ヘニーヒューズ産駒の特徴。激走条件は「外枠・短縮」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の新種牡馬には、三冠馬オルフェーブルや世界の短距離王ロードカナロアなど、現役時代に大活躍した馬がいます。

そんな期待の新種牡馬のなかでも、極・競馬塾おススメの注目種牡馬がヘニーヒューズです。

新種牡馬 ヘニーヒューズ

ヘニーヒューズはアメリカで2003年に産まれ、現役時代は10戦6勝と数字上は平凡でした。

しかし、その競走能力は世代最高レベルと言われたそうです。

3歳で早々と引退し、繁殖成績にも期待されましたが思うような結果は出ず、2012年にはオーストラリアにトレードされます。

その後、アメリカで残った産駒の1頭がBCを制したことで、2013年にはシャトル種牡馬として再びアメリカで併用されることに。

その頃日本では、ヘニーヒューズ産駒の持ち込み馬9頭のうち、ヘニーハウンドとケイアイレオーネの2頭が重賞を制するなどの活躍を見せていました。

その活躍をうけ、2013年10月に日本で併用されることが決定。

ヘニーヒューズは、日本の種牡馬としては今年デビューとなりますが、実はこれまでも外国産馬として産駒は日本で走っていたのです。

外国産馬として日本で走ったのは僅か15頭(1頭は今年デビュー)ですが、前述の2頭に加えてアジアエクスプレス・モーニンがG1を制覇。

今後の活躍を期待せずにはいられないです。

ヘニーヒューズの血統

ヘニーヒューズは大系統ノーザンダンサー系小系統ストームバード系に分類されます。

母父Meadowlakeはセントサイモン系で、安田記念などを制したリアルインパクトの母父でもあります。

同父のHennessy産駒には、ヨハネスブルグが種牡馬として日本で活躍。

代表産駒にはネロやホウライアキコ、エイシンバッケンなどがおり、基本的には短距離向きの産駒が多いです。

ヘニーヒューズ産駒の特徴

これまで外国産馬として日本で走った産駒は、全てのレースで買い続けても単勝回収率179%・複勝回収率90%と平均を大きく上回ります。

全29勝のうち、ダートでの勝ち鞍が22勝でダートシェアは75%。

ダートならベタ買いで単複回収率が100%を超えるほどの活躍ぶりです。

成績(ダート)

現状はどのコースでも走れると考えても良いでしょう。

強いて言えば中山・中京は苦手な可能性があるかも。

逆に、東京・京都・阪神・函館は積極的に狙いたいですね。

ダートに関しては短距離から長距離までどの距離もこなしています。

とにかく日本のダートへの適性が高い種牡馬であることは間違いありません。

成績(芝)

芝では人気薄が勝ち切ったことで単勝回収率が跳ね上がっていますが、どちらかと言うと得意とは言えなさそうです。

とはいえ、この成績は外国産馬のもので、今後は日本向きの肌馬と交配された産駒がデビューするでしょうから決め付けるのは早計でしょう。

狙い目

ヘニーヒューズ産駒の最も分かりやすい狙い目が、距離短縮馬です。

上がダート、下が芝のデータです。

芝・ダート問わず、とにかく穴をあけているのは短縮馬ということになります。

6着以下に惨敗した馬でも、短縮なら巻き返す可能性は十分あるので覚えておきましょう。

2017年にデビューした産駒の成績

この記事を最初に作成した段階で、ヘニーヒューズ産駒は7頭がデビューしました。

その成績は(1-2-1-3/7)で、単勝回収率55%・複勝回収率164%と、勝ち切れていないものの上々な滑り出し。

ダートでは3頭中2頭が馬券になっているあたり、やはりダート適性は高いと言えそうです。

まだサンプルが少なすぎてデータ的には頼りにはなりませんが、馬体重が480㎏を超える馬が5頭中4頭馬券に、つまり馬券になったのは全て馬格のある馬だったことになります。

もともと競馬は馬格のある馬が有利であることから、ヘニーヒューズ産駒も大型馬を狙うのは効果的かも知れませんね。

2018年・途中経過

さて、最初に記事を書いてから半年以上が経ち、ヘニーヒューズ産駒の出走数も増えてきました。

その後、成績がどうなっているのかをまとめておきます。

まず、こちらがダートの成績です。

1200~1400mは出走数が多く、それでいて素晴らしい成績を収めています。

1800mは勝ち切れていないものの、複勝回収率は優秀。

とくに、距離延長馬を除けば高確率で好走しています。

1600mの成績が芳しくありませんが、ダ1600mといえば東京でしか行われません。

これが苦手コースなのか、たまたまなのかは、まだはっきりとは言えないでしょう。

続いて芝の成績です。

一目瞭然、好成績を残しているのは非根幹距離です。

瞬発力より持続力を武器にする米国型ノーザンダンサー系らしい結果と言えますね。

相変わらず勝ち切れないケースが多いですが、複穴としては非常に魅力的です。

それ以外に、分かりやすい狙い目がいくつかあります。

こちらはダート枠別の成績。

あからさまに外枠が狙い目です。

1枠の成績は悪くありませんが、これは上位人気馬の好走によって成り立っています。

基本的には外枠から揉まれずに気分よく走れる方が、力を発揮しやすいタイプが多いと言えますね。

前走の距離によっても、得意不得意が明確です。

やはり短縮が大の得意。

延長馬を除くだけで、ヘニーヒューズ産駒は簡単に儲けられそうです。

狙い目は比較的分かりやすいので、今後も積極的に狙っていきましょう。

※これらは今後の成績を保証するものではありませんので、馬券を購入する際は自己責任でお願いいたします。

注目の新種牡馬の特徴です。

ロードカナロア産駒の特徴を考察※2018年4/8更新
初年度産駒アーモンドアイが、鮮烈な末脚で桜花賞を制しました。 昨年の秋に、ロードカナロアの特徴を一度まとめてみましたが、それから半年ほ...
オルフェーブル産駒の特徴※4/11更新
注目の新種牡馬オルフェーブル産駒の特徴をまとめ直しました。 以前まとめた時点では、危険な人気馬を量産していると結論付けましたが、それか...
スポンサーリンク

フォローする