競馬の非主流・非根幹距離で儲けたいんや!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




競馬では「400m」で割れる距離と、そうでない距離でレースが行われます。400mで割れる距離は「根幹距離」、割れないコースは「非根幹距離」と呼ばれます。

根幹距離の1600m・2000m・2400mは、G1が多く行われる距離ですよね。

この3つの距離では、ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒など、主流の種牡馬を父に持つ馬が走りやすくなります。

主流血統が走るということは、人気馬が走りやすいとも言えるため、馬券的にはおいしくないケースも多くなります。

一方、非根幹距離では、1400m・1800m・2200mのレースが多く行われています。これらはG1がほとんど行われない「非主流」のコースなので、主流コースで力を発揮する馬が走れない可能性も高くなります。

ほんのわずかな距離の違いが、結果に大きく影響するのが競馬の面白さのひとつでもあります。

Targetで本命馬の成績を記録して以降、私が非根幹距離で本命にした230頭の成績は、単勝回収率181%・複勝回収率123%と自分でも驚きのものでした(調べるまで気付いてなかった!)。

ということで、ここでは馬券的妙味のある非根幹距離で、一儲けするための種牡馬を考察していきたいと思います。

対象は試行数の多い1400m・1800m・2200mで、単勝オッズ100倍以内の馬から過去5年分のデータで抽出します。

スポンサーリンク

1400mの狙い目

まず、ベタ買いでも優秀な成績を収めている種牡馬がこちらです(勝利数順) 。

種牡馬単勝回収率複勝回収率
アドマイヤムーン112%87%
キングカメハメハ99%85%
マンハッタンカフェ60%91%
ステイゴールド75%90%
ハーツクライ89%
86%
ゼンノロブロイ168%96%
マツリダゴッホ113%84%
ブラックタイド149%121%
ジャングルポケット143%105%
ヴィクトワールピサ158%80%
メイショウボーラー135%94%
スクリーンヒーロー149%87%
グラスワンダー105%77%
バゴ98%129%
エンパイアメーカー152%110%
トーセンホマレボシ135%97%

1400mながら、スタミナ型サンデー系に分類されている種牡馬が目立ちますね。

これらの産駒で、根幹距離より非根幹距離で好成績を上げている馬ならそれだけでも狙い目になるかもしれません。

では、独断と偏見で、とくに儲かりそうな種牡馬をピックアップしていきたいと思います。

アドマイヤムーン産駒のポイント

高回収率の種牡馬のなかで、最も勝ち星が多いアドマイヤムーン産駒の狙い目としては、条件戦、外枠より内枠、距離短縮馬という条件が好ましいです。

とくに、勝ち星の半数近くを短縮馬が占めているため、単勝狙いが効果的。もともと短縮が得意と言われていますからね。

マツリダゴッホ産駒のポイント

マツリダゴッホ産駒も、外枠より内枠が良いです。

とくに東京・京都が相性良く、軽い馬場向きと言えそうです。最近、京都の芝が少しタフになっている気もするので、今後はどうなるでしょうか…

穴をあけているのは、前走から距離を延ばして出走してくる延長組です。楽に先行できそうで、前が有利な馬場状態であれば積極的に狙っていきましょう。

ブラックタイド産駒のポイント

ダートの非根幹距離でもお世話になっているブラックタイド産駒。

ブラックタイドはダートで狙い撃て!!
ブラックタイドはディープインパクトの兄として有名ですが、自身も重賞を勝っているように血統的な素質の高さは疑いようがありません。 瞬発...

母父が米国血統と相性が良く、ミスプロ系・米国型ノーザンダンサー系・エーピーインディ系との配合が狙い目。

産駒の良し悪しも出やすいのか、前走で10着以下に大敗している馬の巻き返しはほとんどありません。馬券になれる最低限の能力は見せている馬をチェックです。

ジャングルポケット産駒のポイント

ジャングルポケット産駒も、内枠のほうが向いています。母父サンデー系(孫含む)との相性が抜群で、サンデーを経由しないヘイロー系も注目。

延長がはっきりと苦手な傾向があり、短縮・同距離ローテが狙い目になります。

昇級でもあっさり通用するケースも多く、19頭のうち8頭が馬券になり、そのうち6回は1着になっています。昇級でもガンガン狙っていきましょう。

メイショウボーラー産駒のポイント

メイショウボーラー産駒は、母父がサンデー系(孫含む)だけ狙っておけば良いくらい、成績がはっきりしています。

母父単勝回収率複勝回収率
サンデー系280%162%
サンデー系以外25%43%

前走大敗からも巻き返しますが、その場合は違うコースで負けていた馬に絞りましょう。今回と同じコースで大敗していた馬の巻き返しは厳しめです。

トーセンホマレボシ産駒のポイント

トーセンホマレボシ産駒は、坂のあるコースが得意です(東京・中京・阪神)。

ただし、まだ出走数が少なく、同じ馬の好走が多いため傾向的にはなんとも言えません。

トーセンホマレボシ自身が非根幹距離の京都新聞杯を高速レコードで勝利した実績あるため、同じ高速持続力勝負に強い産駒が出やすいことは十分に考えられます。

1800mの狙い目

まずはベタ買いでも優秀な成績を収める種牡馬です。

種牡馬単勝回収率複勝回収率
マンハッタンカフェ98%84%
ヴィクトワールピサ193%101%
ブラックタイド83%98%
ダノンシャンティ143%106%
ローエングリン97%103%
タニノギムレット97%81%
タイキシャトル112%103%
メイショウボーラー194%104%
トーセンホマレボシ303%163%

1400mでも登場した種牡馬が多く、非根幹距離適性の高さがうかがえます。

独断と偏見で、狙い目の種牡馬とそのポイントを挙げていきます。

ヴィクトワールピサ産駒の狙い目

どちらかと言えば、坂のあるコースを得意としています。馬券的には、前走6着以下に敗れた馬の巻き返しを狙うのが妙味アリ。

そのなかでも距離延長馬はイマイチなので、短縮・同距離馬を中心に狙っていきたいところです。

ブラックタイド産駒の狙い目

内枠でも問題なさそうですが、揉まれない外枠で穴をあける馬も多いです。

距離延長もこなし、東京・京都・阪神競馬場が得意コース。とくに、阪神競馬場の成績は頭一つ抜けています。

ダノンシャンティ産駒の狙い目

延長がダメで、短縮が得意というのがはっきりしています。なぜか関東圏で穴をあけていることが多いですが、理由はよく分かりません。

前走大敗していても、今回短縮ローテなら注目しておきましょう。むしろ、負けているほうが人気が下がっておいしいです。

ローエングリン産駒の狙い目

前走10着以下に敗れていた馬の4割近くが巻き返している、驚異の気まぐれ種牡馬です。

延長が苦手で、短縮・同距離ローテで狙いたい。意外と小回りコースよりも、広いコースで穴をあけている馬が多いです。

タイキシャトル産駒の狙い目

短距離のイメージが強いため、1800mでは人気になりづらい種牡馬です。

外枠よりは内枠が得意で、前走凡走からの巻き返し能力が高い特徴があります。延長が苦手ということもなく、坂のあるコースで穴をあける馬が多いので注目です。

メイショウボーラー産駒の狙い目

1400mと同じく、母父サンデー系が好相性。

坂のあるコースのほうが成績が良く、延長も苦にしていません。先行有利な馬場状態では要注意です。

トーセンホマレボシ産駒の狙い目

1800mでも出走数が少なめですが、今後穴をあけるケースは十分に考えれらます。

やはり坂のあるコースは得意なようですが、平坦でも高速馬場なら注目しておきたいですね。稍重・重では、13回中1回しか馬券になっていません。

2200mの狙い目

1400m・1800mに比べるとレース数は少ないですが、とりあえずベタ買いでも優秀な成績を収めている種牡馬がこちら。

種牡馬単勝回収率複勝回収率
ステイゴールド96%100%
ハービンジャー115%97%
マンハッタンカフェ116%81%
ネオユニヴァース283%109%

他の種牡馬は出走数が少なめで、狙い目を絞るのはちょっと難しそうです。

ステイゴールド産駒の狙い目

外枠より内枠が得意で、1.2枠は要注目です。短縮馬の成績は安定しており、延長馬も悪くはないですね。

あまり前走で大敗している馬の巻き返しは期待できず、前走より相手が弱くなる降級戦でも安定感はありません。

むしろ、相手が強くなる昇級戦でこそ狙いたい種牡馬です。

ハービンジャー産駒の狙い目

ステイゴールドとは逆で、1.2枠の成績が悪いです。中~外枠を中心に狙いましょう。

中山競馬場では苦戦気味で、関西圏の競馬場では好成績。短縮は苦手な馬が多く、前走より出走数が増えると分かりやすいくらい成績が落ちています。

出走数単勝回収率複勝回収率
頭数増37%69%
頭数減104%99%
同数352%168%

同数はサンプルが少なく、1頭の馬が大幅に数値を引き上げているので参考にはしづらく、プラスともマイナスとも言えないでしょう。

まとめ

1400m・1800mでは同じ種牡馬が登場することも多く、非根幹距離では独特の適性が問われる舞台であることは間違いないでしょう。

過去の実績から非根幹距離が得意そうな馬が、前走根幹距離で大敗して今回出走してくれば大チャンス!

初の非根幹距離出走であっても、ここに該当する種牡馬の産駒であれば大幅にパフォーマンスを上げてくる可能性もあります。

人気のディープ・キンカメ・ロードカナロア産駒をぶった斬り、穴馬券を仕留めてホクホクしちゃいましょう。

なお、これらのデータは、今後の成績を保証するものではありません。くれぐれも馬券は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク



フォローする