【2017】アイビスサマーダッシュ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるアイビスサマーダッシュの傾向と展望です。

スポンサーリンク

アイビスサマーダッシュの傾向

新潟直千では常識ですが、やはり外枠が有利です。なぜか2枠だけ成績が良いですが、基本的には外になるほど成績は上昇。

特注血統はサクラバクシンオーで、父・母父どちらでも注目しておきたい。

それ以外では米国型ノーザンダンサー系(特にヴァイスリージェント系)や、ミスプロ系などのダート血統が良く走り、日本の主流血統であるサンデー系はかなり不振です。

前走函館SS組

前走函館SSで5着以内だった馬は、9頭中4頭が好走。中でも前走3角で9番手以内だった馬は5頭中3頭が好走しており、10番手以下だった馬は4頭中1頭のみの好走になっています。

ある程度の位置を取れる馬であれば、調子の良さを活かして好走確率が上がります。

前走で6着以下だった馬は、13頭中2頭が好走。大半が二桁人気なので、数字ほど不利とは言えないかも知れません。

好走した2頭は前走6.7着で、それほど負けていた訳ではないので、そのようなタイプなら人気次第では注意しておきたいですね。

前走CBC賞組

前走CBC賞で5着以内だった馬は、8頭中4頭が好走。ほぼ人気馬なので、可もなく不可もなくと言ったところです。

危険なのはCBC賞を人気以上に激走した馬で、そのタイプは5頭中1頭しか好走していません。その1頭は2走前が条件戦だったため、前走は不当に人気が無かっただけとも言えます。

前走6着以下だった馬は、11頭中2頭が好走。好走したのは共に今回8枠に入った馬です。

さらにその2頭は前走が休み明け、それ以前は重賞でも通用しているレベルの馬だったことから、前走の大敗は休み明けの影響が強かったとも言えそう。

しっかり使いつつも前走で大敗するような馬は調子落ちの不安や、レベル的に通用しない馬では厳しそうですね。

前走OP特別組

前走OP特別で連対していた馬は、14頭中6頭が好走。中でも前走2番人気以内だった馬なら9頭中5頭が好走しています。

前走が激走で無く、疲労も重賞よりは少ないOP特別なら調子の良さでそのまま好走する確率が高くなります。

前走3番人気以下だった馬の場合は5頭中1頭が好走と、激走の分だけ今回確率が下がります。

前走3~5着だった馬は14頭中3頭が好走。馬券にならなくても4.5着だった馬も多く、悪くないステップです。疲労の心配がないタイプには注意が必要でしょう。

前走6着以下だった馬は、36頭中3頭が好走。ほぼ人気薄ですが、最低人気馬の激走もあったことから注意はしておきたい。

1頭は前走1600m・2走前が1400mと別距離路線、残りの2頭は近2走以内にダート経験と、条件がかなり異なるレースに出走しています。

そのようなタイプは人気が無くても注目したいですね。

前走OP特別組でも、前走も新潟直千に出走していた馬は人気馬以外不振なので、疑っておきたいです。

前走条件戦

前走条件戦だった馬は27頭中4頭が好走。好走したのは全て前走3角5番手以内に先行して3着以内だった馬です。

前走先行+好走まで絞れば優秀な成績となるので、前走条件戦だった馬はそこで篩にかけると良いでしょう。

アイビスサマーダッシュの展望

それではnetkeibaの予想人気順に考察していきます。

1番人気はフィドゥーシア

父サドラーズウェルズ系×母父サンデーサイレンスで、前走はOP特別(新潟直千)を2番人気で1着。母は名牝ビリーヴですが、父メダグリアドーロは正直特徴が良く分かりません。

サドラー系ながらマイル以下の活躍が目立ちますが、直千競馬に抜群の適性があるとは思えませんし、ステップ的にも有利とは言えないので重い印は打たないでしょう。

内枠なら消すのもアリか。

2番人気はネロ

父ストームバード系×母父サンデーサイレンスで、前走はシルクロードSを1番人気で11着。直千競馬は5戦5連対と抜群の相性ですが、今回は約半年ぶりのレース。

適性が高いのは誰が見ても分かりますし、むやみに切れないですが、勝ち切るほどの信頼が出来るかは微妙なところです。

3番人気はアクティブミノル

父ストームバード系×母父Pサンデー系で、前走はCBC賞を8番人気で3着。直千競馬への適性は高そうですが、前走の反動が心配なステップ。

初の直千競馬への鮮度でどれだけ相殺出来るか…人気では疑う方向で考えたいです。

4番人気はレッドラウダ

父Pサンデー系×母父ミスプロ系で、前走はOP特別(新潟直千)を5番人気で3着。前走直千からのステップは割引。

直千競馬も5戦目になるので、鮮度的にも有利では無く、軽視したいタイプです。

5番人気はプレイズエターナル

父フォーティナイナー系×母父ミスプロ系で、前走はOP特別(新潟直千)を1番人気で6着。2走前に初の直千で快勝、前走は同条件で人気を裏切る形に。

3連続直千競馬はあまりプラスとは言えず、脚質的にもイチかバチかなところがありますが、人気次第では抑え程度で考えておくのもアリでしょう。

ただし、上位評価することはないでしょうね。

ここからは6番人気以下で気になる馬を。

ラインスピリットは前走休み明けのCBC賞で大敗。それ以前は重賞でも上位に来る力は見せています。

直千競馬に対する鮮度も十分で、今回ある程度の位置を取れば逆ショッカーになる…のかな?

以上です。

スポンサーリンク

フォローする