【2018】フローラステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フローラステークスの傾向

今週末に行われるフローラステークスの傾向です。

注目ポイント

開幕週で行われるため、基本的には内枠有利です。

過去10年、8枠で馬券になったのは4頭でそのうち3頭は1.2.3番人気の馬。

6番人気以下で馬券になった11頭のうち、9頭が4枠より内の1桁馬番でした。

人気を加味しても、逃げ馬には厳しいレース。

3歳牝馬にとってはこれまでほとんど経験のないコースとなるので、しっかりと脚を溜めて末脚を活かせるタイプが良さそうです。

過去10年の勝ち馬は、父Tサンデー系が5頭にディープ・ハービンジャー・キングカメハメハ・タニノギムレット・メジロマックイーン(笑)と、明らかにスタミナ寄りの血統馬が走っています。

キングカメハメハはややスタミナに欠ける印象があるので、それほど相性は良くありません。

母系も欧州型ノーザンダンサー系やロベルト系などのスタミナ血統を持つ馬が強く、母父サンデーサイレンスがほとんど走っていない重賞レースです。

前走では条件戦を走っていた馬の相性が良く、桜花賞までのスピード競馬に向かなかったタイプに注目です。

なかでも前走1800m組が圧倒的に強いですが、面白いことに1800m組は4枠より内の馬しか好走していません。

5枠より外に入った延長馬は体力切れを起こすのか、26頭全てが馬券圏外でした。人気薄が多いこともありますが、内枠なら多く激走していることからも割引は必要でしょう。

また、前走では連対しているレベルでないと厳しいです。

なお、5枠より外で好走したのは同距離組で前走1番人気に応えた実力馬だったことは偶然ではないでしょう。

前走重賞組は大半がフラワーC組で、5着以内だった馬は15頭中5頭の好走とあまり奮いません。

とくに下位人気で激走した馬は危険なタイプになりそうです。

6着以下だった馬は10頭中2頭が巻き返していますが、ともに父サンデー系×母父欧州型ノーザンダンサー系で、タフな条件が歓迎なタイプだったと思われます。

出走予定馬

現時点でのnetkeiba人気上位10頭の、血統とローテーションから考察していきます。

 サトノワルキューレ

父  ディープインパクト

母父 Roi Normand

前走 ゆきやなぎ賞 4番人気1着

父ディープ系×母父ミスプロ系

史上稀に見る極悪馬場の京都で新馬勝ちし、前走はタフな阪神2400mを牡馬相手に完勝。

母父Roi Normandって聞いたことないなぁと思って調べてみたら、なんと1983年生まれの私と同い年であることが判明しました!(誰が興味あんねん)

…ミスプロ系ですが、母系にヘロド・セントサイモンが入っており、どちらかと言えばスタミナ寄りなところがサトノワルキューレに伝わっているのでしょうか。

ディープ産駒でも切れるタイプではなさそうで、この舞台は合うとは思いますが多頭数への対応ができるかどうかがポイントになりそう。

多少のロスはあっても、中枠くらいで揉まれずに走る方がいいかも知れません。逆にオークスでは切れ負けしそうなイメージですね。

 サラキア

父  ディープインパクト

母父 Lomitas

前走 チューリップ賞 4番人気4着

父ディープ系×母父ニジンスキー系

キャリア一戦の身で臨んだ前走は少し離された4着。

母系が欧州型なので、やはり切れる脚を使う感じではなさそうなので前走の上がり勝負では分が悪かったでしょう。

一定の能力はあるとは思いますが、キャリアの浅い馬を人気で買うにはリスクが大きいです。

 レッドベルローズ

父  ディープインパクト

母父 Unbridled’s Song

前走 ミモザ賞 1番人気1着

父ディープ系×母父ミスプロ系

クイーンCは内が残る馬場で大外を走ったうえに、直線でぶつけられるなど苦しい一戦。

前走は延長をこなしてきっちり巻き返し、ここも無理に嫌う必要はなさそうです。

 オハナ

父  ディープインパクト

母父 キングカメハメハ

前走 クイーンC 6番人気4着

父ディープ系×母父キングマンボ系

レッドベルローズと同じく、クイーンCでは外を回った分だけ2.3着争いに後れを取りました。

ただ、それを覆せるほどの抜けた力があるわけでもないと言えるので、展開一つで上位にも下位になりそう。

馬格がないのも少し気になります。

 センテリュオ

父  ディープインパクト

母父 エンドスウィープ

前走 君子蘭賞 1番人気2着

父ディープ系×母父フォーティナイナー系

ネオスターダム・トーセンスターダムの妹ですね。

兄2頭はともに重賞で内ラチにタックルをしでかす問題児でしたが、気性的にこの馬は大丈夫でしょうか。

前走も少し掛かり気味に見えるので、キャリア等含めてこの人気ならちょっと信用しづらいですね。

 ノームコア

父  ハービンジャー

母父 クロフネ

前走 フラワーC 4番人気3着

父ダンチヒ系×母父ヴァイスリージェント系

ハービンジャー産駒は当コースでも相性が良く、前走の反動だけが心配ですね。

人気薄なら抑えておかなければならないでしょう。

 レーツェル

父  マンハッタンカフェ

母父 Monsun

前走 きんもくせい特別 1番人気1着

父Tサンデー系×母父スターリング系

血統的には非常に向いていそうですが、約半年ぶりのレースとなるのがどうか。

もう少しキャリアを積んでいれば本命候補にも成り得たんですが…

 ヴェロニカグレース

父  ハービンジャー

母父 ジャングルポケット

前走 500万下 1番人気3着

父ダンチヒ系×母父グレイソヴリン系

ハービンジャー産駒で注意はしたいですが、2000m続きのローテーションは少し懸念材料。

前走、直線入口では勝てる手応えに見えましたが、伸び負けしましたね。

流れが厳しくなって浮上する…のか?

 ノーブルカリナン

父  ディープインパクト

母父 Smarty Jones

前走 フラワーC 6番人気7着

父ディープ系×母父ミスプロ系

前走はちょっとロスが多すぎたので、見直せる余地はあります。

ただ、母は短距離で活躍していた馬なので、このコースに適性が合うかと言われると少し疑問ですね。

 デュッセルドルフ

父  ノヴェリスト

母父 サンデーサイレンス

前走 500万下 2番人気1着

父スターリング系×母父サンデーサイレンス

新種牡馬ノヴェリスト産駒ですが、ちょっと重賞でやれるイメージが湧かないです。

総評

予想上位人気10頭のうち、ディープ産駒が7頭…

抽選対象ですが、注目したいのはハーツクライ産駒のアストラサンタン。

未勝利上がりですが、内枠で脚を溜めれば一発あってもおかしくないスタミナ血統馬です。

サンデーサイレンス系の特徴です。

サンデーサイレンス系の特徴
大系統サンデーサイレンス系 サンデーサイレンスは1988年に米国でデビューし、翌年にはアメリカ三冠レースのうち、ケンタッキーダービー・プリ...

ハービンジャー産駒の特徴です。

ハービンジャーは延長が得意?短縮は走らないのか?
今回はハービンジャー産駒の特徴について紹介します。 ハービンジャーはイギリスの競走馬で、伝統のG1キングジョージ6世&クイーン...

マンハッタンカフェ産駒を狙ったレースを紹介します。

Mの法則・実践編
Mの法則という理論をご存知でしょうか。 近年、メディアで大活躍の亀谷敬正氏が師匠と仰ぐ、今井雅宏氏が考案した理論です。 Mの法則...
スポンサーリンク

フォローする