【2018】函館記念の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる函館記念の注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

函館記念の傾向

近年は勝ち馬こそ人気どころが多いですが、2着に2桁人気馬が複数激走している荒れ気味のレースです。

穴馬の好走が多いのは内枠で、やはり前に行ける馬が有利なレース。

血統的にはマヤノトップガン産駒が複数回馬券になる珍しい傾向があります。

他にもゴールドヘイロー・フジキセキ・ジャイアンツコーズウェイ・シンボリクリスエス・タイキシャトル・スターリングローズなど、ダートでも活躍する種牡馬が人気薄で好走しているパターンが多いですね。

先週の七夕賞も同様の傾向があり、1.3着馬の超大穴馬は条件に該当していました。(買っていませんが…)

ダートも走れる種牡馬の一覧は、ダートシェアでまとめていますので参考にしてください。

また、小回りで激戦になりやすく、スタミナのある血統にも注目です。

前走巴賞の好走馬は軒並み凡走しています。

おそらく、巴賞は少頭数の緩い流れになりやすく、函館記念では多頭数で流れが全く異なるからでしょう。

連対馬よりも3着以下に敗れた馬、とくに人気に支持されていた馬の巻き返しに注目です。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・トリコロールブルー

血統 Tサンデー系×ヌレイエフ系

前走 鳴尾記念 2番人気3着

前走は前の2頭が強かったこともありますが、自身も延長ローテで外を回る楽な競馬ではなかったです。

父はスタミナ型、母父はダート適性高いヌレイエフ系で血統面でも問題なし。

ただし、脚質的にリスクがあり、外枠を引けば危険度が上がりそうです。

・スズカデヴィアス

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 新潟大賞典 5番人気1着

内枠巧者で内枠に入れば注意はしたいですが、これと言って買いたくなる要素もとくにありません。

・サクラアンプルール

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 日経賞 6番人気3着

昨年は9着と凡走していますが、大外でロスが大きかったので適性が無かったとは言えません。内枠に変わった次走であっさり巻き返していますからね。

今回も内枠が理想ですが、人気で信頼できるほどの安定感はないと思います。

・プレスジャーニー

血統 ミスプロ系×ロベルト系

前走 巴賞 1番人気5着

少頭数前残りの巴賞を後方から届かず、傾向的にはこういった馬が巻き返しやすいです。

父はダート適性高いミスプロ系で、血統的にも悪くはないと思いますが2歳がピークだったのでは…と思ってしまいます。

まぁここ2走は完全に展開が向かなかったこともあるので、人気次第では十分狙ってみる価値はありそう。

・エアアンセム

血統 ロベルト系×サンデーサイレンス

前走 エプソムC 8番人気5着

前走はかなり馬場が悪化した状態で、レースは参考にはしづらいです。

昨年の好走馬と同じシンボリクリスエス産駒で、本来の先行する競馬が出来ればチャンスはありそう。

とはいえ、推せる材料がそれほど見当たらないです。

・ナイトオブナイツ

血統 ダンチヒ系×サンデーサイレンス

前走 巴賞 5番人気1着

危険な巴賞の連対馬。

血統的にもOPから重賞への格上げで良くなるタイプでもなく、ここはもっと人気を吸って飛んでもらいたい。

・ブラックバゴ

血統 レッドゴッド系×Tサンデー系

前走 中山金杯 4番人気4着

末一手で展開がハマるかどうか。

半年ぶりでもあり、さすがに買いづらいですね。

・マイネルハニー

血統 Lサンデー系×ロベルト系

前走 巴賞 3番人気8着

前走は太目残りが影響したのでしょうか?

敗因はよく分かりませんが、能力的にはメンバー中でも上位だと思います。

勝ち切れるタイプではなさそうですが、しぶとく粘りこむ可能性は大いにありそう。

・クラウンディバイダ

血統 Pサンデー系×サドラーズウェルズ系

前走 巴賞 7番人気4着

短距離指向のダイワメジャーですが、母父が欧州型だと距離をこなす馬が出やすいです。

しかし、前走で残れなかったとこをを見ると重賞では少し力不足か。

直線では抜かれそうになってから意外と粘ったことから、もしかしたら厳しい流れで力を発揮する可能性も…?

・ヤマカツライデン

血統 ロベルト系×Tサンデー系

前走 鳴尾記念 7番人気8着

昨年は波乱に一役買いましたが、ちょっと狙いづらいですね。

総評

血統的にダート要素を持つ馬では、紅一点エテルナミノルが狙える要素がなさそうなところが逆に怖い(?)

先週のパワーポケットも狙える要素はダート的な血統としか言えませんでしたから。

巴賞凡走馬が数多く巻き返しているのにはそれなりの理由があるはずですし、この辺りを中心に予想したいと考えています。

スポンサーリンク

フォローする