【2017】福島記念

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる福島記念の傾向と展望です。

福島の傾向

過去の傾向では人気に関係なく内枠が圧倒的に有利になっています。1桁馬番が望ましく、特に5番枠以内が高回収率。

血統的には、珍しく1頭の種牡馬の産駒が複数勝利することがほとんどありません。(たまたまでしょうけど)

系統で見るとTサンデー系やLサンデー系、グレイソブリン系の好走例が多いです。

特にグレイソヴリン系は母父としても優秀で、このレースで最もポイントになると言えそうです。

前走G1組

前走G1組で出走してきたのは全て6着以下だった馬。

前走3角4番手以内だった馬が8頭中3頭、5~9番手だった馬が6頭中1頭、10番手以下だった馬が12頭中4頭好走しています。

前か後ろ、どちらかで展開がハマらなかったタイプが巻き返しやすいようです。

前走オールカマー

前走3着以内だった馬は3頭中2頭が好走。

特に有利でも不利でもないローテですが、使い詰めで疲労がありそうな場合はリスクが上がりそう。

4着以下だった馬は14頭中1頭が好走。

巻き返した1頭は2走前まで準OPで鮮度高く、前走は人気を大きく裏切り力を出せなかったタイプ。

人気を裏切ったタイプは、今回人気薄で惜しいところまで来ているので、少し警戒はしておきたい。

逆に前走で人気以上に走った馬は狙いづらいところです。

前走G3(2000m)

前走がG3の2000mで3着以内だった馬は4頭中3頭が好走。

サマーシリーズからだと少し間隔も空いているので、同距離重賞でもストレスの影響は少ないようです。それでも激走すぎない方が安定感は増すと思いますが。

4着以下だった馬は21頭中2頭が好走。巻き返したのは前走人気を裏切ったタイプ。

ただし、そもそも能力・体調面での不安も大きいので、狙うにはリスクも大きそうです。

前走OP特別

連対馬は10頭中2頭が好走。

好走したのは2走前が準OPだった鮮度の高い馬と、前走が長期休養明けで疲労が少なかった馬。

ともに3角では5番手以内で、格上げで流れに乗れる機動力はあった方がいいでしょう。

3~5着馬は14頭中2頭が好走。

好走したのは前走逃げていた馬と、12頭立てで3角9番手と後方寄りの極端な脚質の2頭でした。

前走で人気を裏切ったタイプの方が全体的に安定感はあります。

6着以下だった馬は56頭中11頭が好走。

こちらも人気を裏切ったタイプが30頭中9頭、人気以上に走った馬が19頭中2頭と明確な差があります。

人気と着順が同じだった馬は7頭いますが、どれも人気薄=弱い馬です。

人気を裏切ったタイプでは前走3角6番手以降だった差し馬が優秀で、2桁人気でも複数好走しているので注意が必要です。

前走条件戦

連対馬は28頭中5頭が好走、そのうち4頭が前走で3番人気以内でした。

特に前走で先行している馬なら安定感があります。逆に後方からの馬だと好走馬は出ていません。

3~5着だった馬は8頭中2頭が好走。

こちらも好走のポイントは前走人気馬+先行馬となります。

6着以下だった馬は7頭中2頭が好走。

巻き返した1頭は前走長期休養明けのダートで大敗、もう1頭は5番人気9着と凡走したものの、このレースでなぜか3番人気に推されていた馬でした。

前者は底を見せていないタイプと言えそうですが、後者はちょっと理解しがたいタイプで何とも言えません…

福島記念の展望

netkeiba上位人気の考察

1番人気はサンマルティン

父ダンチヒ系×母父サンデーサイレンスで、前走は小倉記念で2番人気2着。

2走前まで準OPで鮮度も高く、前走から多少間隔も空いているので力は発揮できそう。好走する可能性は十分です。

評価:B

2番人気はウインブライト

父Tサンデー系×母父グレイソヴリン系で、前走は毎日王冠で9番人気10着。

血統面では魅力的ですが、前走は全く見せ場なく沈んだのが気になります。

果たして2番人気になるのかが疑問ですが、人気なら妙味はないですが、人気がなく内枠なら抑え程度はしておきたいです。

評価:C-

3番人気はマイネルミラノ

父Tサンデー系×母父ダンチヒ系で、前走はオールカマーで10番人気4着。

人気ではあてにしづらいタイプで、前走のストレスも気になることから今回は消し。

評価:D

4番人気はツクバアズマオー

父Tサンデー系×母父ストームバード系で、前走はオールカマーで9番人気12着。

活気のない成績で買う要素は見当たりません。人気するの?

評価:D

5番人気はフェルメッツァ

父ディープインパクト×母父グレイソヴリン系で、前走は小倉記念で6番人気3着。

ローカルの重賞で輝くB級ディープ。母父トニービンも魅力で、今回も好走する可能性は十分ありそうです。

評価:B

注目馬ピックアップ

ブラックバゴは父が欧州型ナスルーラ系で母父がTサンデー系のスタミナ血統。

2走前に準OP勝ちで鮮度は高く、前走は上がり最速で能力の一端は見せています。

脚質的なリスクがありますが、人気がなく内枠なら一発に期待してみるのも面白い。

マイネルディーンは母父トニービンで福島巧者。

相手強化の今回、内枠なら激走の余地はあります。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする