【2017】阪神JFの傾向と展望

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われる阪神JFの傾向と展望です。

阪神JFの傾向

阪神が改装された2006年以降で見ていきます。

外回りコースになってから人気薄が勝つことは少なくなり、しっかりとした末脚を使える馬が走るようになりました。

血統的にはディープインパクト・アグネスタキオン・ステイゴールド・キングカメハメハなど、一流種牡馬の仔がよく走っています。

穴血統では米国型のクロフネ産駒が高回収率を記録。2歳戦で完成度を武器に戦えているということですね。

長い直線を乗り切るために、母系にはスタミナ血統を有している馬の好走が多いです。

母父が欧州型ノーザンダンサー・ナスルーラ系には注目ですね。

前走ファンタジーS

連対馬は19頭中5頭が好走。

そのうち4頭が前走上がり2位以内だった馬で、先行しているタイプは少し安定感を欠きます。

連対している割には成績が良くないので、それほど有利なステップとは言えなさそうです。

3~5着馬は12頭中2頭が好走。

好走した2頭はこれまで3着を外したことがなく、OP以上で勝利実績があった馬です。

この時期にOP以上でも堅実に走っている馬はある程度信用できそう。

6着以下だった馬は19頭で好走例はありません。

人気薄ばかりですが、この時期でも前走大敗している人気薄は実力的に厳しいと言わざるを得ません。

もちろん、実績があって前走は何らかの事情で惨敗→人気落ちなら巻き返してもおかしくはないでしょう。

前走アルテミスS

連対馬は5頭中4頭が好走。

基本的に人気馬ですが、素質馬が集まるステップレースで好走しているのは明らかに実力上位ということでしょう。

特に前走1番人気だった馬は3頭全てが好走。ただ、勝ち馬は1頭しか出ていませんので、同距離重賞のストレスは若干あるものと思われます。

3~5着だった馬は5頭中1頭が好走。

好走した馬は2走前にも重賞で激走していた馬で、前走はその反動も少しあったのでしょう。

OP以上で実績のある馬が前走は反動で負けている場合には注意しておきたいところです。

6着以下だった馬の出走例はありません。

前走OP特別

前走OP特別だった馬は23頭中2頭が好走。

2頭はともに前走2番人気以内で1着、先行して上がりは最速と一枚抜けたパフォーマンスを発揮していた馬です。

格上げで流れは厳しくなる可能性が高いので、先行できるスピードがある方が有利でしょう。

前走条件戦

前走条件戦だった馬は58頭中8頭が好走。そのうち連対馬が43頭中8頭です。

距離別では短縮馬が3頭中2頭好走しているので注目。

延長組で好走しているのはほとんどが人気馬で、あまり有利とは言えなさそう。

同距離組が一番苦戦していて、上位人気且つ上がり最速で勝ち切っているレベルでないと苦しいでしょう。

阪神JFの展望

netkeiba上位人気の考察

1番人気はロックディスタウン

父Tサンデー系×母父ストームバード系で、前走は札幌2歳Sを1番人気1着。

あまり厳しいペースを経験していない上での初マイル戦なので、やや不安はありますがペースに対応できれば当然上位。

オルフェーブルの初年度産駒ですが、その父ステイゴールドもこのレースでは好走馬を複数出しているように、牝馬は早くから活躍するタイプも出ます。

さすがに信頼の1番人気とまではいきませんが、特に嫌う要素も少ないので相手には買っておきたい。

評価:C

2番人気はラッキーライラック

父Tサンデー系×母父ミスプロ系で、前走はアルテミスSを2番人気1着。

前走は前半少し掛かるそぶりを見せましたが、終わってみれば先行策から上がり最速で抜け出して快勝。

こちらもオルフェーブル産駒で母系が米国血統なので、2歳戦から力を発揮できそう。(していますが)

好走する可能性は十分でしょう。

評価:B

3番人気はベルーガ

父Pサンデー系×母父ロベルト系で、前走はファンタジーSを5番人気1着。

前走は強かったですが、血統的には何とも推しづらくワンパンチ足りない印象。

阪神の外回りでも同じような脚が使えるかどうか。人気を考慮すると、多少リスクがある気がします。

評価:C

4番人気はソシアルクラブ

父キングマンボ系×母父Tサンデー系で、前走は新馬を2番人気1着。

前走はとても届かないような位置からゴール寸前で差し切り勝ち。

母が名牝ブエナビスタの超良血馬ですが、新馬戦はレベル的にどうだったんだろう…というのが正直な感想。

当日はソコソコの時計が出る馬場だったと思いますが、豪快な追い込みに見えて上がりは34.4秒という平凡なもの。

全体的な仕掛けが遅かったのもありますが、良血と見た目の派手さで過剰人気になりそうな気がします。

2着馬は次走の未勝利で完敗していますしね。

評価:D

5番人気はコーディエライト

父Pサンデー系×母父ターントゥ系で、前走はファンタジーSを3番人気2着。

好走しても人気にならず、しかし自分でペースを作れるので力を出せるタイプです。

ここも3着くらいで考えていいんじゃないでしょうか?(適当)

評価:C

注目馬ピックアップ

サウンドキアラは新馬上がりですが、父ディープインパクトに母父がミスプロ系で2歳戦でも力は出せる血統。

新馬で下した2.3着馬は次走ですぐに勝ち上がっており、新馬では淀みない流れも経験しているので一気の格上げもこなせる可能性はあります。

抽選次第ですが、今年はメンバー的にもやや低調な気がするので出走してきたら注目。

あまり気になる馬が見当たりませんので、今年は上位人気馬がアテにならなそうでも走りそうな気がします。

以上です。

スポンサーリンク

フォローする