【予想】キーンランドカップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2017】キーンランドカップの予想です。

今年は超難解レースであることがオッズに表れていますね。

スポンサーリンク

キーンランドカップの予想

◎6 ナックビーナス

本命はダイワメジャー産駒のナックビーナス。

高松宮記念以来の休み明けですが、疲労に弱いダイワメジャー産駒にはむしろプラス材料。

その前走は内を通る馬が上位を占めた中、外枠発走から終始大外を回る厳しい展開。それでも最後は差を詰めてきたあたり、能力を感じます。

また、今開催の札幌1200mではサンデーを介さないヘイロー系が優秀な成績で、母父が唯一のヘイロー系というのもチャンスではないでしょうか。

現時点で複勝がやや売れ気味ですが、推定人気では11番人気なのでもう少し落ち着く可能性は高いでしょう。

相手は全く分からないので、複勝かワイド総流しが勝負です。

一応有力馬について。

モンドキャンノは血統的に如何にも距離短縮で、という感じですが、(母父)サクラバクシンオーの血を持つ馬がこのレースではほとんど好走していないのが気になるところ。

今年の3歳世代(特に牡馬)の成績もあまり良くないので、人気で狙うにはリスクの方が勝る気がします。

ソルヴェイグはそれほど嫌うことはないと思いますが、前走で逃げたことで今回にどう影響するか。

基本的に前走逃げた馬の成績はあまり良くないし、今回の位置取りが後ろになるほど悲惨な成績になっています。

短縮で位置取りが悪くなる可能性がある以上、人気で信頼するのは微妙ですね。

シュウジは…どうなんでしょう。

陣営が今回控えるとの発言をしていますが、モレイラの腕なら復活させられるのでしょうか。ハナから人気では積極的に買うようなタイプではないですね。

今回は人気馬でもオッズが割れていますので、逆に美味しいと思うのも一つの考え方だと思います。

私はこのレース、相手を絞って当てる自信はありません…

以上です。

スポンサーリンク

フォローする