキングカメハメハ産駒で、ダートもこなせて不思議はない。前走は前傾ラップを押し切り、ここでも通用しておかしくはないでしょう。

馬格がないので、内で揉まれるのは良くないかも知れません。

アンコールプリュ

血統
父  ディープインパクト
母父 ウイニングチケット

前走
つぶわき賞 3番人気1着

条件戦連対組です。

血統面では合わず、前走短縮の位置取りショックで好走した反動は少し気になります。中京1400mとは同じ距離でも全く違うレースとなるでしょうから、人気するようならカモにしたい。

アンヴァル

血統
父  ロードカナロア
母父 フレンチデピュティ

前走
福島2歳S 1番人気1着

福島2歳Sからの出走は1頭しかおらず、参考にはならないですね。

血統面では父キングマンボ系×母父ヴァイスリージェント系の馬力型で、好位につけるスピードもレースセンスもありそう。

改修後に距離延長馬の好走例はありませんが、人気薄ばかりであることを考慮すると見限れません。ロードカナロア産駒は距離延長を苦にしないと言われるので、初の距離延長からの好走馬となる可能性はあるのでは。

イサチルルンルン

血統
父  パイロ
母父 ハウスバスター

前走
500万下 13番人気1着

条件戦連対組で、ダート実績のある馬力血統。

前走の激走がなければ面白い存在になりそうでしたが、追い込んでの激走は疲労が心配です。人気はないでしょうから、相手の1頭には抑えて損はないかと思います。

キャッチミーアップ

血統
父  ハーツクライ
母父 Fusaichi Pegasus

前走
クイーンC 14番人気13着

クイーンCで6着以下だった馬は、11頭中好走馬はなし。二桁人気で5.6着もいるので、警戒は必要かも知れません。前走先行からの短縮で位置取りショックがハマると面白そう。

しかし当馬は前走中団、2走前も後方からで、ペースアップについていけない危険性があります。

コーディエライト

血統
父  ダイワメジャー
母父 Out of Place

前走
阪神JF 6番人気13着

前走阪神JFで6着以下だった馬は、19頭中5頭が好走。巻き返したのは全て前走3角5番手以内だった馬で、9頭中5頭と高確率で好走しています。

当馬は前走3角2番手。例年差しが優勢になる阪神JFでは不利な脚質で、当然巻き返しに期待ができます。人気になりづらいタイプなので、妙味はありそうですね。

デルニエオール

血統
父  ステイゴールド
母父 メジロマックイーン

前走
500万下 5番人気1着

条件戦連対組です。

名馬オルフェーブルやドリームジャーニーの全妹。当然、血統的にはここには向きません。馬格もなく、走るとしてもまだまだ先になるのではないでしょうか。

トロワゼトワル

血統
父  ロードカナロア
母父 ハーツクライ

前走
エルフィンS 1番人気4着

エルフィンSで3~5着だった馬は、7頭中4頭が好走。サンプルは少ないですが、前走で力を出し切っていないタイプが有利になりそう。

血統的には1400mが合うかは微妙なところですが、母系にコジーンが入っているならこなせるでしょうか。実力的には上位で間違いなく、好走する可能性は十分です。

ビリーバー

血統
父  モンテロッソ
母父 ネオユニヴァース

前走
クロッカスS 9番人気6着

クロッカスS組は3頭しか出走しておらず、1頭が好走しています。

父・母父とも芝ダート兼用で、血統的には面白そうな1頭ですが、さすがに力不足でしょう。

マドモアゼル

血統
父  ブラックタイド
母父 Pivotal

前走
クロッカスS 4番人気5着

クロッカスS組です。

血統的には合いそうにないですし、りんどう賞ではアリアに先着していますが、当時はアリアが延長ローテに対してこの馬は延長後の同距離ローテ。今回は逆転される可能性が高いと見ます。

モルトアレグロ

血統
父  Speightstown
母父 Free House

前走
紅梅S 2番人気1着

紅梅S連対馬は4頭中好走例はなし。サンプルは少ないですが、OP特別の同距離だと相対的にストレスが強くなる可能性があります。

血統面では問題はなさそうですが、前走は短縮での好走でもあり、人気ほどの信頼はできない…かも。

ラテュロス

血統
父  ディープインパクト
母父 Touch Gold

前走
あすなろ賞 3番人気7着

条件戦で6着以下だった馬は、13頭中好走例はなし。

2000mから一気の短縮で追走に苦労するかもしれませんが、マイルで先行するスピードは見せているので、差しに回る位置取りショックが上手くハマる可能性はなくはない。

血統的には母系はダート血統ですが、父がディープインパクトであまり向くとは思えません。

ラブカンプー

血統
父  ショウナンカンプ
母父 マイネルラヴ

前走
かささぎ賞 1番人気1着

条件戦連対組です。

延長ローテはプラスとは言えず、間隔も詰まっているので厳しい一戦になりそう。平坦なコースの方が良さそうにも思えます。

レッドレグナント

血統
父  ロードカナロア
母父 クロフネ

前走
サフラン賞 1番人気1着

条件戦連対組です。

血統面では母系がバリバリのダート型で問題なし。ローテ的にも問題はないですが、前走で逃げた馬の短縮は基本的にあまり良くないことが不安材料です。人気がなければ抑えたい。

総評

かなり難解な一戦になりそうですね。

現時点のnetkeibaによる予想オッズの人気どころでは、コーディエライトを中心に見ています。人気薄ではアリアアンヴァルあたりに注目です。

スポンサーリンク

フォローする