【2018】府中牝馬ステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる府中牝馬ステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

府中牝馬ステークスの傾向

同じ東京競馬場の牝馬重賞であるヴィクトリアマイルに比べ、差しが決まりやすいのは時期による芝の状態が関係しているのでしょうか。

外枠の方が好走率は高めで、牝馬重賞では7.8枠に入った馬が勝ちやすい傾向もあります。距離的なロスよりも、揉まれずに走れることが牝馬にはメリットになるのかも。

非根幹距離が得意なマンハッタンカフェ産駒が好相性で、フレンチデピュティの血を持つ馬も走っています。

ディープ産駒はG1級でも勝ち切れないことが多く、前哨戦・非根幹距離という条件が影響しているのでしょう。人気で走ることは走るので、むやみに切るのは無謀です。

父以上に注目したいのは、母父サンデーサイレンスの馬。近2年は4頭出走していずれも馬券外ですが、全て人気以上には走っています。

スピード型のPサンデー系や瞬発力に劣るロベルト系は不振で、中心はディープ産駒・スタミナ型のTサンデー系となりそうですね。

前走格上のG1に出走していた馬はあまり信用出来ません。

G3で人気に応えている馬や、上位人気で人気より走らなかった馬、OP特別で好走している馬など、レースレベルが高くなく疲れの少ない馬の方が狙い目となりそうです。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・ディアドラ

血統 ダンチヒ系×Tサンデー系

前走 クイーンS 1番人気1着

前走は圧巻でした。

牝馬トップクラスの実力であることは間違いなく、嫌う要素はなさそうです。

・リスグラシュー

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 安田記念 6番人気8着

成績を見ていると、見事に自分の実力分(人気通りに)は走っている感じです。

こちらも特に嫌う要素はなく、鞍上交代がどのような結果になるか楽しみです。

・ミスパンテール

血統 Pサンデー系×ロベルト系

前走 ヴィクトリアマイル 4番人気5着

鞍上共々、人気で信頼はしづらいですが、ハマれば勝ち切るタイプである可能性も高く、頭で買うかバッサリ切るか…くらいの付き合いが良いのかも。

・ソウルスターリング

血統 サドラーズウェルズ系×スターリング系

前走 クイーンS 2番人気3着

前走は久々に馬券内になったとは言え、以前の力強さは感じません。

血統的にも東京で切れる脚を使えるタイプではないはずなので、それほど魅力はないですね。

・ジュールポレール

血統 ディープ系×ノーザンダンサー系

前走 ヴィクトリアM 8番人気1着

ディープ産駒ながら意外と人気にならない珍しいタイプですね。

ヴィクトリアMで3着・1着と力があるのは間違いなく、軽視するわけにはいかない存在でしょう。

・アドマイヤリード

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 ヴィクトリアM 2番人気4着

ヴィクトリアMを制した時のような勢いはないですが、人気薄なら一応の警戒はしておきたい。とくに内枠で脚を溜めれば上位進出もまだまだ可能でしょう。

・クロコスミア

血統 Tサンデー系×ボールドルーラー系

前走 札幌記念 11番人気8着

前走は先行馬に厳しい流れで、昨年のようにノーマークで楽逃げ出来るなら巻き返しても不思議はなさそうです。

・カワキタエンカ

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 ヴィクトリアM 10番人気14着

自分のペースで走ればしぶとく、今回クロコスミアとの兼ね合いになりそうです。

どうなるかは…走ってみないと分からない。

・フロンテアクイーン

血統 サドラーズウェルズ系×サンデーサイレンス

前走 クイーンS 4番人気2着

母父サンデーの注目血統。

無欲の追い込みに賭ければ、ここでも好走する力はあるはず。勝つことはないでしょうけどね。

・キンショーユキヒメ

血統 サドラーズウェルズ系×サンデーサイレンス

前走 小倉記念 10番人気9着

母父サンデーの注目血統。

昨年の結果から、上位馬とはやや力差があるかなとは思いますが、こちらも無欲の追い込みがハマれば…

総評

人気上位2頭は強力ですね。

両方走る可能性も十分ありそうですが、走ってみなければ分からないのも競馬。

謎の凡走で高配当が出る可能性もありますし、穴馬の激走に期待したいと思います。

秋華賞の傾向です。

【2018】秋華賞の傾向
今週末に行われる秋華賞の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 秋華賞の傾向 コース的には内...
スポンサーリンク

フォローする