グレイソヴリン系の回収率データ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここではグレイソヴリン系の回収率データを紹介します。

細かい分析まではしていませんが、ざっくりとした回収率で得手不得手を自分なりに解釈して馬券に活かせてもらえればと思います。

スポンサーリンク

グレイソヴリン系の回収率

データは2015~2017年単勝99倍以内の馬で抽出しています。

年齢別

これといって目立った傾向は見られませんね。

2.6歳の複勝回収率が高いですが…たまたまかなぁという印象。

枠別(芝)

若干、内枠の方が得意である可能性がありそうな程度です。

枠別(ダート)

1枠が悪くて2枠が良くなる理由はよく分かりません。

7.8枠の複勝回収率が標準以上なので、基本的には砂を被らない方が良さそうです。

クラス別(芝)

新馬では意外と穴をあけているようです。

スタミナの要求値が低い下級条件では苦戦気味で、上級条件の方が激走が増えています。

ただし、OP以上になると格負けすることが多いようですね。

クラス別(ダート)

ダートではスタミナを活かして下級条件で活躍。

上級条件ではダート適性から厳しい勝負になっています。

OP以上で走っているのはほぼ同じ馬なので、例外と言えるでしょう。

競馬場別(芝)

東京のトニービンは昔の話。

競馬場によって勝ち切れるかどうかが極端ですね。

競馬場別(ダート)

阪神・福島競馬場は安定感があります。

京都の成績は酷いですね。

母父別(芝)

サンデー系ではスピード型のPサンデー系との配合が好相性。

ミスプロ系との配合でも穴馬が走っていますが、スタミナ型のロベルト系との相性も悪くないので判断が悩ましいところです。

母父別(ダート)

こちらもロベルト系との相性が良いです。

もしかすると、グレイソヴリン系×ロベルト系は隠れたニックスなのか?

前走距離(芝)

短縮のみ標準を超える回収率を記録。

ただし、人気薄は勝ち切れない傾向があるようです。

前走距離(ダート)

ダートではあまり距離変更ショックの効果がないようです。

まとめ

・芝では上級条件、ダートでは下級条件で走る

・ロベルト系との配合が好相性?

・ダートは苦手

※今後の成績を保証するものではありません。

※詳細なデータをご希望の方はご連絡いただければお調べ致します。

スポンサーリンク

フォローする