【2018】ジャパンカップの傾向

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末に行われるジャパンカップの注目ポイントを紹介。

現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。

スポンサーリンク

ジャパンカップの傾向

日本で最高レベルのメンバーが集うと言っても過言ではないレースなだけに、基本的には人気馬がしっかり走るケースが多いです。

昨年はワン・ツーを決めたことに加え、4年連続で馬券になっているように1枠の成績が優秀。とはいえ、ダービーほど極端に内が有利になりやすくはならないですね。脚質的には極端な位置取りでは厳しく、正攻法で走れるタイプを狙いたいところ。

最も好走数が多いのはディープ産駒ですが、ほとんどが牝馬によるもの。牡馬はピークが3歳に来る馬が多く、割引しておく方がよいでしょう。

穴血統はトニービンを始めとするグレイソヴリン系。だたし、母父では好走率・回収率ともに低い数値になっています。

父ロベルト系が数回好走しているように、軽い血統よりは重厚な血統が好走のポイントになりそうです。

天皇賞(秋)で5着以内だった馬で、人気以上に好走していた馬はあまり走っていません。とくに、それまでも勢いがなかったのに前走だけ好走していた馬は、展開がハマった可能性が高くなります。

人気より走らなかった、あるいは人気通りに走っていた馬では、先行馬より差している馬の方が今回好走する確率が上がっています。

先行していた馬で連続好走した馬でも、4頭中3頭は今回1番人気3着と人気より走れていません。それだけ末脚が重要なレースということでしょう。

6着以下から巻き返した馬も、前走人気より走らなかった馬がほとんどです。また、巻き返した5頭は全て前走が休み明けでした。(2走前が札幌記念or春のG1)ちなみに、5頭中4頭は鞍上が外国人騎手というのも、偶然ではないかも知れません。

注目のアーモンドアイは秋華賞からの参戦ですが、過去に秋華賞から参戦して好走したのは5頭中2頭、好走した2頭は牝馬としては馬格があるタイプ(460㎏・478㎏)で、凡走した3頭は小柄なタイプ(418㎏・428㎏・446㎏)でした。

どこまで影響しているかは分かりませんが、小柄なタイプは馬力・体力面で劣りやすく、反動も出やすいのかも知れません。アーモンドアイの前走馬体重は480㎏…馬格は十分ですね。

出走予定馬

記事作成時点でのnetkiebaの予想上位人気10頭を紹介します。

・アーモンドアイ

血統 キングマンボ系×サンデーサイレンス

前走 秋華賞 1番人気1着

前走は鞍上も一瞬はヤバいと思ったらしく、それでいて終わってみれば圧勝というレース振り。粗を探すとすれば、前走で強引に走った反動と、内で揉まれて古馬相手に怯む可能性があるかも…というくらいでしょうか。

少頭数だったシンザン記念以外は見事に外目の枠に入っていますし、シンザン記念も後方で揉まれないレースでしたからね。

・スワーヴリチャード

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 天皇賞(秋) 1番人気10着

前走はスタートしての不利が大きかったですが、それにしても走らなさすぎたのが気になります。まぁメンタル面で問題なければ当然巻き返す可能性は高いでしょう。

もともと天皇賞よりジャパンカップを獲りにいくつもりだったらしいので、重賞で物足りない結果が続く鞍上としても気合が入るでしょう。

・サトノダイヤモンド

血統 ディープ系×ダンチヒ系

前走 京都大賞典 2番人気1着

これまでのディープ産駒の傾向を見る限り、ここはとても買えない状況です。が、今回は鞍上がモレイラということで、これで復活すれば騎手の影響はかなり大きいと言えそうです。

・キセキ

血統 キングマンボ系×ディープ系

前走 天皇賞(秋) 6番人気3着

前走は展開的にも最高の流れでしたし、能力的にはここが限界でしょう。前走以上の結果は厳しいと思います。

・シュヴァルグラン

血統 Tサンデー系×ミスプロ系

前走 京都大賞典 1番人気4着

完全にここを狙いに来ていますが、前走はさすがに物足りない内容です。基本的にサラブレッドはピークを維持するのが難しいので、激走した昨年よりパフォーマンスを落とす可能性は相当に高いと思います。

・マカヒキ

血統 ディープ系×ヴァイスリージェント系

前走 天皇賞(秋) 3番人気7着

サトノダイヤモンド同様、こちらもG1では買いづらいです。

・カプリ

血統 サドラーズウェルズ系×ダンチヒ系

前走 英チャンピオンS 4着

さすがに東京の芝では通用しないでしょう。

・ミッキースワロー

血統 Lサンデー系×グレイソヴリン系

前走 札幌記念 3番人気13着

パンチ力に欠ける印象で、ここよりも有馬記念の方が向きそうな気がします。

・ノーブルマーズ

血統 グレイソヴリン系×ロベルト系

前走 アルゼンチン共和国杯 5番人気9着

前走は流れが緩すぎて力を出せませんでした。

力関係は楽ではないですが、相手強化でスタミナを活かすのがウリの血統。内で溜めるのが好走の必須条件だと思いますが、1発あっても不思議はないと思います。

・サトノクラウン

血統 ノーザンダンサー系×ミスプロ系

前走 宝塚記念 6番人気12着

さすがにピークを過ぎて、全盛期の走りには期待できません。

総評

力関係はともかく、父グレイソヴリン系の2頭は血統面で非常に楽しみではあります。

ウインテンダネスは近2走で意味不明なスロー逃げという走りをしていますが、鞍上が代わってHペースに持ち込むのか。(目黒記念のように差しに回る気もしますが)

キセキが逃げるとまたSペースになりそうな気もしますが、見応えのあるレースになってほしいと思います。

京阪杯の傾向です。

【2018】京阪杯の傾向
今週末に行われる京阪杯の注目ポイントを紹介。 現時点での出走予定馬の血統・簡単な評価もしていきます。 京阪杯の傾向 例年は内枠を買...
スポンサーリンク

フォローする