【2018】阪神大賞典の傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神大賞典の傾向

今週末に行われる阪神大賞典の傾向です。

血統

過去10年、最も馬券対象を出しているのが母父マイバブー系という異色のレース。

マイバブー系とは、シンボリルドルフを輩出したパーソロンなど、一昔前の日本で猛威を奮った系統です。

メジロマックイーンやトウカイテイオーといった名馬もマイバブー系で、スタミナに特化している系統と言えるでしょう。

母父マイバブー系は8回の出走で7回馬券に。同じ馬が複数好走していますが、それだけ適性が合っているとも言えます。

父・母父どちらかにスタミナ色濃い血統を持っていることが、好走の条件ですね。

枠・脚質

少頭数になりやすく、枠はあまり気にしなくてもいいでしょう。

後方からでは届かないので、前で粘れる馬・捲れるタイプを狙いたいです。

ローテーション

出走予定馬の前走ローテーション別に考察します。

有馬記念で6着以下だった馬は、10頭中5頭が好走。

前走で人気以上に走っていないタイプや、上がり上位だった馬が比較的優位です。

ステイヤーズS組は2頭しか出走していませんが、1頭は前走1番人気1着で今回も1着。

間隔が空いている分、長距離続きでも疲労・ストレスは多少マシかも知れませんね。

京都記念で連対した馬は、9頭中4頭が好走。

好走したのは前走3番人気以内だった馬で、1.2番人気だった馬は2頭とも好走。

距離は全然違いますが、レベルの高い古馬重賞の好走は疲労が気になります。

条件戦だった馬は苦戦傾向ですが、上位人気で結果を出している馬は注意しておいて損はないでしょう。

出走予定馬

現時点でのnetkeiba人気上位10頭の、血統とローテーションから考察していきます。

 クリンチャー

血統
父  ディープスカイ
母父 ブライアンズタイム

前走 京都記念 4番人気1着

京都記念の連対組。

ここ2走は力の要る馬場も味方し、前走は皐月・ダービー馬を撃破。

今回圧倒的人気が予想されますが、前2走が馬場的に恵まれた感もあります。

能力は認めますが、連続好走の疲労も考慮すると圧倒的人気で信用するのは不安ですね。

 アルバート

血統
父  アドマイヤドン
母父 ダンスインザダーク

前走 ステイヤーズS 1番人気1着

ステイヤーズSの連対組。

間隔空いているので、疲労面はとくに気になりませんが長距離の鮮度はありません。

常に後方からの脚質も不安で、好走する可能性は十分ですが頭までは厳しいのでは。

 レインボーライン

血統
父  ステイゴールド
母父 フレンチデピュティ

前走 有馬記念 9番人気8着

有馬記念の6着以下組。

昨年の好走は不良馬場となった天皇賞のみ。

今回、少頭数の延長となると条件的にはあまり良くなさそうです。

 サトノクロニクル

血統
父  ハーツクライ
母父 Intikhab

前走 有馬記念 11番人気9着

有馬記念の6着以下組。

同じ3000mの菊花賞では惨敗しましたが、当時は馬場状態が異常だったので見限れません。

ハーツクライ産駒は、デビューしてから3000m超のレースでは複勝回収率が100%を超えるように、他の種牡馬に比べても相対的に適性は高いです。

しかし、単勝回収率は55%と低いです。

頭で狙えるのは東京と阪神。今回は阪神なので頭まであってもおかしくはないでしょう。

 カレンミロティック

血統
父  ハーツクライ
母父 エーピーインディ

前走 有馬記念 16番人気15着

有馬記念の6着以下組。

豪州遠征以降、やや精彩を欠いています。

ハーツクライ産駒ですが、こちらはちょっと厳しいのでは。

 ヤマカツライデン

血統
父  シンボリクリスエス
母父 ダンスインザダーク

前走 小倉大賞典 9番人気15着

小倉大賞典組は過去3頭しか出走していませんが、いずれも今回人気以上に走っています。

前走は休み明けで逃げることができず大敗。

今回延長で単騎逃げが濃厚なので巻き返す可能性は十分あるように思います。

 ムイトオブリガード

血統
父  ルーラーシップ
母父 サンデーサイレンス

前走 500万下 1番人気1着

500万下からの参戦は異例ですね。

血統的にスタミナ面では一抹の不安があり、格的にもここでいきなり…は難しいでしょう。

 トミケンスラーヴァ

血統
父  タイキシャトル
母父 デヒア

前走 アメリカJCC 7番人気8着

2走前の万葉Sは、鮮度の高さと摩擦の少ない京都で好走しましたが、血統的に距離不安はあります。

 シホウ

血統
父  キングカメハメハ
母父 Danehill

前走 アメリカJCC 10番人気9着

この馬も3000mを超える長丁場に耐えるスタミナはなさそう。

 スーパーマックス

血統
父  リーチザクラウン
母父 Malibu Moon

前走 チャレンジC 11番人気5着

血統的にも実績的にも、ここではさすがに厳しいでしょう。

総評

クリンチャーは勝てずとも3着以内には入る可能性はあるかも知れませんが、飛んでも不思議はないと思います。

そうなると馬券的にも妙味は出そう。

好走できそうな馬は限られているので、絞って高配当を的中できれば…と考えています。

スポンサーリンク

フォローする