【2018】阪神牝馬ステークスの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

阪神牝馬ステークスの傾向

今週末に行われる阪神牝馬ステークスの傾向です。

注目ポイント

1600mで行われるようになってから今年でまだ3回目。

過去2年は上位人気馬しか好走していないように、紛れにくいレースと言えます。

驚くのは、過去2年で馬券になったのはディープ産駒かステイゴールド産駒のみということ。

ステイゴールド産駒はともに母父がミスプロ系のスピード型であったように、スタミナに寄りすぎると苦戦する可能性はあります。

人気馬しか走っていませんが、実績馬が圧倒しているわけでもなく、昨年は前走準OPだった馬が2.3着となっています。

穴を狙うなら鮮度の高い条件戦組が面白いでしょう。

出走予定馬

現時点でのnetkeiba人気上位10頭の、血統とローテーションから考察していきます。

 リスグラシュー

父  ハーツクライ

母父 American Post

前走 東京新聞杯 3番人気1着

父Tサンデー系×母父ミスプロ系

前走は好条件で納得の好走ですが、今回もそれなりに走る可能性は高いでしょう。

ただ、1着での期待値としては低いのでは…というイメージです。

 ソウルスターリング

父  Frankel

母父 Monsun

前走 ジャパンC 4番人気7着

父サドラーズウェルズ系×母父スターリング系

前走古馬混合G1からの格下げ、多頭数から少頭数と条件的には好転。

1着という点では、リスグラシューより期待できるのでは。

 アドマイヤリード

父  ステイゴールド

母父 Numerous

前走 東京新聞杯 6番人気12着

父Tサンデー系×母父ミスプロ系

前走は進路がなく、展開的に厳しい流れでした。

しかし、昨年ほどの勢いはなく、勢いの衰えたステイゴールド産駒の牝馬はアテにしづらいですね。

 ミスパンテール

父  ダイワメジャー

母父 シンボリクリスエス

前走 京都牝馬S 1番人気1着

父Pサンデー系×母父ロベルト系

早熟傾向のあるダイワメジャー産駒ですが、まだキャリアは浅く、今が一番の充実期でしょう。

間隔も取りつつなので、それほど疲労も心配ないでしょう。

脚質的な不安はありますが、ここも通用して不思議はありません。

 レッツゴードンキ

父  キングカメハメハ

母父 マーベラスサンデー

前走 高松宮記念 3番人気2着

父キングマンボ系×母父Lサンデー系

出るの?

基本的に延長で嫌うのがパターンの馬なので、出走して人気してくれればありがたいですけどね。

 ラビットラン

父  Tapit

母父 Dixieland Band

前走 京都金杯 2番人気8着

父エーピーインディ系×母父ノーザンダンサー系

父が米国型で切れるタイプなのか?

血統的にどう扱えばいいのか困るタイプです。

今回もどうするか迷いますが、重賞鮮度が落ちてきた分、尻すぼみ感もありますね。

 ミリッサ

父  ダイワメジャー

母父 Singspiel

前走 初音S 1番人気1着

父Pサンデー系×母父サドラーズウェルズ系

脚質的に不安も、血統的に重賞で通用するポテンシャルはあります。

重賞では初めて短縮で臨む今回、これまでで最大のチャンスかも知れません。

 ジュールポレール

父  ディープインパクト

母父 エリシオ

前走 エリザベス女王杯 10番人気16着

父ディープ系×母父ノーザンダンサー系

昨年は条件戦連勝の勢いそのままに、このレースとヴィクトリアマイルも好走。

それから使い込まれてもいないので、人気がないようなら怖い1頭ですね。

 デンコウアンジュ

父  メイショウサムソン

母父 マリエンバード

前走 東京新聞杯 9番人気4着

父サドラーズウェルズ系×母父ニジンスキー系

展開待ち。

それのみでしょう。

 レッドアヴァンセ

父  ディープインパクト

母父 ダンシングブレーヴ

前走 ユートピアS 3番人気1着

父ディープ系×母父リファール系

京都(平坦?)巧者が多い一族ですが、チャンスがないわけではないと思うので、人気がないなら抑えてもいいかな…とは思います。

総評

リスグラシューとソウルスターリングは強力。

しかし、過去2年の上位馬と比べると付け入る隙はあると思います。

レッツゴードンキには是非出走してもらい、人気を吸って飛んでもらいたい!!

スポンサーリンク

フォローする