【2018】富士ステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる富士ステークスの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

富士ステークスの傾向

二桁人気馬も複数回好走している波乱含みのレースですが、勝ち切るのは人気馬が多いですね。

ディープ産駒が走りやすく、とくに距離短縮馬は優秀。

また、リファールの血を持つ馬(ダンシングブレーヴ・キングヘイロー)も相性が良く、ディープの母父もリファール系です。

マイル戦ですが、Pサンデー系の成績は良くありません。フジキセキ産駒は好走していますが、フジキセキはリボーの血を持つ馬で、ジャングルポケット産駒やサドラーズウェルズ系が穴をあけているように、ややタフな血統の方が向いていると言えそうです。

波乱含みの要因の一つは、前走好走馬の成績が奮わないことでしょう。

前走5着以内だった馬のなかでも、同距離ローテがとくに成績が悪く、短縮馬はそこまで悪くありません。同距離ローテの前走好走馬は、強気に嫌って勝負した方が面白そうです。

前走6着以下では同距離ローテで割引は必要ありません。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・エアスピネル

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 マイラーズC 1番人気3着

大きく崩れることはなく、今回もそれなりに走ってくる可能性は高そうです。ただ、鉄板の存在かと言われるとそうでもない気はしますね。

・ペルシアンナイト

血統 ダンチヒ系×サンデーサイレンス

前走 安田記念 2番人気6着

休み明けは微妙なのか、昨年の当レースと中山記念は凡走して次走で巻き返しています。それ以外に嫌う要素はとくにありません。

・ジャンダルム

血統 サドラーズウェルズ系×サンデーサイレンス

前走 東京優駿 11番人気17着

父サドラー系はロゴタイプやライブコンサートが好走しています。

瞬発力ではサンデー系に劣るため、好位で粘りこめる展開になれば上位に来るかも知れませんが、上位2頭に比べると信頼度は低いかなと思います。

・ワントゥワン

血統 ディープ系×ノーザンダンサー系

前走 京成杯AH 3番人気2着

末脚に特化した馬ですが、近2走は展開も向いたのは間違いないでしょう。ローテ的に人気馬の中では最も危険なタイプだと思います。(でもモレイラ…)

・ロジクライ

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 京成杯AH 2番人気3着

厳しいペースで真価を発揮しますが、瞬発力勝負になると切れる馬にやられるタイプですね。血統面で強調する材料はとくにないでしょう。

・レッドアヴァンセ

血統 ディープ系×リファール系

前走 ヴィクトリアM 7番人気3着

父・母父ともにリファールを持ち、兄のクラレント・レッドアリオンも当レースで好走。適性面では非常に高い馬だと思います。

・ウインブライト

血統 Tサンデー系×グレイソヴリン系

前走 大阪杯 9番人気12着

小回りコースに実績のある馬で、東京の重賞では適性面で劣るのではないでしょうか。

・ハクサンルドルフ

血統 フォーティナイナー系×ヌレイエフ系

前走 エプソムC 4番人気2着

米国色の強い血統で、ここはちょっと違う気がします。得意の短縮ローテでどこまで上位に食い込めるか…

・ウインガニオン

血統 Tサンデー系×ダンチヒ系

前走 京成杯AH 11番人気10着

近走はリズムが悪く、さすがに厳しいと思われます。

ただ、近走は自分のペースで走れていないのは間違いなく、自分のペースに持ち込めればアッと驚く激走があっても。

・ハッピーグリン

血統 サドラーズウェルズ系×Pサンデー系

前走 地方戦 1番人気1着

買える要素は…父が過去に大穴をあけたサドラー系である、というくらいでしょうか。

総評

波乱傾向のレースですが、今年は上位馬がそれなりに強そうですね。

血統派は恐らくレッドアヴァンセを推す人が多くなりそうで、微妙に人気が上がりそうな気がするのが不安です…

スポンサーリンク

フォローする