ヘイルトゥリーズン系の特徴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

大系統ヘイルトゥリーズン系

ヘイルトゥリーズンは1960年代に活躍し、怪我により2歳戦しか走ることなく引退しましたが、競走生活よりも種牡馬として成功しました。

とくに、ロベルトとヘイローという2頭が種牡馬として大成し、日本でもこれらの血を持つ馬が活躍しています。

ヘイルトゥリーズン系は、小系統としてロベルト系とヘイロー系に分けられます。

そのヘイローは、日本の血統構図を一変させたサンデーサイレンスを輩出。

つまり、サンデーサイレンスも大系統ヘイルトゥリーズン系と言えるわけですね。

ロベルト系

ロベルトは現役時代、英国の最強馬であったブリガディアジェラードを破った唯一の馬です。

しかし、そのレースはブリガディアジェラートが、リボーのもつヨーロッパの連勝記録に並ぶかどうかという注目が集まったレースでした。

そこで空気を読まず(?)に勝ってしまったロベルトは、悪役として扱われたそうです。

ロベルト系の特徴は、豊富なスタミナダートをこなすパワーに溢れ、根幹距離よりも非根幹距離で強さを発揮する馬が多いです。

ロベルト系の代表産駒の一頭であるグラスワンダーは、非根幹距離の宝塚記念・有馬記念を共に圧勝。

その産駒であるスクリーンヒーローは、母方にサンデーサイレンス・ノーザンテーストといった、これまで日本を代表する名種牡馬の血を合わせ持ち、種牡馬としても活躍が期待されます。

瞬発力はサンデー系に劣るため、軽い馬場のスロー勝負には向きません。

タフな馬場やハイペースでの消耗戦で強く、大舞台では母方にロベルト系の血を持つ馬が頻繁に活躍します。

とくに、中山競馬場では注目したい血統です。

父ディープインパクト・母父ロベルト系の配合では、瞬発力よりもジワジワと伸びるズブいタイプになりやすいため、タフな馬場に強いディープ産駒となることが多いですね。

ロベルト系の種牡馬

・アポインテッドデイ
・キッケンクリス
・グラスワンダー
・シンボリクリスエス
・スクリーンヒーロー
・タイムパラドックス
・タニノギムレット
・ブライアンズタイム
・フリオーソ
・マヤノトップガン
・ムタファーウエク
・リアルシャダイ
・Arch
・Dynaformer
・Red Ransom

ヘイロー系

ヘイローは非常に気性が荒かった馬で、それはサンデーサイレンスにも受け継がれました。

ヘイロー系の特徴は、スピードパワーに優れた馬が多いこと。

基本的には短距離~中距離でスピードを活かす競馬が得意で、瞬発力勝負よりも速い流れを押し切るレースを得意とします。

パワーもあるため、力の要る馬場やダートも苦にしません。

タイキシャトルは日本歴代最強のマイラーと考える人も多くいるほど、圧倒的な強さを持った馬でした。

馬体がとても綺麗で、私の最も好きな馬の候補にも入っています。

その産駒でもあるメイショウボーラーは、ダートでよく穴を出すことがあります。

今後も注目しておいて損は無いでしょう。

ヘイロー系の種牡馬

・ウインクリューガー
・ジョリーズヘイロー
・タイキシャトル
・ディアブロ
・ナイキアディライト
・メイショウボーラー
・ロージズインメイ
・Devil’s Bag
・More Than Ready

注目種牡馬

ヘイロー系のロージズインメイは、芝よりもダートで勝ち星を多く挙げる種牡馬です。

その特徴は、何と言っても地味な血統なので人気になりづらいこと。

とくに、ダートの1800mでは過去3年で単勝回収率が大幅に100%を超え、複勝回収率も100%に近い数値を叩き出しています。

あまり血統を意識しない人でも、父の欄にロージズインメイと書かれていたら、

誰ぞや?

と思うことでしょう。

仮に、全く同じ能力の馬がいて一方は父ロージズインメイ、一方は父ゴールドアリュールなら、多くの人は父ゴールドアリュールを買います。

それがロージズインメイ産駒が人気になりづらい理由です。(ホンマかいな)

しかし、種牡馬としては優秀。

基本的にはダートの1400・1800に強く、根幹距離での成績は一枚落ちます。

芝でも1200・1400・1800以外はイマイチで、主戦場は条件戦です。

上のクラスまで行くと、素質(格)の差が大きくなるため通用しづらくなります。

惨敗からの巻き返しは少なく、前走で人気を裏切って軽く凡走している馬の巻き返しが目立ちます。

ダート1800mでは積極的に狙いたい種牡馬ですね。

と言ってて、個人的にはあまりダートの1800m戦は勝負しませんけど。

サンデーサイレンス系の特徴です。

サンデーサイレンス系の特徴
大系統サンデーサイレンス系 サンデーサイレンスは1988年に米国でデビューし、翌年にはアメリカ三冠レースのうち、ケンタッキーダービー・プリ...
スポンサーリンク

フォローする