ヘニーヒューズ産駒の特徴と狙い目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の新種牡馬には、三冠馬オルフェーブルや世界の短距離王ロードカナロアなど、現役時代に大活躍した馬がいます。

そんな期待の新種牡馬のなかでも、極・競馬塾おススメの注目種牡馬がヘニーヒューズです。

新種牡馬 ヘニーヒューズ

ヘニーヒューズはアメリカで2003年に産まれ、現役時代は10戦6勝と数字上は平凡でした。

しかし、その競走能力は世代最高レベルと言われたそうです。

3歳で早々と引退し、繁殖成績にも期待されましたが思うような結果は出ず、2012年にはオーストラリアにトレードされます。

その後、アメリカで残った産駒の1頭がBCを制したことで、2013年にはシャトル種牡馬として再びアメリカで供用されることに。

その頃日本では、ヘニーヒューズ産駒の持ち込み馬9頭のうち、ヘニーハウンドとケイアイレオーネの2頭が重賞を制するなどの活躍を見せていました。

その活躍をうけ、2013年10月に日本で輸入されることが決定。

ヘニーヒューズは、日本の種牡馬としては今年デビューとなりますが、実はこれまでも外国産馬として産駒は日本で走っていたのです。

外国産馬として日本で走ったのは僅か15頭(1頭は今年デビュー)ですが、前述の2頭に加えてアジアエクスプレス・モーニンがG1を制覇。

今後の活躍を期待せずにはいられないです。

ヘニーヒューズの血統

ヘニーヒューズは大系統ノーザンダンサー系小系統ストームバード系に分類されます。

母父Meadowlakeはセントサイモン系で、安田記念などを制したリアルインパクトの母父でもあります。

同父のHennessy産駒には、ヨハネスブルグが種牡馬として日本で活躍。代表産駒にはネロやホウライアキコ、エイシンバッケンなどがおり、基本的には短距離向きの産駒が多いです。

ヘニーヒューズ産駒の特徴

これまで外国産馬として日本で走った産駒は、全てのレースで買い続けても単勝回収率179%・複勝回収率90%と平均を大きく上回ります。

全29勝のうち、ダートでの勝ち鞍が22勝でダートシェアは75%。ダートならベタ買いで単複回収率が100%を超えるほどの活躍ぶりでした。

そのため、日本へ輸入されて産駒が活躍することは明らかです。

出走数も増え、サンプルも多くなってきましたので、改めて最新のデータをもとにヘニーヒューズの狙い目を考察していきます。

※データは2018年1月~2019年2月24日終了時まで・単勝オッズ99.9倍以内

芝は苦手か

まず、外国産馬としてアジアエクスプレスが芝G1を勝ったように、芝でもそこそこやれる産駒がいてもおかしくはないと思いましたが、思ったほど芝では活躍していません。

一応、芝でも根幹距離よりは非根幹距離のほうが得意にしていることは間違いなさそうですが、積極的に狙うことは難しいかも。

ここからはダートに絞って見ていきます。上記データを見ても分かるように、素晴らしい成績を残していますね。

得意距離は?

距離別に見ると、どの距離でも走れています。

とくに、短距離種牡馬のイメージがあるのか1800mではそこそこ出走数があるにもかかわらず、回収率が非常に高いです。

穴をあけるのは距離延長馬で、個人的には延長が苦手なイメージがあったため、この穴馬券を仕留めることができなかったのは残念です。

未だにそのイメージが拭えないので、相変わらず延長で狙うことをためらっています(゜゜)

1800mの狙い目は?

1800mを競馬場別に見ると、どこも優秀ですね。阪神だけ単勝回収率が低いですが、苦手とする理由は何かあるのでしょうか。

坂は中山・中京にもあるし、坂が苦手ということはないでしょう。

これは母父の系統別成績ですが、赤枠で囲った系統は米国型に分類しているものです。見ても分かるように、母父も米国型が軒並み好成績を挙げていますね。

ちなみに、囲っていない系統は上からサンデー系・キングマンボ系・サンデーサイレンス・ターントゥ系・欧州型ノーザンダンサー系・欧州型ナスルーラ系です。

キングマンボ系は7回の好走が全て同じ馬なので、適性自体はちょっと判断しにくいです。

1400mの狙い目は?

京都はずば抜けて成績が良く、阪神はやはり勝ち切れないのは1800mと同様です。1800mとは一転、中京の成績が悪化していますね。

これも苦手と判断するのは難しいですが、原因の一つとして1400mでは人気薄が内枠ばかりに入っているため、力を出さずにいる結果かもしれません。あくまでも推測ですが。

ただ、1800mと合わせて坂が苦手というよりも、平坦コースに滅法強い…と考えるほうが良いかもしれません。

1400mでも延長馬の成績は悪くありませんが、勝率は短縮馬のほうが圧倒的に高いです。

母父の系統ですが、2.4.8.11が米国型です。1800mほどではありませんが、やはり米国型同士の組み合わせは走る馬が多いですね。

とはいえ、1800mでも今後数値は多少落ち着いていくとは思いますし、何でもかんでも米国型なら狙えるわけではないでしょう(それだけで勝てる可能性もなくはない)。

むしろ、このデータを活かすなら「母父サンデー系を嫌う」ほうが良いのではないでしょうか。1800mでも成績は悪いです。

他には、1400mでもキングマンボ系が優秀なので、意外と相性が良いのかも…と思ってしまいます。

ついでに、ノーザンファーム生産馬の成績も良くないことは覚えて損はなさそうです。

1200mの狙い目は?

平坦最強説崩壊ッ!!笑

なんと、京都の成績が急降下し、阪神で勝ち切る馬が増加。中山は1800mも合わせて大の得意コースとなっています。

母父の系統別では3.5.7.10が米国血統。ただ、7のダンチヒ系は一部欧州型も混じっています。1200mでは欧州型ノーザンダンサーやサンデー系の成績が上昇していますね。

それでも目を引くのは2.ミスプロ系と5.米国型ノーザンダンサー系です。

ちなみに、京都だけの母父別成績を見てみると…

出走馬全体に占めるミスプロ系・米国型ノーザンダンサー系の割合は約25%でした。つまり、出走数自体が少ないため、今後成績が良化していっても不思議はないということです。

まぁそれを言い出したらキリがないですが、それを考察して馬券を狙うのも楽しみの一つですよね。ただ、成績が良化するかもという根拠には、ダートの名血が揃えば強いということがありますので、あながち間違っていない可能性もあると思います。

まとめ

出走数を見ても、やはり短距離を使われることが多いため、全体的には短距離馬のイメージが強いのだと思います。実際には十分1800mをこなす馬も多く、今はまだオッズに反映されていない状況と言えるでしょう。

どの距離にも言えることは、母父ミスプロ系・米国型ノーザンダンサー系が狙い目。父は見ても母父まで見ない人は多いと思います。

また、デビュー当初は短縮が狙い目と考えていましたが、距離変更ローテを好む馬が多いのかもしれません。確証は持てませんけどね…

最後にとっておきの情報を。

新馬戦におけるヘニーヒューズ×母父ミスプロ系・米国型ノーザンダンサー系の成績は…

(今度から見付けたら買おう…ボソ)

※これらは今後の成績を保証するものではありませんので、馬券を購入する際は自己責任でお願いいたします。

注目の新種牡馬の特徴です。

ロードカナロア産駒の特徴と狙い目
初年度産駒アーモンドアイが、鮮烈な末脚で桜花賞を制しました。 昨年の秋に、ロードカナロアの特徴を一度まとめてみましたが、それから半年ほ...
オルフェーブル産駒の特徴と狙い目
注目の新種牡馬オルフェーブル産駒の特徴をまとめ直しました。 以前まとめた時点では、危険な人気馬を量産していると結論付けましたが、それか...

フォローする